ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

在日韓国記者の記事

  • Day:2011.03.22 22:31
  • Cat:日記
今回の震災。韓国の方も かなり関心をよせてくれています。
ジソク君もそうですが、中でもドンワンの関心は とても大きいようです。
毎日 日本の事務所に電話を掛けてきてくれるどんわん。
チャリティの立ち上げも凄く早かったです。
ちなみにここで行なっています。興味のあるかたは どうぞ。

そして日本語のメッセージも 公開してくれました。
11032210.jpg

日本が好きで、日本のことをとてもよく理解してくれているからこその目線もあるようです。

そこで、ドンワンが韓国のブログに 載せていた記事がとても興味深かったので、
ここにも 載せてみようと思います。

(ジュンギssiもラジオで言っていましたが)
韓国の報道は かなり大げさだったようです。
地震翌日には「日本沈没」と書かれた新聞。
確かに 韓国は ドラマを見ていても 感情が激しくて それをあおるような場面も見られます。
報道も 同じようです。
その報道の違いについて 書かれていました。
日本の災害報道には 
"災害予防のための目的以外には 一般市民に大きい衝撃を与える映像は最大限抑制するというのが災害報道の暗黙的なルール"なのだそうです。
そういえば、今回の報道も 家族の再会などの感動的なシーンはあっても、残酷なシーンなどはあまり見られませんでした。
それでも、被災者の辛い状況は 十分に伝わってきます。
いや本当は TVでは 見ることができない もっともっと 残酷で辛い事があるはずなんですよね・・・
私達は それを考慮しなければならないのかもしれません。


そして、震災後の冷静な対応をする日本人を このように分析する韓国。

韓国人の目線で改めて知る日本でした。

'大惨事の前での配慮.'
ネイバー記事中雑談.
[出処] '大惨事の前での配慮.'ネイバー記事中|作成者oreobox


 韓国で災害報道をする時犠牲者を取材するのは普通だ。
死体が安置された葬儀室と病院の姿が時々刻々あらわれる。
しかし日本大地震報道で日本メディアは違った。
津波で家屋と車が押し流される場面がTVにしばしば映るが
どのチャネルでも津波に巻きこまれる人の姿は見られない。
“亡くなった方もこの世の中に残る”という日本人の特有な死生観のためだが
泣き叫んだりしくしく泣く姿もなかなか画面で見るのが難しい。
TV朝日のある関係者は“災害予防のための目的以外には一般市民に大きい衝撃を与える映像は最大限抑制するというのが災害報道の暗黙的なルール”と話した。
11日地震が発生した後津波警報が解除された13日明け方まですべてのTV放送進行者はヘルメットを使って進行した。
このように地震規模や被害規模とは違い日本は恐ろしいように冷静だ。 理由があった。

 例えば東京の副都心の新宿に位置した四谷交差点にある消防署.
12階建物の10階周囲外壁には眼に見える線が引かれている。
この線は地上から高さ30mを知らせる表示だ。
そのそばには“この高さはまさに1993年北海道南西部地震で奥尻島を襲った津波の高さ”という説明がついている。
津波というのはいつどの時でも自身に近づくことができる問題ということを認識させて平常の準備が必須ということ知らせるためだ。


 日本人たちは粘り強くて一貫した災害対処教育を幼稚園の時から受ける。
机そばにはいつも災害に備えた頭にかぶる防災ずきんが関わっている。
地震が発生すれば'防災ずきん着用→机の下待避→運動場待避→秩序確保'まで目をとじてもするほどだ。
徹底した災害予防教育は小学校入学後初めての授業で習う“他人に迷惑をかけるな”という日本固有の精神価値とともに大型災害に落ち着いて対応するようにする秘訣だ。
ここには自身に近づいた境遇を宿命に受け入れる日本人の特性も作用する。

 災害にあった日本人たちが大きくしくしく泣いたり泣き叫ぶ場合が殆どないのも“私がそのような行動をすれば私よりさらに大きい被害にあった方々に迷惑になる”という極度の配慮精神のためだ。
災害現場で見た日本の姿. それは“일본은 있다”(日本はある)であった。

キム・ヒョンギ特派員

Comment

世界各国で報道されている今回の地震は、その国の報道の仕方で伝えられ方がだいぶ違うように感じます。
韓国の「日本沈没」の記事にはびっくりしました。でも、どんな伝え方であろうと、世界各国が日本のために色々支援して下さっていることが、とても嬉しいです。

ドンワンさんのメッセージ、本当にありがたいですね^^日本語で書いてくれたところが、更に嬉しいです!私が好きなK-POPグループも、日本語で動画メッセージをくれて、嬉しかったです。こうして、多くの方が応援してくれていると思うと、本当にありがたいです。
  • 2011/03/23 12:32
  • masae
  • URL
  • Edit
う~ん、さすがドンワンだねー。直後のメッセージやチャリティの立ち上げは「きっと、どんわんなら」ってある意味予想できたけど、
こうやって、ずっとフォローしてくれていて、oreoboxを読む人にデリケートな彼我の違いを伝えてくれて。
(こういう記事って、そんなメインの大きな記事なはずないもんね)
こういう思慮深い男だからーー好きっ(って、そこかいっ!)

でも、とにかく津波の惨状のひどさと、それとは対照的な内に秘めた悲しみと落ち着いた避難所生活という文脈で、世界が驚きを持って報じていますね。
本当に私も日本人のはしくれですが、いざ、と言うときあんな風にふるまえるものかしらと思います。
  • 2011/03/23 22:51
  • イグレック
  • URL
  • Edit
masaeさん♪
ホント 日本語でメッセージをくれるってことは、私達日本人に向けて!ってことが 伝わってきて 嬉しくなりますね。
韓国の方の奉仕精神っていうのは 他の国よりも 強いような気がします。

イグレックさん♪
そうなの!さすがドンワンなんだよねー
こういう 両国の考え方や 違いや良さを 伝え合ってくれて フォローしてくれて。
だから 好きよ~~~~

災害時に 私達は お互いを気づかって過ごせるか・・?
はたして、都会で起こった場合も あんな風にふるまえるのでしょうか?
  • 2011/03/24 00:52
  • あっち
  • URL
  • Edit
そうなんだね~
韓国メディアにはまったく詳しくなくて、どう報道されたかも知らなかったんだけど…。
そう言われてみれば日本の対応は落ち着いてるよね。アメリカとか日本国民が逃げ出さないのに驚き(放射能問題の方かな)って言ってるもんね。
死者の埋葬問題とか、ここ2、3日でやっと話題にのぼったくらいだし、報道は少ないよね…(って多分見れないと思うけど私)
うりFTメンバーもみんな日本での活動中だったから、ペン達は彼らの心配をしていたよ。それに対して彼らも感動していたけど…。しばらくは日本の活動も自粛で…もちろんファンミも見合わせ(延期とは書いてない)になりました~~。
しかし、メンバーが「地球終末説」って話してて…。
どこからそういう話になるのか驚きなんですけど、韓国メディアだからそうなるんだろうか!?
  • 2011/03/24 12:21
  • mie
  • URL
  • Edit
FTは 日本活動中だったんですね~
他にも 日本で活動中の方々も さっさと帰国されたようですね・・・
日本でのファンミやコンサも 当分は自粛ですね。残念。
いや、私達も 気分的に そんなことしてる場合じゃないですけど・・
なのに・・・・この前の韓国でのP様イベントには 日本から参加した方もいたようで・・・^^;

地球終末説・・・?
韓国報道って・・・どーなってんの?
  • 2011/03/24 22:18
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。