ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 3話 関連記事

ワンダフルママ 3話の関連記事です。
写真が多すぎて・・・長いです^^;

2013042102083248_1_rstarrsm.jpg

ママ ユン・ポクヒが痴呆にかかったという事実を知らない世間知らず三姉弟の非人間的行為状況が電波に乗った。

痴呆診断を受けて一度切ない涙を流した後子供たちが見たいとし家に戻った状況に、
ゴ・ヨンチェは他人のファッションショーを壊してチャン・フンナムに損害賠償を、
ゴ・ヨンスはユン・ポクヒのお金を狙う味噌女と速度違反を、
末っ子コ・ヨンジュンは酒場でゴールデンベルを鳴らして酒代を借りる様々な事故を起こしていた。
問題を起こした後、こぶまで付けて次々お金を要求する子供たちの姿に結局ユン・ポクヒは爆発してしまった。

激しく怒るママの姿にヨンスは“ママは更年期障害じゃないか”としてはならない言葉まで犯したし、最後の手綱まで解放してしまったユン・ポクヒはその間三姉弟に費やしたお金と、三姉弟の不孝を全部暴露して脅し上げた。 口答えをする子供たちに“ミシンで口を縫い込んでしまう前に黙れ”としてためらわなかった。

三姉弟が事故を起こして分別がない行動を繰り返す一方、ユン・ポクヒは子供たちが気を引き締めるようにするために格別の措置を取ることを予告して気がかりなことをかもし出した。

2013042102565282_1_rstarrsm.jpg

痴呆診断を受けた後ユン・ポクヒが世間知らずに非人間的行為を犯す子供たちを更生させるために決心する姿が描かれた。

ユン・ポクヒが子供たちを更生させなければならないと決心することになった契機にはイ・ジョンスがいた。
イ・ジョンスは貸付業者会長であるユン・ポクヒの下で仕事をする部下で出演して彼女の腹心の1人だった。

ところでイ・ジョンスはユン・ポクヒのお金を横領する裏切りを犯した。
これに対しユン・ポクヒはイ・ジョンスが隠れている所を訪ねて行って“行き場のないおまえを眠らせて食べさせて教えたのが10年。それがあえて私のお金を持って逃げるのか”として脅したし、イ・ジョンスは“生きようとそうした”として思いがけない話をした。

“金を儲ける商売では 金洗い終わったじゃないか。 ユン・ポクヒは終わったと噂が広まっている。 俺が食べて逃げたのが精神だけ与えたのか。 今日入ってくるお金は精神だけ与えたじゃないか”として仕事をまともにやり遂げることができないユン・ポクヒを恨んだ。
これに対しユン・ポクヒは大きい衝撃を受けたし、今後自身が何もできない人になることということを感じて子供たちを更生させる決心することになったことだった。

2013042106070874_1_rstarrsm.jpg

会社の代表と職員の関係であるチャン・フンナムとイ・ジャンホが本格的に対抗することになる姿が描かれた。

イ・ジャンホは企画したファッションショーで乱闘が起きて投資金誘致に失敗することになるとすぐにすべてのせいをチャンフンナムに押しつけた。
乱闘の原因は自分の不倫のためだったが責任をチャンフンナムに押しつけてこの際邪魔な人間だった彼を除去したのは、自分が生き残るためだった。

だからイ・ジャンホが使った方法はチャン・フンナムが最も弱い部分を脅迫するということだった。
それは他でもない彼の兄チャン・キナムだった。 チャン・キナムはチャン・フンナムが推薦してファッションショー舞台にあげたブランドの代表でもあった。

これを悪用したイ・ジャンホは“資格もならない不良企業を投資家に推薦したか。 内部監査が入れば君はもちろんナラファッションも無事ではない”として兄に食い下がった。 実際にチャン・キナムはチャンフンナムに知らせていない借金をしていた。

イ・ジャンホは本性を表わして“今回の件は静かに責任をとり終えればさびしくなく取りまとめる”として辞表を勧めたしこれでチャン・フンナムは大きい危機を迎えることになった。

2013042106351338_1_rstarrsm.jpg

痴呆を診断受けたママはこれ以上子供たちがしてというのを全部するママではなかった。 ユン・ポクヒは問題を起こしておいてお金を乗りに来た子供たちに怒って全部追い出したし、以後世間知らず三姉弟が金庫まで手を付けるとそれこそ衝撃に包まれた。

ユン・ポクヒが未来のために子供たちに格別の措置を下さなければならないと決心する頃三姉弟にも苦難が始まった。 直ちに問題を解決するために急転が必要だったがママでなければ救う所がなかったこと.

これに対しヨンチェ,ヨンス,ヨンジュン三兄姉弟はブランド品を売ることにした。 惜しんだヨンチェのハンドバッグと靴で直ちに一番急なコ・ヨンジュンの酒代から受けることにしたのだ。 だが、ヨンチェはことごとく“これはパリで留学する時並んで買った限定版だ”、“これはオーダーメードの靴だ”等などのいいわけをしたし結局 姉弟の戦いに広まることさえした。

三兄妹の本格的苦難が始まった中で、これらの苦難がどこまで続くのか期待が集められている。

2013042107265671_1_rstarrsm.jpg

兄を助けようとしたチャン・フンナムがイ・ジャンホに言葉尻が捕えられて苦境に立たされることになる姿が電波に乗った。

イ・ジャンホはファッションショーで乱闘が起きて投資金誘致に失敗することになるとすぐにすべての責任をチャンフンナムに回すことにした。 彼は率先して仕事を解決するために努める彼に“財政も不十分な企業をファッションショーに上げるのか。 財務検査入れば君もナラファッションも無事でないことだ”として彼を追い詰めるのはもちろん彼の兄まで食い下がった。

兄を無惨に考えたチャン・フンナムは、兄のブランドを助けようとファッションショーに上げて投資家に強力に推薦したし、結果的に公と私を区分できない処置になってしまったのだ。 チャン・フンナムが危機に処した中で、彼の恋人でありイ・ジャンホの妹であるイ・スジンが出た。

彼は兄イ・ジャンホが部下と不倫の間であることを知ったし、ファッションショーで起きた乱闘が、やはりイ・ジャンホの妻がこの事実を知ることになって広がったという事実まで分かった。 だから彼が不倫を犯した証拠まで一つ一つつかみ出して彼に差し出したこと。

彼は“これが兄さんにすることか”として証拠をなくすために努めたがイ・スジンは証拠コピー本まで徹底的に準備して“おちついて”と彼をもてあそぶだけだった。 これら関係が逆転した中で、チャン・フンナムの危機を克服して会社の実力者で位置づけることになるのか期待が集められている

2013042106185215_1_rstarrsm.jpg

痴呆を宣告受けて帰ってきたユン・ポクヒの人生はより一層数奇だった。 何も知らない子供たちは大問題をおこしておいて明るくママにお金を要求して駆け寄ったしこらしめるとすぐに“更年期だ”というあざ笑いにあわなければならなかった。

ついにはママの金庫に手をつけておいても“この頃毎日うっかりして記憶もできないことだ。 浴場にストッキング履いて入ったよ”として痴呆で健忘症が激しくなったママをからかって喜々とした。

その日夜ユン・ポクヒは寝ることができなかった。 “そうだ、時間は多くない。 記憶が残っている時に必ずすべきなことがある”としてベッドから出てきた彼女はタンス深いところに隠しておいた産着を取り出した。 分かってみると彼女は産んでいくらならない子供を誰かに奪われた過去があったことだった。

ユン・ポクヒがミンスと呼んだなくした息子とミンスパパが共にとった古くなった写真を見てついに涙を流したし、彼女のなくした息子の正体が誰なのか気がかりなことをかもし出した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。