ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

Pさま 病院通い・・・^^;

なんか~ P様の記事の反応が想像以上に凄くて・・・
正直 こんなにP様ファンの方が 見てくれているなんて 知らなかったわ。@@

ってことで・・またもや P様記事を^^;

先日 アフリカへ奉仕活動に出かけたP様。
帰国後 病院のお世話になっている という記事が・・^^;

なんてこったい (―_―)


htm_20110906101121c000c010-002.jpeg
htm_20110906101121c000c010-001.jpeg


イピルモ、アフリカ奉仕活動行ってきた後病院世話


イピルモがアフリカ奉仕活動を行ってきた後病院の世話になっている。

イピルモの側近は5日"イピルモがアフリカから帰ってきた後皮膚病が激しくなって通院治療を受けている。 1週間アフリカ辺境地の現地人宿舎で過ごしながら蚤と名前の分からない虫らに無防備状態で露出したことが原因"としながら"毒性がある虫らもあって全身に発疹が起きてかゆみ症と痛みが伴って苦労している"と伝えた。

イピルモは先月27日から1週間アフリカ、マダガスカルの辺境地で奉仕活動をした。ひもじさと疾病で苦しんでいる子どもたちのために各種医療物品と教科書および生活必需品を伝達した。 子供たちを世話して木を利用して直接本たてを作るなど率先垂範する姿勢を見せて温かさをかもし出した。

だが見慣れない辺境地生活がやさしくはなかった。 初日からあらゆる虫と毒草に苦しめられたが飲む水さえない所だとシャワーは意欲も出せなかった。 暑さと不便な寝床やはり問題になった。 準備して行った飲料水も量が豊かでなくて惜しまなければならなかった。 予想より難しい状況にイピルモをはじめとして伴った社会福祉団体ミラルボクチジェダン測度当惑した。 しかし辺境地で苦労して暮らしていく現地の人たちを見ながら苦労を耐えて任務完遂のために最善を尽くした。

イピルモは所属会社関係者を通じて"苦しかったりしたが現地の劣悪な事情を知らせて微弱な力でも加えることができて幸いだ。 私のからだは病院に通いながらまもなく良くなるだろうが現地の人たちは正しくなされた治療も受けられずにいて残念だ。 今後も私が役に立つほどのことがあるならば積極的に参加する予定"と所感を明らかにした。

Comment

心配!
そんなことになってるとは!
P様、心配でたまりません!
  • 2011/09/07 07:08
  • あず
  • URL
>そんなことになっているとは! 

ですよね~

でも、よくなってきてるみたいですし~
Pさまには 専属の皮膚科もあるようですし~(爆)

大丈夫ではないかと・・?

早く 良くなってくださ~い^^
  • 2011/09/07 23:48
  • あっち
  • URL
  • Edit
私達も恵まれてません!
私達にも、愛の手を…
私達もP様に恵まれない
大人なので…愛の手を差し伸べ
て欲しいですね(´・_・`)
  • 2011/09/08 21:24
  • sunshine
  • URL
ははは(笑)
今年は P様に恵まれてないですからね~
そろそろ sunshineさんにはPチャージが必要ですね!

もう 思い切って ㈱sunshineで 呼んじゃって~

  • 2011/09/09 19:47
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。