ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ14話

ワンダフルママ14話です。

えっ? もう14話? ミニシリーズなら 最終回目前じゃないか・・・・?
やっぱ 長いなぁ~ 週末ドラマ^^;
まだまだ 話は序盤。
ヨンチェもヨンスも 恋の進展は ゆ~っくりです・・・

ワンダフルママ14話動画(DM1)

ワンダフルママ14話動画(DM2)

ワンダフルママ14話動画(中国サイト)

ワンダフルママ14話動画(中国サイト)

以下 関連記事です
2013052623552764_1_rstarrsm.jpg

オ・タジョンは夫イ・ジャンホと彼の秘書キム・ナンヒが不倫関係という事実を知った。
できることがなくて無気力なだけだった彼女だったがコ・ヨンスに会ってキム・ナンヒに反撃を始めた蹴られた。

もうオ・タジョンはキム・ナンヒはもちろん夫イ・ジャンホまで勝手気ままにした。
彼女は夫婦同伴ビジネス ゴルフ旅行に共に行くと出た。
彼女の代わりに秘書キム・ナンヒが毎度同行した旅行だった。
すると姑チェ・ウンオクは“遊びに行くのとは違う。 みなビジネスなのに上手に出来るのか”として厳しい忠告をした。

イ・ジャンホはこの焚いたと思って相槌を打った。
しかしオ・タジョンやはりじっとしていなかった。
“あなた、ナビタ羊肉のことですよ。 お母さんまだよくご存知ないようだが詳しく説明差し上げましょうか?”と脅迫をした。 ナビタは、イ・ジャンホがオ・タジョンに嘘をついてキム・ナンヒと夕方食事をした所.

不倫を心から嫌いなチェ・ウンオクがこの事実を知れば粉々に砕け出ることが明らかなので、イ・ジャンホはやむを得ずオ・タジョンと一緒にすることに約束するほかはなかった。
オ・タジョンが二人の間の主導権を握って彼を勝手気ままにすることになったわけだ。

2013052623572861_1_rstarrsm.jpg

イ・スジンとやむを得ず事業パートナーで手を握ることになったチャン・フンフンは、イ・スジンにコ・ヨンチェを紹介した。
ヨンチェはイ・スジンがひょっとして自分を見てうっとうしがるかと思ってわざわざ隠れている状態であった。
だが、チャン・フンナムはヨンチェを呼んでイ・スジンに“君も知っている人”として自分の会社の新しいデザイナーを紹介した。

まだチャンフンナムに未練があるイ・スジンはヨンチェを見るやいなや怒った。
“私たちが誰のために絡まり始めたが。 ひょっとして二人このようになること明らかに分かりながらその間演技したのか”として頑として大声を張り上げた。

チャン・フンナムより慌てたヨンチェは彼女を止めて“私がみな解明する”と話したがかえってイ・スジンの怒りをさらに育てるだけだった。
結局チャン・フンナムは“私がなぜ君に解明をしなければならないのか。 このような形で行動すれば今後一緒に仕事をすること考えてみなければならない”として厳しい忠告をした。

これに対しイ・スジンはやはり“私もこのこと解明しなくてはいけない”として脅したしこれでチャン・フンナム、イ・スジン、故映彩三人の三角関係が始まってしまった。

2013052623594547_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒは子供の父であるイ・ボムソと連絡をして過ごすという人を探していった。
そして“息子を探そうとする。 必ずお願いする”として切なる理由を話してイ・ボムソを探すことをお願いした。

要請を受けたイ・ボムソの友人は彼女の切なる理由に自らうわさをたよりに捜してイ・ボムソの連絡先を捜し出した。
そしてユン・ポクヒにちょうど知らせようとしていた屋先、チェ・ウンオクに電話がかかってきた。
彼女は“理由は後ほど説明するから、絶対教えるな。
ボムソとユン・ポクヒが会うようになれば君に責任を問う”として釘をさした。

チェ・ウンオクとも友人間である彼は結局ユン・ポクヒを冷遇してしまった。
ユン・ポクヒは子供の父であるイボムソを探して息子の行方を尋ねようとしていて蹴られたが、チェ・ウンオクに再び詰まってしまったのだ。
すでにイボムソと離婚して、彼らの子供も拾い子に送ったというチェ・ウンオクがなぜこのようにこれら出会いを防いで立つのか、ひょっとして他の理由があることなのか気がかりなことをかもし出している。

2013052700022870_1_rstarrsm.jpg

チャン・フンナムの事務室を探したイ・スジンはコ・ヨンチェを発見して驚きに耐えなかった。
彼女はコ・ヨンチェがチャン・フンナムの会社の新しいデザイナーで仕事をするという言葉に“私たちが誰のためにこのようになったが。 初めから演技したのか”として卑劣な言葉を一度に注いだ。

以後ヨンチェが家がほろびて本当にお金が必要で仕事をすることになったとのことを知るようになるとすぐにイ・スジンは謝罪をするとしながら再びヨンチェに会った。
そして“フンナム氏の会社よりはるかにビジョンあって待遇も良いところだ”として自身が直接用意した働き口を差し出した。

これに対し機嫌を損ねたヨンチェは“謝罪にはとても行き過ぎたこと違うか”として問い詰めたし、結局イ・スジンは“フンナム氏とまた会うことだ”として本心を表わした。 しかしヨンチェもまた侮れなかった。
そうにできないとして対応した彼女もまた“私その人が好きだ”として爆弾告白をしたこと。

三人が本格的な三角関係にさしかかった中で、ヨンチェの告白がどんな波紋を呼び起こすのか成り行きが注目される。

2013052700051314_1_rstarrsm.jpg

オ・タジョンは立ち上がって夫婦同伴ゴルフ集いに共に行くといった。
だが、夫イ・ジャンホはビジネスの席なので秘書であるキム・ナンヒを連れていくとはっきり話した。
するとオ・タジョンはこれに対し負けなくて姑の前で夫浮気の話を取り出すようやめるよう脅迫までした。

オ・タジョンが本格的に刃物を取り出してやイ・ジャンホが少し動くことができなくなるとすぐに気が焦るのはキム・ナンヒであった。
彼女はチェ・ウンオクに“そちら側の会長様夫婦が難しいことで噂になっていちいちみな合わせて差し上げるべきなのに奥様が上手にできましょうか?”としてキツネのようにふるまって結局再び席を取り戻した。

単純にイ・ジャンホを‘愛して’というには、キム・ナンヒはあまりにも用意周到だった。
だが、暫くして彼女が本当に望むことが何か明らかになった。
キム・ナンヒは旅行服を準備させて“夫と旅行に行って着ることだが、豪華な身上あるか。 テウグループの中の人だ”と紹介したこと。

彼女が願っていたことは、イ・ジャンホでないイ・チョンアであった。
すなわち、テウグループの主人席であったこと.
キム・ナンヒの隠れた欲望が明らかになった中で、オ・タジョンの将来はより一層険しくなるものと見られる。

2013052700501242_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒは少しでもまともな精神状態が残っている間に、なくした息子を探さなければならなかった。
だからあちこちで息子を探すために努力する渦中にもきちんと病院治療を受けて増税を弱化させるのにも努力した。

だが、薄情にも彼女の症状はますます激しくなっていた。
朝早く出勤をするために服を探しに出てきた末っ子息子コ・ヨンジュンはびっくりするほかはなかった。
ママの携帯電話が広げて置いた洗濯らと共に洗濯紐にきちんと関わっていたこと。

コ・ヨンジュンは“携帯電話を水に落としたか?”としてたいしたことに渡したが洗濯機の中はさらに深刻だった。
洗濯をしておいても何日が過ぎるように取り出して干さなくて服がめちゃくちゃである状態であったこと。
コ・ヨンジュンの呼ぶことに走って来たユン・ポクヒは“私がこの程ではなかったが、どうするのか”としながらどうしていいか分からないといった。

ユン・ポクヒの痴呆症状がより一層激しくなっているなかで、息子を探そうとする彼の努力が光を放つことができるのか関心が集められている。

2013052700520510_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒはチェ・ウンオクが奪っていった息子を他の所に拾い子に送ったという事実を知って怒った。
その家でチェ・ウンオクが母と知って良く育ったことと考えたユン・ポクヒは目を皿にして再び子供を探すために孤軍奮闘した。

ユン・ポクヒが方向をかえたところは子供のお父さんであるイ・ボムソだった。
ユン・ポクヒと同居後 再びチェ・ウンオクと結婚生活をした彼だったので、息子の行方を知っていることと考えた。
だからユン・ポクヒはボムソの懇意な友人を訪ねて行って彼を世間の噂するに至った。

だが、ユン・ポクヒがもうイボムソを探すという事実を知ることになったチェ・ウンオクが再びこれを防いで立ったし、イボムソと息子ミンスを探そうとするユン・ポクヒの努力は水泡と消えるようだった。
ところで思いがけない仕事が広がった。 二人を敵にした張本人でありすべてのことの鍵を握っているイボムソがソウルにいた。

さらに放送末、これら三人が偶然な出会いを前置いている姿が描かれた。 ミンスの父であるイボムスがいよいよ登場した中で、劇の緊張感はより一層高まっている。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。