ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

파파로티のカメオ

去年 韓国で公開された「파파로티」という映画。
同じ事務所のハン・ソッキュさんが出ているということで
ジソク君のカメオ出演があったようです。

その映像を入手したので 載せますね~
といっても 出番は1分ほどしかありません。
ジソク君は酔っ払い役で、店にいちゃもんつける客みたいです。^^;

Read more...

スポンサーサイト

美人図

今日は、娘の学校が休みだったので、せーっかく仕事を休んであげたのに・・・
友達と遊ぶからと 無視された。。。(悲)
なので、自分だけ映画見に行ってきた~~^^

そこで~、ナムギル君が出演の話題作「美人図」見てきました。
10100403.jpg

思いっきり18禁のシーンはあったものの、ん、なかなか良かったよ。
ドラマ「風の絵師」と同じ題材だったし、同じような話かと思ったけど、視点を「愛」に置いた感じ。
私は映画の方が好きも。

ってことで、以下内容(引用)

4代続いた画家一族の末娘で天才的な才能を持ち、兄申ユンボクの代わりに絵を描いていた7才のユンジョン。
平凡だった彼女の人生は、ある日兄の自殺によって逆流する。
絵のために女を捨て、兄申ユンボクの代わりに生きることになる。
絵のために男として生きてきたユンボク(キム・ミンソン)の前に、ガンム(キム・ナムギル)が現れ初めての愛に陥る。
欲望と美のドキドキするような朝鮮最初のエロチシズム!
朝鮮最高の画家キム・ボンド(キム・ヨンホ)の心をときめかすような、ずば抜けた絵の才能を持ったユンボクは自由で果敢に、朝鮮最初のエロチシズムを描く。だが彼の「俗画」は、淫らで低俗だという叱責と猜忌を受ける。

愛の前では女でありたかったユンボク。
ユンボクのためなら命も捧げることができるガンム。
弟子の才能を愛し、彼の全てを愛するキム・ボンド。
ボンドへの愛で嫉妬に陥る妓女ソルファ。
彼らの交錯した愛と嫉妬は、予期できない不幸を呼び起こす。

映画「美人図」公式HP

Read more...

夕べのスキャンダル(あなたが寝てる間に)

今日は TSUTAYAでDVD借りてきました。
ずーーーーっと 見たかったんだけど、なかなか見つからなくて。
というのも、ずっと原題の「あなたが寝てる間に」で探していたからなんです。
で、最近 日本タイトルが「夕べのスキャンダル」で とっくにDVDも発売されてたことを知ってショック。
早速 見てみました。
10092303.jpg

主演はイェ・ジウォンssiと タク・ジェフンssi
二人とも 大好きなんだよね。
イェ・ジウォンssiは「いい加減な興信所」で いいキャラだしてたし、
タク・ジェフンssiは バラエティの司会でおなじみだよね。
そして、ジソク君マニアの方なら 私が なぜこの映画を見たかったか解るはず。
ジソク君、この映画にカメオ出演してるんですねー(笑)

ってことで、とりあえず 映画の感想。

お話は・・(以下引用)
お酒は大好きだが、ひとたび飲むと記憶が飛んでしまう32歳自称携帯小説家の「干物女」のユジン(イェ・ジウォン)と、彼女の10年来の親友で、ユジンの酒の尻ぬぐいばかりさせられてきた「草食系男子」のチョルジン(タク・ジェフン)。ある日、恋愛にも興味が出てきたユジンは、まじめに働こうと決心するが、お酒の誘惑に勝てず、またしても記憶を無くしてしまう。翌朝、目を覚ましてみると裸で寝ている自分と多額のカード支払いが…。

Read more...

韓国映画いろいろ

今、衛星劇場に加入しているので、映画もたまに見てます。
で、ちょこっと感想など。

妻が結婚した
俳優:キム・ジュヒョク、ソン・イェジン
10091201.jpg
ソン・イェジン演ずるイナは、結婚なんて考えず、恋多き女で 社内でも人気物。
そんなイナに夢中のドックン(キム・ジェヒョク)は、共通の話題(サッカー)で 近づき、結婚を勝ち取った。
二人は幸せな生活を送ってたんだけど、イナに 別の好きな男の人ができた。
結婚が想像以上に幸せだったから、この人とも結婚したい!と思うイナ。
で、ドックンに 別の人とも結婚してもいいか?と聞くんだよ(笑)
もちろん 反対するドックンだけど、自分はイナと別れられない。
結局、了解の元 週末と平日で 二重生活をはじめるイナ。
そのうち子どもができて・・・
って話。


これ、なかなか面白かった。
理不尽な浮気の話やん!といえば それまでなんだけど、
イナの もっともらしい理屈と、今が幸せだという言葉に 許してしまうドックン。
イェジンちゃんだから、「それもありかなぁ?」なんて 納得しちゃう。
羨ましいとさえ思ってしまう。

ヘンテコな話の映画なのに、なぜか説得力があって、これもありだと考えさせられる
イナに感情移入できちゃう 不思議な映画でした。

Read more...

9月の衛星劇場で・・・

昨日の「個人の趣向」が衛星劇場で放送開始というニュースで
本来 載せるはずだった内容をすっかり忘れてました(痛)
ってことで、あらためて・・・

9月に 映画「目には目 歯には歯」が「衛星劇場」で放送されます~~
10050904.jpg

9月 11日 23日 27日 の放送です。
視聴可能な方は お見逃しなく~~


他にも
映画では
 イテウォン殺人事件
 リターン
 壽(ス)
ドラマも、KBSドラマシティの短編ドラマなんかが放送されるんだね。
チェック!チェック!

もうしばらく お世話になります。「衛星劇場」さま~

おいしいマン

10080101.jpg
久々に衛星劇場で放送していた韓国映画を見てみました。
「おいしいマン」
イ・ミンギ君と池脇千鶴ちゃんが主演で、北海道ロケの・・・日韓合作映画?それとも韓国映画?
とにかく・・ 
韓国の人は 北海道が好きだよねー
韓国の冬は寒いけど、雪が積もらないから、雪に対する憧れみたいなのがあるらしい。
日本映画の「ラブレター」が異様なほど人気があるのも 北海道ロケだからなのかなぁ?
そして、これまた韓国で人気のある日本映画「ジョゼと虎と魚たち」主演の池脇千鶴。
いかにも~~な感じだわん。

ってことで、お話はというと・・・(以下引用)

耳が聴こえにくくなる症状が出てから何ごともうまくいかず、将来に希望が持てなくなったミュージシャンのヒョンソク(イ・ミンギ)は、ミュージシャンを辞めて、町の音楽教師の講師となる。ある日、偶然、雑誌で目にした北海道に何の計画もなく旅立つことに。あてもなく北海道の小さな町を訪れる。そこで出会ったのは古い旅館を経営するメグミ(池脇千鶴)。メグミはお酒とタバコが大好きで、料理が苦手な明るい女の子。ヒョンソクは静かな町を歩いたり、メグミと船で流氷を見に行ったりして数日間を過ごしながら、ソウルでの日々を回想する。真冬のオホーツク海から吹き付ける冷たい風と雪の中で、言葉は通じなくても同じ痛みを持った二人の心は次第に通い合っていくのだった…。

ヒョンソクの耳が聴こえなくなるかもしれないという設定のせいだと思うが、とにかく静かな映画だった。
(雑)音が無い。
北海道の一面の雪景色。
雪って すべての物を吸収してしまうでしょ?音や空気中のゴミやほこりまでも・・・
だから、映像は綺麗(空気が綺麗)だし、無音なの。
そして、ゆっくりとした時間の流れ。
日本映画を思わせる創りだった。

Read more...

韓流シネマ・フェスティバル2010 前売り券発売

大阪の方のみですが、お知らせ~
「韓流シネマ・フェスティバル2010」で、ジソク君出演の映画「パパは女の人が好き」が上映されますが、
シネマート心斎橋で 前売り券が発売されたそうです。
で、劇場窓口で購入すると、ポストカードがもらえるそうな・・・
どんなのかは まだ解らないけど、16種柄もあるそうで・・・(上映される映画が9種だし)、きっと「パパは女の人が好き」のポストカードもありでは??
(↓ポストカードって これかな?)
10071404.jpg

どうせ見るんだから 買っておかなきゃね^^

ということで、以下はそのお知らせを引用

Read more...

映画「甘いウソ」

10061102.jpg
衛星劇場で放送された映画「甘いウソ」を見ました。

面白かった~
パク・チニssi主演で、ラブコメの王道!
チニssiのコメディ演技がとってもよかったよ~

お話は・・・(引用)
酒さえ飲めば初恋の話を始める売れない放送作家ジホ(パク・チニ)。
低視聴率を記録して放送局からも首になって家に帰ったある日、車にぶつかった。
事故を起こしたのは10年前の初恋の人ミヌ(イ・ギウ)!
一生一大のまたとないチャンスをモノにしたいジホは記憶を失った’振り’をした。
彼女の保護者になったミヌは彼女が記憶を取り戻すまで自分の家に泊めることにする。

ミヌの理想のタイプが良妻賢母ということが知ったジホ。
料理が上手な振りをしながらから従順な振りをしながら、女らしい振りをしながら、ありったけ’ふり’をしてミノの心をつかもうとする。
しかし順調そうに見えた彼女の嘘生活にタックルが!
幼なじみのドンシク(チョ・ハンソン)が偶然にジホを見つけて彼女の記憶がないという事を知ると自分勝手にジホの記憶を再構成し始める。
’記憶がないふり’演技を止めることができないジホ。
ミヌの心を得るための彼女の思い焦がれるSHOWは続き、嘘は雪だるまのように大きくなるが…!

Read more...

2010年 韓流シネマフェスティバル HP

2010年の韓流シネマフェスティバルHPが立ち上がりました。
まだ、情報は無いですが、上映の日や時間・舞台情報などは こちらにUPされていくでしょう。
チェックですね^^

2010年 韓流シネマフェスティバルのHPはこちらから

10052110.jpg


目には目 歯には歯

10050904.jpg
5月7日からレンタルがスタートした映画「目には目 歯には歯」を借りてきました。
2008年の映画だけど、やっと日本にお目見えです。待ってたよ~

ってことで、早速視聴。
あらすじはこんな感じ。(引用です)
真っ昼間、ソウル都心の真ん中、数十億現金輸送車強奪事件に続き済州島空港で密輸金塊600kgが煙のように消える。伝説の刑事ペク班長(ハン・ソッキュ)の名を騙って完全犯罪を成功させた犯人はアン・ヒョンミン(チャ・スンウォン)!
怒ったペク班長はアン・ヒョンミンを執拗に追うがアン・ヒョンミンはいつもペク班長の網をすり抜ける。勝者のわからないレースが続く中、危機に追われたアン・ヒョンミンはペク班長の前に現われて自分の命を含め思いがけない提案をするが...果してこれはチャンスか、ワナか?

感想は・・

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。