ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 9話

ワンダフルママ9話です。


ワンダフルママ9話動画(中国サイト)


以下 関連記事です。

2013051206004217_1_rstarrsm.jpg

チェ・ウンオクはケリョンナム出身という理由でチャン・フンナムを反対した。
チェ・ウンオクは娘イ・スジンとチャン・フンナムを別れさす為に兄チャン・キナムを呼んだ。
未来の姻戚になる方だと考えたチャン・キナムは嬉しい気持ちで訪ねて行ったがチェ・ウンオクから侮辱を受けた。

チェ・ウンオクは“ケリョンナム出身でも我慢して 性格だけ見ようとしたのにとうてい耐えることはできない”として会社公金をキナムの‘ナラファッション’の不渡りを防ぐための貸し出しで利用したと話した。
これはイ・スジンの兄イ・ジャンホとの取り引きだったがチャン・フンナムの疑惑で被せたこと。
これに対しチャン・キナムは“私がすべて悪い”と祈るようにして哀願したがチェ・ウンオクは冷静だった。

チャン・フンナムは“そんなはずがない。 わざわざ会社が間違うはずがない。 みな私のせいだ”としながらどうにか説得しようと努めたが、チェ・ウンオクは涙で祈る彼に金の封筒まで渡して侮辱で終わりを見せてしまった。

チェ・ウンオクがチャン・キナムに残忍な侮辱を与えた中で、この姿を見たチャン・フンナムは 結局イ・スジンに離れを告げてしまった。

2013051206055723_1_rstarrsm.jpg

この日チェ・ウンオクはチャン・キナムを呼んで“人を脅迫してお金取り壊すのが正しくなされた人がすることか”としてチャン・フンナムを破廉恥な人に責め立てた。
全部息子イ・ジャンホの誤りで広がったことをチャン・フンナムのせいにして、それを口実で結婚を反対した。

さらに涙で祈るチャン・キナムに金の入った封筒を渡す侮辱を与えながらもチャン・フンナムまで呼んで巧妙にこれらすべてのことを目撃しさせた。
これに対しチャン・フンナムはその場でお金を破って“二度とスジンさんに会わない”と言って背を向けた。

ちょうどその場にはイ・スジンまで来ていたし彼女は直ちに離別通知を受けた。
これに対し狂奔したイ・スジンは母チェ・ウンオクに捕まったまま“そのように人見くびって性格が底だからパパにも捨てられたことだ”として毒舌をした。
これに対しチェ・ウンオクはその場で娘の頬を打ってしまった。

イ・スジンが母チェ・ウンオクのためにチャン・フンナムと別れることになった中で、歪んだ母娘関係がどんな暴風を呼び起こすのか緊張感が高まっている。

2013051206130713_1_rstarrsm.jpg

オ・タジョンは夫イ・ジャンホに毎日虐待だけ受ける後れを取った。
貧しい家出身で無知でおろかだというのが理由であった。
同じ理由で姑にも毎日虐待だけ受ける境遇である彼女の結婚生活は苦難と試練だけだった。

そうしている間オ・タジョンは同窓であるコ・ヨンスに会った。
ちょうどコ・ヨンスは英語の先生の働き口を調べている最中であったし、夫ジャンホに息子を英語幼稚園に送るつもりだったオ・タジョンはコ・ヨンスを息子の家庭教師に入れることにした。
コ・ヨンチェとも懇意な友人であるオ・タジョンは彼らの内部事情を全部知っていた。

オ・タジョンは夫イ・ジャンホに“ジウの英語家庭教師を入れようと思う。 塾で推薦受けた良い先生だ”として自身の同窓であることを隠してコ・ヨンスを雇用することになった。
さらに冷たい夫と違い子供にキメ細かく対する彼を見てどこか切ない表情になるとみられて二人がロマンスを広げるような暗示を与えた。

またコ・ヨンスは意外に真の愛を望む人物なので両者にどのように発展するのか気がかりなことが集められている。

2013051206183469_1_rstarrsm.jpg

ママ ユン・ポクヒ偽装破産で金を儲けなければならない境遇になったコ・ヨンチェは留学まで行ってデザイン勉強をした履歴で求職のために飛び回った。
この日彼女が訪ねて行ったところは普段自分のショッピングのために訪ねて行ったあるデザイナーショップだった。

彼女は身上を探ろうとするデザイナーに“今日は他の仕事のためにきた。 このショップに就職できないのか”と用心深く尋ねた。
これに対しデザイナーの目つきが変わるとすぐに彼女はあわてて“ママがショップ整えるといってあらかじめ勉強ほどほどにしようとそのようにする”として体面を立てた。

これに対し安心したデザイナーは不意に大企業の息子との合コン取り持ったし、コ・ヨンチェは“そうだ、男よく会って運命を一度見直してみよう”として合コンに応じた。
ところが暫くして彼女は人生最大の悲しみにあってしまった。コ・ヨンチェの家がすっかり滅びたという事実を知ったデザイナーが追いかけてきて彼女の財布を取り出して遅れをとったこと。

そして“スポーツカー乗って通うと言いながらこの交通カードは何か。 家すっかり滅びたとしてあえて私に詐欺を働くのか?”としてヨンチェの頭の上に水まで注いだ。
金持ちだったら当てられなかった悲しみにヨンチェはついに涙を流したし、彼女の険しい将来が予告されていた。

2013051206214952_1_rstarrsm.jpg

最初コ・ヨンチェは留学をしてファッションのデザインを習った履歴でデザイナーを選ぶ会社に通って面接を見た。
しかしただ留学だけ行ってきたのが三十越えた彼女を受け入れる会社はなかった。

コ・ヨンスは英語講師をすることにした。 それはやはり外国留学をしたので英語で金を儲けようとしたこと。
しかし単純に外国留学に行ってきたとのことだけで英語先生になるには容易ではなかった。

それでも何かをすることができることがある姉兄とは違って大学生身分であるコ・ヨンジュンはコンビニエンスストアでアルバイトをしなければならなかった。
彼は“お金は儲けているのか”というママの問いに“そのままコンビニエンスストア通う。 死ぬことができなくて”としてだらりと下がった姿を見せた。

そして“仕事をする時帽子を深くかぶる。 とても恥ずかしくて”として最後の自尊心をたてたし、“お前らは私から金縁まいて出てきたか”として今一度きびしい発言を聞かなければならなかった。 クラブ王子であった彼がコンビニエンスストア アルバイトになった中で、今後も彼の将来は険しいものと見られる。

2013051206241211_1_rstarrsm.jpg

この日ユン・ポクヒはなくした息子を探すために故郷へ向かった。
過去息子を誰かに奪われた彼女は子供を奪っていった張本人が生きていた家を訪ねて行くことにした。
ところでこの日チェ・ウンオクやはり自身の故郷とし娘を連れてユン・ポクヒと同じ場所を探した。
二人が互いに縁があることを暗示する状況.

チェ・ウンオクは自分が反対する人と結婚するという娘に“あなたにする話がある”として写真一枚を渡した“生物学的にあなたの兄さんだ”として夫と違った女の間でできた子供の存在に対して言及した。
そして夫と離婚することになって自身の人生を破局に陥れた当時の夫の女の名前をいった。 “まだ名前もはっきり記憶する。 ユン・ポクヒ”と言った。

また、ユン・ポクヒやはり自分の息子を奪っていった人に対して“その女は忘れたかも知らないが私は絶対忘れない。 チェ・ウンオク”と言った。 二人が過去どんな悪縁でからまった関係なのか明確にあらわれた状況.

ユン・ポクヒとチェ・ウンオクの悪縁が明らかになった一方、二人に傷として残った息子の存在に対する視聴者たちの気がかりなことが大きくなっている。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。