ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 4話 

ワンダフルママ 4話の関連記事です。

ん・・・これ 面白いんだろうか・・・・?

すでに ちら見状態な私^^;

頑張れ~
2013042202470783_1_rstarrsm.jpg

痴呆にかかったユン・ポクヒは記憶が残っている時間がいくらも残っていないということを受け入れて一番最初に世間知らず三姉弟がどのようにすれば‘物心つくように’することができるかを悩んだ。 そして若かったとき世話になった恩人の“子供たちが中腐らせれば訪ねてきなさい”という話を思い出させて彼女を捜し出した。

そこで得た答は“お金で育てた子人間作るには、両親がすっかり滅びてお金一銭もあってはならない”とのことだった。 “数日前ビルディング建てたが どういう方法ですっかり滅びるのか”というユン・ポクヒはセブの炭鉱産業の投資家が暗殺にあったという記事を見て方法を思い出させた。

彼はスハに“まずあの物心ないものなど 人を作らなければならない。 明洞毒蛇うわさ聞いただろう?”と尋ねた。 スハは“フィリピン鉱山に投資して全財産をなくす危機だと聞いた”と答えた。 するとユン・ポクヒは“これから私が明洞毒蛇になるところだ。 分かって準備しておきなさい”と早かった。

ユン・ポクヒが子供たち更生のために刃物を抜いた中で家がすっかり滅びたと知るようになる三兄妹の将来に試練が予想される。

2013042200044822_1_rstarrsm.jpg

痴呆にかかったユン・ポクヒが世間知らずの子供たちを更生させるための第一歩に皆で一緒にセブへ旅行に行く姿が描かれた。

空港に到着したゴ・ヨンチェは突然腹痛にみまわれてトイレへ向かった。
瞬間的に腹をこわし、どうしていいか分からなかった彼女は女性用トイレに長く立ち並ぶ列を見て驚いた。
列の一番前の人に汗を流して“死にそうだから一度だけ譲ってほしい”と頼んだが続後ろに立っていた人々に威嚇だけ受けるだけだった。

結局彼女が選択した方法は男性用トイレだった。 誰もいないのを確認した彼女は矢のように入っることに成功した。 ところが再び問題が発生した。 今度は紙がなかったこと。そこに おりしもチャン・フンナムがトイレに入ってきた。

投資家を説得するために直接セブに行くところだった彼は やはり空港にくることになったしヨンチェがいる空港のトイレに立ち寄ったこと。 外の人がチャン・フンナムだとは知らないヨンチェはかろうじて男声を出して“そこの外におられる方、紙を下さいます”として男声で紙をもの乞いした。

チャン・フンナムの助けでかろうじて用事を終わらせて出てきた彼女は誰もいないと思って様子をうかがって出てきたが忘れ物があってトイレに戻ってきたチャン・フンナムとばったり会ってしまった。 男性用トイレ使用に紙の乞いまで全部ばれた状況であったし、彼女はきまり悪さに逃げるほかはなかった。

ヨンチェが男性用トイレで屈辱を体験した一方、チャン・フンは投資家に見せる服サンプル カバンをなくして大危機を体験した。

2013042200170498_1_rstarrsm.jpg

セブを来たのはユン・ポクヒの家族だけでなかった。 チャン・フンナムは投資家ウェイン職人がセブにいるという消息を聞いて直ちにそちらへ向かった。 会社まで止めるというのに‘ナラファッション’を助けるにはウェインジョに投資金を受け取ることだけだったためだ。

ウェイン職人がセブにあるホテルで休暇を送っているという事実を知ることになったチャン・フンナムは直ちにセブ行き飛行機に乗った。 ところがチャン・フンナムはすぐに大危機を迎えてしまった。 ウェインジョに見せるサンプル服が入ったカバンをなくしてしまったのだ。

家で戦々恐々としている家族心配に“心配するな。 サンプルは命よりよく取りまとめている”として安心させた彼であった。 だが、ホテルに到着してウェイン職人が泊っている部屋を調べる間ロビーに置いたカバンが違う旅行客の荷物と混ざって付いて行ってしまった。

これでチャン・フンナムは残った唯一の希望であり命列をなくすことになって大危機に陥ってしまった。 険しい苦難の連続である彼がこの危機をどのように切り開くのか気がかりなことが集められている。

2013042200264257_1_rstarrsm.jpg

痴呆診断を受けたユン・ポクヒは“財産相続に対して重大発表がある”として子供たちと共にセブ旅行に出発したところだった。 自分がすっかり滅びたと嘘をつく計画だった彼女は重大発表を控えて最後に子供たちにご飯を食べることにした。

この事実を知らない三姉弟は無条件に高い物を食べようとしながら食堂へ向かった。 ところがこの時、ユン・ポクヒの健忘症がまた、勃発してしまった。 財布をうっかりしたこと。 子供たちは彼女の健忘症をとがめたし、結局財布を持ってくるために単独でホテルに戻った。

“子供たち どれか一つ立ち向かう置くことなく老いた母を一人で送る”とぶつぶつ言いながらユン・ポクヒはホテルに入るやいなやまもなくパニック状態に陥ってしまった。 自身が泊まっている部屋番号が何だったのか思い出さなかったこと。 ひょっとしてこういうことが起こるかあらかじめ手帳に書いておくことさえしたが手帳どころか財布もない状態であった。

英語もできない彼女は結局誰にも助けを受けられないまま子供のように隈でぶるぶる震えなければならなかったし、彼女人生に本格的な苦難が始まっていた。

2013042200514285_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒが三姉弟を連れてセブ旅行に出発した理由はセブ鉱山に投資をしてすっかり滅びることになったと嘘をつくためであった。 ママがセブにまた他の財産があって、自分たちに相続しようと旅行にきたものと考えた三姉弟はやはり何の考えなしで金だけ使いまくった。

ところで皆一緒に高い食堂にきてユン・ポクヒが財布を持ってこなかったという事実を知った。 子供たちは悩みもなしで英語もできないママを単独でホテルに送りかえした。 だが、お金を取りにきたユン・ポクヒが部屋番号を忘れてパニックに陥りながらお金を持って食堂に戻ることができない状態になったし、これを知らない三姉弟は300万ウォンもなる食事代をやっと確認した後ホテルに戻っていきなり怒った。

ヨンチェは“汚らしくお金持って遊説しているのか。 ソウルで問題をちょっと起こしたと私に会って復讐しているのか”と卑劣な言葉をした。 ママが痴呆にかかったこととは夢にも思うことが出来なかった世間知らず長女の非人間的行為だった。

引き続き子供たち全部ママがあるお金を与えなくて自分たちが苦労するとし卑劣な言葉を行ったし、ユン・ポクヒは再び大きい衝撃と佗びしいということに陥らなければならなかった。 ユン・ポクヒの三兄妹更生プロジェクトは今後も険しい道が続くものと見られる。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。