ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

イ・サン 75~77話(終)

いよいよ最終週。
とうとう大王妃との直接対決。
またもや暗殺を計画する老論派ですが・・・失敗。
王様の方がうわてでしたねー
老論派は一掃できたのですが、大王妃は? 結局そのままなの? あれ?
 
で、数年後・・・王様の持病が悪化・・・
王様ったら 働きすぎだよー   (「王と私」の王様とえらい違いだよ
ヨロヨロになりながら、民の為にと仕事してる姿みてたら、この王様の人生って・・・?って 可哀想になってきたわ。
幼いころに父を亡くし、敵に囲まれながら暮らしてきたサン。
愛する人に先立たれ、子どもも亡くして。
生涯 命を狙われて、安心して眠った日がなかった (←と歴史書で見たことが・・)
「できることなら、民となり 汗を流しながら畑を耕し 愛する妻子の為に生きたい」といっていた王様。
可哀想すぎるーー
でも、サンでなけりゃ 政治革命はできなかったはず。
やり遂げたあんたは やっぱりすごいよ

それにしても このドラマ、あまりにも劇的な話も多くて「過大演出しすぎでは?」と思ったことがあって・・・調べてみたことがあるんだよ。
そしたら、以外にも歴史に忠実な話なんだよね。
祖父の王様の話から、父が米びつに入れられて殺されたこと。裏の首謀者が大妃ってこと。ソンヨンが側室になって子どもが王世子になったこと。その子もソンヨンも亡くなってしまったこと。ホン・グギョンのこと・・・などなど
私の知識がないだけかもしれないけど、韓国の歴史ってホントおもしろい。

いや~ 見始めた頃は サンが頼りなくて どーなんのかと思ったけど、(77話もたないんじゃないかとか・・)
ホングギョンの出現から ぐっと面白くなって、次々と起こる事件に目が離せなかったよ。
サンも後半から 貫禄が出てきて、これまでの政治にズバズバと切り込んでいく様は気分爽快。サンは常に正しいのだ~(笑)
衛星劇場は週4話だから このペースも良かった。
確かに週4はきついけど、4話のうち 初めの1話で事件が起こり、2話で発展。3話でどうなんの?と思いつつ 4話で解決。
このパターンが かなり心地よかった。 辞められない止まらない~ 衛劇さんナイス


さあ、これで 次週からの「世祖暗殺ミステリー」がますます楽しみになってきましたよー
どんな話かはまだ知らないけど。
歴史書によれば・・・
サンの死は 大王妃の仕業(毒殺)だったとか・・・?
サンの息子は幼くして王になったけど、摂政を行ったのは大王妃だったとか・・・?
まだまだ 大王妃の存在がちらちらと。。。(しつこい!) 
でも、 ドラマは楽しみ~。
スポンサーサイト

イ・サン 71~74話

ソンヨンは無事に王子様を出産。
ソンヨンの位も格上げされて、王子様は王世子になり、万事うまくいっているように見えたのに・・・
王世子がはしかで 亡くなってしまうなんて。。。
そして、ソンヨンも肝硬変で余命わずか・・・
えーーーそんなーーーっ!!!
この王様もさ つくずく可哀想な運命だよ。
父親を亡くし、最愛の妻・子までも亡くしてしまうとは。。。(しかも ずっと命 狙われてるし)

本来なら 子どもが亡くなってしまうシーンなんて、号泣ものなんだけど・・・
残りの放送時間の問題か あっさり流されちゃった。
ソンヨンの死のエピも 2話で終わり?
これはちょっと あっさりしすぎでは?
もっと 掘り下げて描いてくれれば きっと号泣もののエピなのに・・もったいない。


で、王様は 新しい街を作ることを計画中。
この王様 ホントやることがすごいよ。
で、力になっているのが チョン・ヤギョン。
ポスト ホン・グギョンかと思いきや、学者タイプの人でしたね。

後は、大王妃とミン・ジュシクの対決を残すのみ。
来週で最終回か~ 長いようで 早かった・・・

イ・サン 67~70話

ホン・グギョン 死す・・・
歴史書で、ホン・グギョンは若くして病死するって読んだ事があったから こうなる事は知ってたんだけど、流刑地で寂しく亡くなってしまうなんて・・・悲しすぎる。
王様の無念さが涙をさそうわ・・

で、この暗~い雰囲気を一掃してくれそうなのが、新たな人物 チョン・ヤギョン。
やっと、ソン・チャンウィssiの登場です。
考えが斬新すぎて、科拳にずっと落ちてきた儒生だけど、王様の目にとまったよ。
ホン・グギョンの後釜となりそうな存在です。
頭は切れるし、情も厚い。
無料で、民の訴訟を代行してるって、まるで「神の天秤」のジュナ(笑)
ホン・グギョンと違う所は、愛嬌があるところだね。
なんだか 憎めない存在だよー

あと、ソンヨンが大妃に側室として認めてもらえたみたいです。
御懐妊まで。 めでたい~
途中、ソンヨンの具合が悪そうだったから、死んじゃうのかって思ったよ・・懐妊でよかった。
ジミンちゃん、茶母の時は ひときわ目立って可愛かったのに、側室になってから地味だわ。
茶母の衣装の方が似合ってたかも・・

どんどん終わりがみえてきましたねー
残り 7話。
後は、ミン・ジュシクを残すのみ・・何をたくらんでいるのやら・・

イ・サン 63~66話

あーーー こんな日が来てしまうとは・・・
なんで そんなことしちゃったのさー ホン・グギョン~
大妃と手を組んでしまったことも罪ですが、それは王様の為と信じていたから。
でも、中殿を殺そうとしたのは大罪です!!

今まで、絶対の信用があったホン・グギョン。
王様も、テスも、中殿も、 ホン・グギョンの悪事を知りながらも、
何とか戻ってもらいたいと忠告するんだけど・・・・・・もう戻れなかった。
みんなが ホン・グギョンのことを信じて 優しく見守っている様子が悲しくて・・・
周りが見えなくなってしまっているホン・グギョンも 哀れで・・・

ホン・グギョンに処罰を下す前日の、王様とホン・グギョンの会話に号泣だよーー
王様にとっては、右腕であり、同志であり、友だった・・・
王様の今があるのだって、ホン・グギョンのおかげだし。
今までの苦労が 思い出されるよ
王様も 無念だったろうなー

いったい 何が原因なの???
やっぱ権力? 権力って 怖い。
  権力に溺れなさそうなホン・グギョンでさえ、この結末だよ。
そして 家族?
  妹が側室になった時から 行動がおかしくなっていったよ。
  いくら人の良さそうなホン・グギョンでも、家族が絡むと感情を失ってしまうのか・・・?
頭は切れるのに決断力がない?
  これ 大妃が言ってた言葉なんだけど。  うん・・確かにそうかも・・
  ホン・グギョンの頭脳と 王様の決断力のコンビは やっぱ最強だったんだね。
後は、王様のような新しい考えを受け入れられなかった?
  王様は 全ての意見を取り入れる為に、わざといろんな派閥を受け入れているけど、
  ホン・グギョンには それが出来なかった。なにかと 老論派を排除しようとしたし・・・
  (私はチャン・テウは 悪い人に思えないんだけどなー)

とにかく、この数話は ホン・グギョンの変貌に ドキドキされっぱなしだったよ。
でも、もう最終回も近くて 後10話くらいになっちゃった。
終わっちゃうのね・・残念


来週から、ソン・チャンウィssiが登場ですね。
いつでるのかと楽しみにしてたのに、こんなに最後だったとは・・・

イ・サン 59~62話

ホン・グギョンの行動にドキドキだよーー
今まではさ、何があっても信用できたホングギョン。
だから見ている方も安心して見れてたんだけど、
今回の王様暗殺事件でホングギョンが捕まえた犯人は 天主教徒の人たち。
でも、この天主教徒の人たちって 絶対 王様暗殺の犯人じゃないでしょ?
犯人を捕らえたのだって、大妃の助言を聞いてのこと。
どうしちゃったの? ホン・グギョン。
 真犯人を隠す為に わざと天主教徒を捕まえた?
 大妃と手を組もうとしてる?
 新たな犯人を捕まえるための作戦?
 本当に 勘違い?
もう、ホン・グギョンが 不信すぎて、いろいろなことを考えちゃうよーー

でも、この間違いにきがついたのは王様。 さすがだねー
天主教徒の事をちゃんと調べて、釈放してくれました。
ホン・グギョンも間違えることはあると・・・ なんて できた王様!

ってか、結局、ホン・グギョンは 本当に天主教徒が犯人だと思ってたのね。
で、大妃も そう思ってたってこと?
えーーー? 私はね、王様暗殺の真犯人は大妃で、犯人を天主教徒になすり付けるために ホン・グギョンに助言したのかと思ったよ・・・

それにしても、ホン・グギョンが 怪しすぎる。
妹の元嬪が 亡くなってからというもの、感情的に動いている時があるし、
王家の外戚になろうとしたり・・・ さらに 権力をもって どうしたいんだーー?
このままじゃ、王様に見放されちゃうよーー
大妃のカモにされちゃうよーー
一番 安心できた部分が崩れちゃうんじゃないかと、ドキドキだよ。

しかも、元嬪の元へ 見舞いにこなかったとかで、
ホン・グギョン VS 中殿
みたいになっちゃってるし・・・ これは、まさかの 図式だわ。


あと、ソンヨンがめでたく側室になりましたーー
ありえない と思ってたけど、 今の王様に不可能はない!
恵慶宮は かなりお怒りのようだけど、中殿が味方になってくれてるし。
これから ますます 「ホン・グギョン VS 中殿」 となりそうな予感。
私は 中殿の 味方だよーー 頑張れ中殿 

イ・サン 55~58話

ちょっと~ 元嬪! 想像妊娠ですとー??
このおばちゃん、 えーかげんにせなあかんで!
ホン・グギョンも 一緒に隠ぺい工作してるし。
死産に見せかけるだけならまだしも、それを中殿のせいにするって どうなのよ!
もうちょっと 王様に怒られたらえーねん!


途中、ホン・グギョンが(権力などで)変わっていく様子が見えて、もしかして ホン・グギョンも終わりか?とも思ったけど、やっぱり 王様の信用は 厚かった。
きっと この兄妹も 深く反省したことでしょう。
とにかく、権力に溺れそうになったり、少しでも自分を守ろうとしたら、すぐさま入り込んでくる大妃。
もう 凄すぎ!
途中、ホン・グギョンも とうとう 大妃に弱みを握られたのかと ヒヤヒヤしたよ。


あとさ、チャン・テウの側近だった人 ミン・ジュシク。
この役者さん、大栄作でも イヤ~な役だったよね。
出てきたとたん、 な私。
案の定、好き放題した結果 有罪になって 逃亡しちゃって、今度は大妃側につくの?
あーーーっ もう、顔見るだけで腹が立つ。まだ 生き延びんのかよ。
何でもいいから 早く いなくなってほしい!

イ・サン 51~54話

なんと 「イ・サン」で 胸キュン があるとは~
初めは、王様もソンヨンも どう想ってんだろ?なんて 思ってたけど、
だんだんと 信頼できる間柄になっていたんだねー
中殿はそれを察して ソンヨンに側室を進めてくれるけど、恵慶宮が 大反対。
茶母を 側室になんて もってのほか! ってまあ 当然だわね。
で、ソンヨンも 王様を諦めることにしました。
可哀想な ソンヨン・・・ お互い 好きってだけじゃ だめなのね・・・
でも、だからって、 テスには いかないのねん~(笑)

側室には ホン・グギョンの妹が決定しました。
って、この妹 何なの???
兄が 出来た人だからって、妹まで いい人とは限らない。
プライドは高いし、気性は荒らそうだし。
ソンヨンは いきなり 目つけられちゃって・・・
絵が気に入らないからって ビンタだよ。    
ちょっと お兄ちゃん、政治もいいけど 妹も ちゃんと 見ようよ・・・
でも、 いきなり ご懐妊????? 早っっ 早すぎ?
こうなったら どんどんつけあがちゃって、ゆくゆくは 大妃みたいになったりしてーーー


朝廷の方はというと・・・
老論派を排除するのかと思いきや、首長のチャン・テウssiを 左議政に任命。
いろいろな 派閥があるべきだ ってことね。
すごいよ 王様。 だんだん 王様のやろうとしてることが 見えてきたわ。すごく、新しい革命。
さらに、妾の子の採用や 奴隷制度の廃止。
もう、ホン・ギルドンに 教えてあげたいよーー

そして 、忘れちゃいけないのが 大妃。
もう、裏でコソコソと 何やってんだか。
とうとう ホン・グギョンとまで 取引をーーー
気をつけてーー 王様ーー!!

イ・サン 47~50話

王様 容赦無し!
老論会の主要人物に 「流刑&毒殺」の刑。
でもって、大妃は屈辱に耐え切れず自害した のかと思いきや・・・
生き残る為に 王様に 媚びてきやがったっ!
まだ、何かたくらんでやがる・・・怖すぎ~
王様 かなり強気ですっ
他の派閥の人事を投与し、老論派の独占を阻止しようとするんだけど・・老論派も抵抗
元老論会首長の チャン・テウを連れてきた。
こいつが なかなかの切れ者の用だよ。
王様 VS 老論派
老論派は みんなで辞表だしてみたり・・科拳の試験を妨害してみたり・・
抵抗するんだけど・・・、その間、 王様が 1人で政治をする間に 悟っちゃった。
今まで 無駄が多すぎ! 朝廷を縮小するって。
あらら・・早くしないと 老論派の戻る場所なくなっちゃうよ~
これは 折れるしかないでしょ? チョン・テウssi.


でもね・・・ 王様 こんなに独裁政治やってて 大丈夫なの?なんて ちょっと心配。
たまに、老論会の言ってる方が 正しかったりして・・と思う 私。
で、気になったので ちょっと 調べてみたら 
22代王 イ・サンは、すぐれた統治力・包容力をもって数百年間続いて来た政治派閥を解体。実質経済に精通し、18世紀朝鮮経済の新たな概念を作り上げた天才君主、"正祖"王。となっていたので、ちょっと安心。
今 王様のやろうとしている政治は 正しかったのね。

で、ついでに こんなことも発見。(知らなかったのは私だけ・・?)
KBSWorldでやってたドラマ「漢城別曲」。
(私は 未視聴なんだけど) これは 王様の死因は毒殺かもしれないという謎解きのドラマ。
この王ってのがイ・サン らしい。
ドラマの結末はしらないけど、どこかの歴史資料には、大妃に毒殺されたという説も・・・
やっぱ しつこかったのね 大妃!
そして、生涯 周りは敵だらけ だったんだって。

私は 韓国の歴史なんて詳しくしらないから、ドラマ見てても どこまでが真実?なんて思いながらみてるけど・・・、意外と まんまだったりするんだね。
韓国の歴史って 面白い。


それと、もう一つ気になるのは、王様の側室選び。
中殿はソンヨンと推すつもりみたいだね・・・
どこまで いい人なんだー 中殿~
でも、本当にソンヨンのような 身分の低い茶母が 側室になんか なれるのかな?

サンの ソンヨンを見つめる顔は かなりキモイですが・・・(苦笑)

イ・サン 43~46話

アンデー      王様 死す・・・

とうとう 王様 亡くなっちゃた・・ まあ 高齢なので しょうがないっか・・・
その前に 中殿を廃位させ、王世子への罪を改めることが出来て よかったよ。
それなのに、王世孫が 中殿以外の老論会への罪を問わないもんだから、
最後の手段だと 王世孫の暗殺を計画しちゃったよ・・・

王世孫は 無事に王への即位式を終えたんだけど、その日の夜、警備が甘くなった時を狙われた!
高額で雇われた めちゃ強い刺客なのに、王様との一騎打ちに負けてやんの。
ってか 王様 強すぎ・・・
怒った王様、 もう 情け無用ってことで、全員逮捕~
おおーーー この日を どんなに待ち望んでいたか・・・
行け 行け~
全員 罪に問おうとしたら 何百人にもなるって・・・(そんなに・・?)
それでも、王様 根こそぎですっ!

そうこうしてるうちに、大妃が自害??
ってか 予告じゃ 死んでないじゃん!
大妃ってば、まだ何かやらかしてくれるわけ?
もー しつこい!!
サンの試練は まだまだ 続くのねん。

話が テンポ良く進んで 見始めると 止まらない!
でも、なかなか 見始められない 私 


あの、チョン・フギョムssi。
自分の家でくらい コソコソ話すの 辞めてください。
すげー 耳が こしょばいよ・・  (別に 私に耳打ちしてるわけじゃないけどね・・笑)

イ・サン 39~42話

宮殿は 大騒ぎ~ 

なんと 王様。 認知症の次は 脳梗塞!!!
高齢の王様、 次から次へと 心配させてくれるよ・・・まったく 

王様が 倒れてる間に 中殿の反撃開始ーーー 
王様が痴呆の症状で出した宣旨をもって 王世孫の廃位を言い出した。
で、禁軍と禁衛営を動かし 宮殿を攻めることにぃーー!
宮殿の中で 戦争だぁ
王世孫側は 護衛官しかいないのに・・・どーすんの?
絶体絶命のピーンチ! 
と その時、王様の意識が戻る。 ん~ ナイス タイミング!! (出来すぎ?)
あっさり 全員投獄。  いいぞ  いいぞー 

なのに、王世孫は 中殿達を 「不問に付す」 って どういうこと??
これじゃ 全然 話 進んでないじゃん。 また 振り出しかよ? (42話分 返せ~)
この処分は 王様が 認知症であるって事を 後世に残さない為なのね。
王様は 公表しても いいって 言ってんのにぃ

納得いかない ホン・グギョン達。
そりゃそうだ。 あんなに 一生懸命働いて 追い詰めたってのにね。
次回は ホン・グギョンが 反撃(復讐)するのか?

この「ホン・グギョン」って人物。歴史上でも かなり有名な人物なんですね。
2001年に「ホン・グギョン」ってドラマもあったんだって。
面白いらしいよ。 見てみたいかも。


それにしても、 話、進む 進む。 面白いー
なのに、全然 本放送に追いつけないんですけど・・・私。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。