ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ファンミ 最後の手紙

ジソク君のファンミの記事が いろいろ出てますね~

その中でも こちらの記事に注目!

レポも詳しく 写真も たくさん出てますよ~

しかも なんといっても 最後のお手紙の内容が載ってるぅ!!!!

こんなんやったんや~~~~~って    すでに記憶が・・・(自分が泣いてた記憶しかない)

ってことで 記念に ここに コピっておこう。

全部 日本語で読んでくれたんだからぁ~)^o^(

=ジソク君の 日本ファンへ向けての手紙=



皆さんこんにちは、ジソクです。

日本に向かう飛行機を待ちながら書いています。

何から書いたら良いのでしょうか。書きたいことがたくさんあります。


私はすごく幸せな人です。

生きていながら 自ら本気で幸せだと思うことは、すごく難しいことだと思います。

でも 私はこの瞬間、誰よりも幸せだと思います。

体も元気で 周りには良い同僚と友達がいて やりたい演技もできて、

最後に 私の人生で大事なこの瞬間 皆さんとこうやって一緒の時間を過ごすことができて幸せです。

私に この幸せな思いを与えてくれて ありがとうございます。


昔は すべてが当然だと思ったこともありました。

でも 間違ってました。

そのすべては 皆さんがいるから可能だったのです。


皆さんがいるから 俳優ジソクが存在することを忘れずに演技します。

皆さんがくれるこの愛、私はどういう思いで 返したら良いでしょうか。

良い作品、良い演技、良いイメージでいること。

ひとつずつ一人ひとりに お返しします。


いつか

“私 昔からキム・ジソクのファンなのよ” と言うと 周りから

“えー 本当に? すごい!”と 羨ましがられるように頑張ります。


もう少し待っていてください。

これから 皆さんには良いことと 幸せなことだけがあります。

なぜなら 皆さんには私がいますから。

“愛している”っていう言葉は恥ずかしくて言えません。

でも今日は特別な日・・・

사랑합니다(サラムニダ) 

一緒にいてくれて。


2012年4月30日ジソクより

Comment

やった~
めっちゃうれしいです~

ファンミで手紙を読んだ後
手紙が書かれてた紙がジソク君のポッケの中に。
欲しいなぁ…見たいなぁ…と思ってました。
ありがとうございます!!

  • 2012/05/07 23:52
  • JJ
  • URL
甦る感動!
全文載せてくれるなんて DVD発売迄無理かなぁと思っていたので 超嬉しい この会社 中々やってくれます

一生懸命練習したんでしょうね
日本語上手でしたよね
1週間たって 改めての感想です
皆さんのコメントを読ませて頂いて・・・
ファンになってまだ日の浅い私は「今が一番楽しいんじゃない?」とか言われて「そうーなんですよー 新人でーす」なんて言ってたのですが・・・
今回のファンミは今迄色々な活動をしながら ずっと応援して 見守り続けたジソク君がやっと帰って来た!!!
だからこその感動が皆さんにはあった訳で・・・ そりぁ 待ってましたよ私だって 半年ほど
感動で涙したとか見ると私は ちょと違う そこまでじゃ無いと思った訳で
ジソク君とファンが両想い なんて素敵
皆さんの想いがあったからこそ ジソク君も一生懸命応え様としている 想いを伝え様としていると言うのが感じられて・・・
ああ もー なんか悔しいもっと早く出逢いたかったぁ とジェラシーです

ごめんなさい 愚痴ってる訳では有りません

ファンミが決まってからずっとドキドキ
母の気持ちとか言いながらギューってしてもらったらトキメキました
恥ずかしいけど ふふふ 私も愛してるよ
皆も居るよー なんて

ジソク君 あっちさん
あっち組の皆さん
こんな気持ちにさせてくれて本当にありがとうございました

オフ会 昼の部 そして
夜の部 本当に本当に楽しかったです
大阪でも福岡でも何処でも行きますとも 一泊でねあー 次のファンミの事ですが
美味しい生ビール飲みましょ
あっちさんも一緒にね
  • 2012/05/08 03:09
  • ふじてる
  • URL
ポイントずれコメです;;; みあね~
すみません
ふじてるさんのコメント読んで、涙出そうです
どう言ったらいいか分からないけど

夜の部、楽しかったと言ってもらえて安心^^
ぜひ、又行きましょう~~ネ

肝心な手紙の内容
こういうことだったんですね~
日本語を練習して読んでくれたことで、感激倍増、いや、100倍だったかも
  • 2012/05/08 07:05
  • nonna
  • URL
  • Edit
JJさん♪
はい、私も もう一回見れて 嬉しいです^^
すごく長い手紙だったような気がしたけど・・そうでもなかったのか?(笑)
きっと ゆっくり 読んでくれたんだよね?

改めてみて・・また 感動だぁ


ふじてるさん♪
ジソク君、日本語 すごく上手でしたよね。
本人、英語も堪能だから、発音にこだわるって所が さすがだったなぁと。

今回のファンミね、待っててくれてありがとう! っていう内容だったでしょ?
そしたら、待ってなかった人は このファンミを どう思っただろう?って ちょっと心配してたんだよね。
正直 ただ見に来ただけの方もいたし、友達に付いてきただけの人もいただろうし・・・

でも、ほとんどの人が いいファンミだった って言ってくれて、
一緒に感動してくれて 私も すごく嬉しい^^

でも、・・・申し訳ないですが・・・
入隊中も応援してきた人にとっては、その間いろいろあった訳で~ やっぱ 特別だと思いたいのです^^;

でも、ファンに 早い遅いは 無いのだから~
これから 一緒に応援してくれたら 嬉しいです。

ジソク君が 日本に来てくれないことには 皆さんに会えないので~
映画にドラマに活躍して また日本に来てほしいですね^^

nonnaさん♪
まさかの 日本語で 驚きでしたよね。
なんというか・・・・ホントにジソク君が 変わった@@

入隊前の、あんまり**が好きじゃなさそうなとことか、
ファンに対しての考えとか・・

それはそれで正直で、 私は そういうとこも好きだった訳だが・・

その分、今回のファンミは 驚いたし、それに感動したし。


って 言いたいこと わかります?(笑)

  • 2012/05/08 21:41
  • あっち
  • URL
  • Edit
 「昔はそう思わなかったけど、ファンがいるから自分が存在できる」というコメントは スンホンさんも言ってたのよん。 やっぱり軍隊2年って大変なのですよね。 改めて思います。 そんな思いがハグのぎゅぎゅぅぅ~にこもってましたよね~^^

それから~、「昔からキムジソクのファンなのよ」 「へええ」のところに ほんまにそうやで~!!って叫びたい気持ちでした。
「そうなって!!」って。 そこに一番力がはいるくりでありました。 ドドンと一発 人気ドラマ もしくは視聴率が芳しくなくても
ブ-ムになったり、〇〇現象!なんてのを起こしたりする作品!
に当たればいいな。 できることならジソクくんが火付け役になるとかね。 
独立プロの儲からないけれど 問題作にも出てます~みたいなスタンスでもいいし、とりあえず ワンランクステ-ジが上がることを祈りたい!(何をもってワンランクとするかは人それぞれですが・・・・・)
 普段のジソクくんに近い役も面白いし、固いけど、演じてるってところも見たいしね。            
でも・・・・とりあえず、出ることは最高!! どんどん露出してほしいな。 そうすればいつかやってくる・・・「あなたの風!!」
頑張って! といいたい! 言いたいことありすぎるので 手紙で書きますぅぅぅぅ!!!!!!!笑! でもイラストはいつも「べこ」なの。 うふふ。・・・って私が一番成長してないって?
→ 歳はとった・・・。 うんにゃ、 そこんとこは横へ置いといて。

・・・・っというか・・・今回、夜の宴会!やっぱり参加したかったよぉぉっぉ!! ちょこっと浮気みやね~!! 次回は絶対ね。

・・っつか・・・あのファンミ後の私って大変だったのですぅ。誰かまた話聞いてくだされ~、笑えまっせ~><!!!とほほぉ。
  • 2012/05/09 09:03
  • くり
  • URL
  • Edit

nonnaさんのお言葉に涙です((T_T))
ありがとうございました
あっちさん 申し訳無いだなんて・・・
ごめんなさい m(。_。)m 応援しますよ
これからのジソク君に期待大です
色々な作品に出て貰って日本でも沢山見たいですよね(^o^)v
  • 2012/05/09 15:07
  • ふじてる
  • URL
くりさん♪
軍の2年って 本当に いろいろあったんだろうね~
考えさせられることとかも 多かったのかなぁ~?
ジソク君 大人になったよ。

さぁ これから どうなるんだろうね~?
とりあえず、しばらくは 見守るしかなさそうだ。
事務所の方は、「しばらくは ジソク君の口から”頼むから 休ませてくれ”と言うくらいまで 働いてもらう」と 言ってました。
働くよ~


ふじてるさん♪
これからは、メディアにもたくさん出るだろうし、
皆で 楽しく 応援できそうです。
よろしく~

  • 2012/05/09 22:16
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。