ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 10話

ワンダフルママ 10話です。



ワンダフルママ10話動画(中国サイト)

ワンダフルママ10話動画(中国サイト)


以下 記事です。

2013051305414747_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒとチェ・ウンオクが過去どんな悪縁でからまることになったことか具体的な理由があらわれた。

故郷へ娘イ・スジンを連れて行ったチェ・ウンオクは娘にお父さんとの話を全部打ち明けた。
なぜ娘のボーイフレンドであるチャン・フンナムを反対するのか、女としてどんな生活を送るように願うのか説明するためであった。

ところで意外にもチェ・ウンオクの過去にはユン・ポクヒがいた。
彼女は“男が別のことをするのを一番嫌う”と話したことがあったし、自身の息子が浮気をしたという事実を知るとすぐに息子にもかかわらず歯ぎしりして軽べつした。
分かってみるとチェ・ウンオクは夫がユン・ポクヒを愛してしまって受けた女であった。

“お父さんがウンオクに夫になるならと大学も送った。 それで大学上がるやいなや婚約式もした。
ところで私と結婚するつもりがなかったようだ”として婚約までした男がユン・ポクヒと秘密の愛を交わして共に逃亡まで親理由を句句節節打ち明けた。

ユン・ポクヒとチェ・ウンオクが愛した男一つで敵関係になったことがあらわれた中で、チェ・ウンオクはユン・ポクヒと夫の子供まで奪ったものであらわれて劇の緊張感を高めている。

2013051305474349_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒは息子を失うことになった人知れない理由があることを見せていた。
この理由はチェ・ウンオクに関連していた。
なくした息子を探すためにユン・ポクヒは息子を奪っていった張本人が住んでいた故郷の村に行った。
その張本人はまさにチェ・ウンオクだった。

チェ・ウンオクの家で住み込みをした彼女はチェ・ウンオクの婚約男と愛に陥ったしついに共に逃亡まで打って子供を産んで生きることになった。
ユン・ポクヒは“その時その一年が私の人生で一番幸せだった”として愛する男とともに生きた時間を回想した後子供を奪われた日を説明した。

息子百日の日写真を撮って食べ物材料を買いに行った夫が永遠に帰ってこなかったということ。
そして人が押しかけて子供を奪っていったと話した。 人を送った人はまさにチェ・ウンオクだった。

チェ・ウンオクの男を愛して子供まで奪われたユン・ポクヒの理由があらわれた中で、二人の悪縁関係が劇の展開をどのようにひっくり返すのか成り行きが注目される

2013051305452158_1_rstarrsm.jpg

コ・ヨンチェはチャン・フンナム自身に世話になったことを口実に就職をお願いして履歴書まで渡した状態であった。
ところが財閥家息子との合コンが斡旋されるとすぐに“そのような小さな会社には行かない”として面接を断った。

だが、家が滅びたという事実を経営者に見つけられてかえって水洗礼を受ける悲しみにあって、彼女の立場はさかさまになるほかはなかった。
だからコ・ヨンチェはチャン・フンナムの事務室を訪ねて行ってふき掃除をしながら意欲を見せた。

彼女は“何をしているのか”というチャン・フンナムの話に“もう一家族だ”としてしらじらしくふるまった。
そして腹が立ったチャン・フンナムに“要請ほどほどにしよう。 私は必ず就職しなければならない”として途方に暮れなければならなかった。

コ・ヨンチェがそれこそ生存のためにチャンフンナムを探して行った中で、二人の縁がどのように発展するのか期待感が高まっている。

2013051305511772_1_rstarrsm.jpg

チェ・ウンオクの男を奪った張本人がユン・ポクヒという事実があらわれた中で、視聴者たちの胸を打つようにさせた人物は別にいた。
チェ・ウンオクは過去の理由のために“私が一番嫌うのが男が浮気することなのに私の息子がそれをするのか”として息子イ・ジャンホをおびやかした。

そのことで整理されたと思ったがイ・ジャンホは依然として秘書室長と楽しんでいた。
さらにホテルを出る時は彼女から香水をプレゼントされた。 “私と同じ香水だから奥様持って差し上げて下さい”として渡した香水は二人の不倫を隠すための装置であった。

イ・ジャンホは“ワイフより母がさらに心配であったのにうまくいった”として喜んだし“たびたびこのように気分転換ちょっとさせてほしい”という話までした。
そして何もなかったように家に戻って“外泊してあたえる贈り物だ”として妻オ・タジョンに贈り物を渡した。

イ・ジャンホが図々しい不倫に視聴者たちの怨まれている一方、彼と内縁関係である秘書室長は格別な内心を有しているようでまた他の劇の反転を予告していた。

2013051307171228_1_rstarrsm.jpg

コ・ヨンチェはチャン・フンナムにセブで世話になったことを口実で彼に就職席をお願いした。
ところがヨンチェは瞬間財閥男に会うつもりで自分の要請を聞き入れようとするチャンフンナムを断ってしまった。
その後状況が変わるとすぐに彼女は再びチャンフンナムを訪ねて行ったし、ヨンチェの態度に依然として腹が立ったチャン・フンナムは“一生仕事しなくても生きていける人が突然なぜこうするのか”としながら怒った。

ふき掃除をしながら“もう一家族なのに”としてとぼけたヨンチェは“家に大金積み上げて生きるならず者が何を望むことがあって就職なのか。 ブランド品で遊んで嫌気でも出たか”というチャン・フンナムの話に傷を受けて結局涙を流した。

ヨンチェはかっとした心に飛び出したが、行く所がなかった。
また戻った彼女は“セブでそうしたでしょ。 あなたみたいな人は死んで覚めても私の心は分からない。 今、私の心と全く同じだ。 それだけ切迫する”として真心を見せた。

これに対し心が揺れたチャン・フンナムは“明日朝早く出勤しなさい”として、いよいよ二人が一家族になって本格的な縁が始まることを知らせた。

2013051307333337_1_rstarrsm.jpg

夫の帰宅が遅れるとすぐにオ・タジョンは電話をかけた。
ところが意外にも電話を受けた人は夫の秘書室長であり不倫女であった。
彼女は“社長は今おやすみになっています。 ホテルだ”として厚かましい態度で一貫したし“まさか疑われているのか。 よくご存知ないみたいだが、本来ホテルで会議たくさんする”としてオ・タジョンを無視した。

秘書室長はイ・ジャンホを家に送って“奥様に差し上げてください”としながら香水をプレゼントした。
自身と同じ香水で、不倫を見つけられないための装置であった。
夫の内縁の女が与えたプレゼントをそのまま受けたオ・タジョンは“他のものはみなこらえてもあなたが浮気をすることは耐えられない”として怒った。

だが帰ってきたのはイ・ジャンホの無視だけだった。
ちょうどオ・タジョン息子の英語家庭教師のために家に来ていたコ・ヨンスの姿とはあまりにも違う姿だった。
ヨンスは表情が良くない彼女を見て良くないことがあるとすぐに識別して“僕が大きいこと体験して感じるのに人生たいしたことなかったよ。 そのまま感謝しながら楽しく生きるのが最高だ”として慰労を渡した。

ますます厚かましくなるイ・ジャンホとは違いオ・タジョンそばで彼女を取りまとめるヨンスが傷受けたオ・タジョンの心を治癒する関係になるのか期待が集められている。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。