ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

王と私 61~63話(終)

ちょっとちょっと 泣いたわー

横暴な政治に我慢できなくなった大妃が王様を呼び出して叱るんだよ。
その時に言った王様の言葉「もっと早く私を叱って欲しかった・・・」
この言葉で、燕山君の悲しい幼少期が想像されるよ・・・

確かに 大妃は燕君山を大事に育てたんだと思う。
でも、やっぱり気を使っていたんだよね。そりゃそうだ。なんたって王世子だし。
でも、そういうのって子どもは敏感だよ。
大妃様だけじゃなく、王室や宮中の人達が 燕山君に気をつかってたんだよね。
廃妃の件にふれないように・・・とか、 同情の目とか・・・

これで、王様の暴政は終わるのかと思いきや・・・もっとびとくなってる~オイオイ
子猿のせいで、どんどんエスカレート。
子猿を野放しにするチョソンにもイライラ。
とうとう王様、正気を失ってます。
このチョン・テウssiの演技 すごいよ。
09040201.jpg
幼い雰囲気、聡明だった面影を残しつつ、暴君燕山君を 上手く演じてる。
廃妃を陥れた張本人のオム貴人とチョン貴人に復讐する時なんか、怖い怖い
(でも、ちょっとスッキリ?)

結局、謀反を起こされ王の座を下ろされることになっちゃった。

そうそう主役のチョソンだけど、王様に助言したために殺されちゃった。
えーーー ? なんだそれーー? これで 終わり? ビックリ。
しかも、何にも変わらないし。
結局、チョンソは 王様を信じ、王妃を信じ、みんなを信じ・・・子猿まで信じ・・
死んでいったよ。 (信じただけかよ・・)

「王と私」というドラマは面白かったけど、チョソンを主役にする必要があったのか?謎だわ。



スポンサーサイト

王と私 57~60話

アンデー
ハンスや小猿のせいで、隠していた廃妃のことが王様に知れてしまった~
廃妃が最後に着ていた着物まで持ち出して・・・それには血と毒薬の後が・・・
そんなの見せられたらさ・・・
王様がその着物を見ながら涙する姿は可哀想すぎるよ・・・

で、そんな仕事をしてしまったハンスなんだけど、ハンスの親の墓をチョンソ達が見ていたことですっかり改心しちゃったよ。・・で自害。 え? ハンスは何のために出てきたの? なんだそれ?

そして、王様はますます横暴になって、王様を侮辱する奴は 容赦なく切る捨てる。
宮中は大変なことになってしまったよー
チョンソも助言するんだけど、王様の怒りをかって拷問にかけられちゃうし。
まったく、チョソンってば いつになっても頼りないんだから!
で、いちいち王様に口をだす大王大妃。  結局 「王様 VS 大王大妃」
だいたいさ、元はといえば 大王大妃がわるいんじゃないの?
今さら どうこうしたって しょうがないでしょう。
廃妃の件は悪かったと誤れないのかね、この人は・・・
(大王大妃のしゃべり方もきにいらん!)

確かにさ、燕山君が悪いと思うよ。こんな横暴な政治はダメです。
だけど、何故か可哀想に思えてくる。
今まで、このドラマを(私が)廃妃よりの見方をしてたからかな?

これから、ますます横暴になる王様をチョソンはどうするのか・・・?
チギョムは新しい王を立てようとしてるしーーー ><
ラスト3話 どうなんの~??

そういえば・・
チジョムの話の中で「ホン・ギルドン」が出現したとか言ってたね。
この時代なんだーー へぇ~

王と私 53~56話

4話の間で すごいスピードで話が進んでしまったよ。
まずは、オ尚宮様の記憶が戻ったよ。
チョン内官が 旦那を殺した犯人だったと思い出し、チョソンが実子であることも判明。
そして 自害。
私的には、チョソンとオ尚宮が親子だったってエピはいらなかったんじゃないかな?と思う。
二人は 今まで めちゃ近くで過ごしてきてたのに、親子なのでは?と思うようなエピがほとんどないし、今さら親子だって言われてもねー 

で、王様も亡くなっちゃったよ。
相変わらず、わかりにくい演技だったなー (コ・ジョンウォンssi)まさか 死ぬとは・・
王様の死因がさ、「日々 学問を磨き 疲れが溜まった上に 多くの女人と交わり 精気が衰えてしまった為」
って なんじゃそりゃ(笑)
ou01.jpg
ってか見てよ この側室の数! ↑多すぎ!
死ぬほどって どんだけ~

とまあ 王様もなくなり、世子である燕山君が後を継いで、数年後・・・
チョンソは 判内侍府事になってたよ。
王様は 廃妃のことを 気にしてる様子。
そして、今回 新たな人物 「子猿」登場 
燕山君の お付の内侍。
こいつはいったい何者じゃ? 何をたくらんでるのか・・・怖~
王様に恨みでもありそうな予感・・?
燕山君をよからぬ方向に導いてくれちゃって、なんとハンスまで連れてきやがった!
ってか ハンス 生きてたのね。
すごい落ちぶれよう・・・ (でも 顔はぷっくり?)
ハンスが 王様に廃妃のことを話しちゃうしっ!
「大王大妃様・大妃様・朝廷・内侍府・内命婦の全てが ソファの死に関与してる」って告げ口しちゃったから、王様は もう誰も信じられない!

燕山君といえば、 歴史上 有名な暴君。
今はまだ 聡明な王様だけど、いつ そうなってしまうのかハラハラだよ~。
いつになっても 曖昧な言い方をするチョンソにも イライラ・・・

王と私 47~52話

outo.jpg

いや~ このシーン、よかったねー
とっても 綺麗だったよ。
チョソン、 やっと 告白出来たんだー 長かったね・・・
でも、 それが 廃妃が死罪と決まった前夜だなんて・・・ 悲しすぎる
で、ソファが 「そうだったのか・・・」って、・・・・ えっ? 知らなかったの?(ちょっと つっこみ)

ハンスと朝廷・大妃のせいで、罪をかぶせられ 死罪となったソファ。
歴史上 悪役のソファを、このドラマでは 善人に仕立て上げてのお話。
なかなか 面白い流れになってたと思います。

すっかり ソファ目線の私。
だから、 もう ハンスが憎ったらしいのよ。
特に あの小さい二重目が・・・(←しつこい?)
チギョムはさ、なんでハンスを復帰させたんだ?
で、さらに 憎ったらしいのが 大妃!
あんた 何様?
王様の母 ってだけで、 そんなに政治に出てきていいのか?
で、で、もっと腹立つのが 王様!
あんたが 一番 なさけない。 イライラ~
「イ・サン」と平行してみてるから、この王様の権限の無さったら。
周りにいいように 利用されてるだけじゃん。
自分の意見を ちゃんと 通しなさい。
そもそも この王様が もっとしっかりして 自分の意見で政府を動かせることが できたら、何も問題がなかったんじゃないの?

と、かなり 入れ込んで見てます。

ただね・・・このドラマ 「王と私」 ってよりは 「王妃と私」 なんだよね。
このチョソンの王妃への執着は ちょっと 度が過ぎているような気も・・・
王妃を守ろうとするチョソン。
チョンソを守ろうとするチギョム。
結局、チギョムは内侍とチョソンを守るため 王妃を廃妃に・・・
「自分が王妃を守る」って言っときながら、結局 何も出来ず、よけに混乱させてしまったチョンソ。

ハンスにも、大妃にも、朝廷にも、王様にも 腹が立ちながら見てるのに、
さらに、主役のチョソンまで 頼りないから・・・
スッキリしない・・・ぞ

王と私 43~46話

うわ~ぁ ドロドロだよーーー
たかが 女1人の為に とんでもないことに!
王様と王妃。 王妃と大妃。 チョソンとソリョン。 朝廷と内侍
なんだか すべての関係がドロドロになってきてるー

当の オウルウドンは、王様の為に 自ら出頭して 罪をうけることに。
この生き方、かっこいい!!  オウルウドン 素敵~
今んとこ オウルウドンに肩入れ中の私。
オウルウドンって キム・サランちゃんが演じてたんだね。
「このろくでなしの愛」のダジョン役の子だよね。
全然気づかなかったよ。こんなに綺麗だったっけ? 演技も上手いし。

オウルウドンが 王様のことを思い 人生を後悔していないと 言って、罪をうけるシーンは ジーンとくるのに、王様ったら どうなの?   ってか コ・ジョンウォンssi 
感情がわかりにくー  
オウルウドンに対しての真剣さが 伝わってこない・・・
「どうしたらいいか わかんないよー」ってオロオロするばっかり。
チギョムに助けを求めて、いいように 扱われてさ。
ホント 情けないったら。
これって、もしかして 「コ・ジョンウォンの演技不足」って 記事に出てたやつのことなんじゃないの?

とにかく、オウルウドンが死刑になったことで、この件は収まったようにみえたんだけど、後に残ったものは大きかった・・・

まずは、王様と王妃。
一度 離れてしまった心は なかなか戻らないよね。

で、王妃と大妃。
これが すごい!
みんなは どっちの味方をして見てるのかなぁ?
私は 断然 王妃です。
王妃の性格は かなりキツイかもしれないけど、「自分が正しいと思っていることは 引けない」って気持ちが 私には すごく解るんです。
しかも、相手に反論されると 余計に意地になっちゃう!
うーーーん  わかる わかる。
もう、大妃が 憎ったらしーー
そもそも 大妃って・・・あんた そんなに偉いのか?

で、だんだん 局地に追い込まれていく王妃にドキドキだよー
次回は とうとう 王妃は 罪をきせられてしまうの?
アンデーーー

王と私 39~42話

なんか 王様の浮気で エライことになってるんですけどー!

浮気人妻(オウルウドン)が 王族の妻だったから、朝廷も王族も大騒ぎ。
事の重大さをわかってないのは 王様だけ。
まったく 子供かよ!って 突っ込みたくなるわ。
まるで、王妃は 発情期の子供を止める母親だね。
反対されると 燃え上がる恋 ってか?
この王様 おバカだねー
(大妃が 王様を叱る場面で ちょっとスッキリしたけど。)

で、オウルウドンを利用して、朝廷は王族の権力を取ろうとしてるし、内侍府の廃止の危機まで。
ソリョン が 引っ掻き回してるしっ
もう どうなちゃってんの?
でも、こうなった原因が あまりにも しょうもなくて、呆れちゃうよまったく。


で、もう一つの 対立。  嫁姑問題!!
王妃 対 大妃 
二人ともね、言ってることは間違ってないと思うのよ。
なんか かみ合わないんだよねー
大王妃が 大妃に「あなたは王妃になったことがないから 大変さがわからないのです」って言ってたけど・・・うんうん それもあるよねー。 大妃って 微妙な立場だし。ってか 「イサン」じゃ あんまり権限なさそう・・
大妃が でしゃばりすぎ?それとも、王妃に 嫉妬してる?
今までも 小さな対立があったけど、とうとう 王妃も 大妃も 大爆発!
どーなっちゃうの?

とにかく、このお話。
歴史上の悪女(王妃)が、善人であったような解釈のお話。
今までにないパターンだから 面白いんだけど、やっぱり 話に 少し無理もある。
でも、これから 毒殺される過程がどうなるのか ってのは ちょっと楽しみ。
 

王と私 31~38話

手元にあっても 視聴がなかなか進まない史劇。
今 KNTVでは、「王と私」の終了間近で 盛り上がっているらしい。
チングにも、見てる?と はっぱかけられてしまったよ・・・・
ってことで、今週は 「王と私」ウィークですっ

何とか、8話分を視聴。
31話までの、権力だの野望だのという話は どこへやら・・
あんなに 憎ったらしかった ハンスもチギョム妻もソリョンもホンビも、 すっかりおとなしくなちゃって。
特にハンスは、いい人になってしまったよ
ソリョンは まだ 何か企んでるようす・・・

話は 一転して「愛」についての話に なってました。
まずは、王の浮気。
相手は 絶世の美女・魔性の女そして 人妻~
オモ~ 王様ってば 欲を我慢すること知らないんだから~
ったく どの時代も 王は エロエロだよ。
王妃+側室10人もいるってのに、まだ 足りないなんてね。
人妻の色気は 特別~??
で、これに気づいた王妃。
ヘソンちゃんの 顔つきが かなり 怖くなってきたんですけど。

で、もう一つは 内侍と宮女の恋。
なんと ちょんぎった一物が 再生する事があるんだって。
いやー 人間の生命力ってのは スゴイですねー
一物が蘇ると とたんに性欲が出てくるもんなのかな?
いやー 不思議 不思議。

とにかくね、ヤン・ソンユンの言った言葉・・・
「世の中には 思い通りにならぬことが3つある。
一つは 親を思い通りに選べぬこと
そして、望み通りの子を生めぬこと
そして 3つ目は 男が一物を思い通りに扱えぬこと」
うまいこというねー  座布団物だよ!

一物のないチョソンには 気持ちがわからないみたいだね。
なかなか 複雑な心情だわ。

王様の浮気が 朝廷にバレちゃった?
しかも、宮中で 二人逢ってるし・・・
これによって 政治まで 動いちゃうんでしょうか?
続き 見ます・・・

王と私 21~30話

なんとか 30話まで見ました。
時代物苦手で・・・放置してましたが、頑張ってみました。
やっぱり 時代物は 一気見に限ります。
なかなか 面白く見れました。
ひとつの事件が 何話にもわたるので、一気に見たほうが 話もわかりやすくていいわ。
(未だ イ・サンは放置状態・・

この回は、「チョソン 対 ハンス」
養父の力を借り 権力を手にしようとするハンスと
それに 対抗するチョンソ。
もうさ、ハンスが憎ったらしいのよ まったく!
二重の小さい目が 妙に腹立つ!(←意味不明)

そして、チョソンの取った行動は 「革命」を起こすこと。
長老の圧力や長達の不祥事を正そうとする。
ふむふむ なるほど。
チョンソが あまりにも弱っちくて・・・、性格も芯はあるけど 不器用そうで・・・、
どういう風に ハンス達と対決するのかと 思っていたんだよ。
まさに「革命」とは 納得だわ。
でもね、ハンス達に要求として、長の財物を返還させたり、長老会を解散させたりはわかるんだけど、何故 「チギョムの復帰」? 関係あるのか? その辺が いまいち 納得いかなかったわ。
だって、「革命」と関係ないじゃん。
どさくさにまぎれて チギョムの罪(前王の毒殺)を うやむやにしているように見える・・・

「革命」とは・・・
主として、被支配階級が意図を持って 非合法的な手段によって 支配階級を倒し 国家体制を変更させること
「下克上」とは・・・
下の位の者が 上位の者を 政治的・軍事的に打倒して身分秩序を侵す行為

似ているようで、かなり違う。 もちろん 「革命」の方が 難しい。
下手すれば 「下克上」に なりかねないよね。
でもって、チョンソは 上手く やり遂げました。
えらい えらい さすが 主役だ!

だけど、朝廷の反発を抑える為に、自ら罰を受けることに。
3年の流刑。    ・・で復帰  (← 早っ!)

3年で 何が変わったのか 次回が楽しみなんだけど、予告を見る限り 政治とは関係ない方向へ話が進んでいるような・・・???

王と私 17~20話

王妃がご懐妊~と 喜びもつかの間・・・亡くなってしまうとはーーー
この王妃 とってもいい人でね~
体が丈夫なら、すばらしい王妃になっていたはず・・・
朝鮮の歴史も変わっていただろうな。

で、新しく入った側室2人。
いままで、王族って 意外といい人達なのね と思っていたけど・・・
でました、The側室! これぞ側室!
王族はこうでなくっちゃ。(別に望んではないんだけど・・)
まさに 大奥の世界です。王様も大変ね 毎晩 (笑)

新しい王妃の決定でもめている中、ソファが懐妊。
で、燕君の誕生です。(早っ)

それにしても、ソファ 言うよねー(@はるな愛 風)
大妃にだって、言いたいことは 言います。

実際のソファは もっともっと きつい性格だったんだよね。
それを、ドラマでは清楚な凛とした感じで 演出してるのが ちょっと面白いかも。
歴史上の悪女を 最後まで どう正義化するのか、今後が 楽しみだわ。

で、チョンソは?

「王と私」 と 「王の男」

昨日、「王と私」のソファのことが 気になったので、ちょいと調べてみました。
ソファって 歴史上でもとても有名な王妃で、かの有名な燕君の生母なんですね。

ソファは 2人(?)の王子を生むのだけど(後の燕君)、結局は 大王妃達に毒殺されてしまうようです。
で、毒殺説にも2通りあるようで
① ソファは 超わがままで嫉妬深い性格。王妃になったとたん やりたい放題。で、王にも愛想つかされ 結局毒殺された
② ソファが 貧しい両藩の出身だったから、周りの側室達からのいじめで 悪者扱いされていた。
「王と私」は 後者の設定なのかな?それとも、新たな設定?

で、それにちなみまして・・・
ソファの第1子(燕君)が出ている「王の男(映画)」を 見直してみました。
燕君は 有名な 暴君。 超わがままで すき放題の王様。
(映画の中では、’燕君は 幼い頃 母を 毒殺された為 このような性格になってしまった’という設定。)
内容はというと・・・
イジュンギやカム・ウソンは芸人。王を侮辱した内容の劇をして 民衆を笑わせていた。
そして、それを見たチョンソ(でた!チョンソ)に 声をかけられ、王の前で同じ劇をすることに。
すると、王に気に入られ お抱え芸人に。
王に呼ばれて、王と遊ぶイジュンギ。
’自分の母が毒殺されたこと’、’幼いころから 母と離れなければならなかったこと’などが
王の心の傷となっていることに 気づく。
チョンソの案で、「母の毒殺事件」に似た劇を 王の前ですることに・・・
母を思い出し、涙し 暴れる王様。
そして、側室や大王妃まで殺してしまうことに・・・

ってな 内容で、(目立ちませんが)チョンソがしっかりと 影で操っておりました。

燕君の後ろに どうしても ソファが見えてくるんだよね。
ソファの毒殺 が 後々 歴史に影響してくるんだねー
このような 燕君を育ててしなうことになる これからの「王と私」。
見ようによっては、かなり おもしろい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。