ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ16話

ワンダフルママ16話動画(中国サイト)

ワンダフルママ16話動画(中国サイト)

以下 記事です

2013060223535654_1_rstarrsm.jpg

イ・ボンソはユン・ポクヒと偶然に会ったが、かろうじて自分の存在を隠した。
チェ・ウンオクは、やはりユン・ポクヒが息子ミンスを探そうとイボンソまで探しているという事実を知ってすべての手段と方法を動員して彼に会えないように防いだ。

以後イボンソとチェ・ウンオクが会うようになった。 一時夫婦関係だったがもう敵関係のようにうなった。
チェ・ウンオクはユン・ポクヒに会うなと頼んだし、イ・ボンソからは冷たい表情で意味深長な話をした。
“あなたも苦しんだんだな。 このように必死に防ぐのを見るから。 もっとも私たち二人は、犯した罪を忘れずに生きるよ。 気楽に生きたとすれば人間ではない”といった。

するとチェ・ウンオクの口から思いがけない話が出た。 “私もミンスにあることを後悔している。 元に戻すことさえできるならば他の選択をしたことだ”としてユン・ポクヒの息子に何か大きい罪を犯したことを暗示したこと。 ユン・ポクヒが切迫した心情で息子をうわさをたよりに捜しているなかで、これらの間に隠されたまた他の真実がまもなくあらわれるようだ。

2013060223572058_1_rstarrsm.jpg

コ・ヨンチェは自分のためにチャン・フンナムを困らせているという事実を知ってわざわざそのために辞めた状態であった。
皆 新しいデザイナーを望むのにチャン・フンナム一人で自分に固執して会社が投資を受けるのにも困難ができたこと。

辞めるというヨンチェの話に大きく失望したチャン・フンナムは やむを得ずイ・スジンが紹介した能力ある新しいデザイナーとコルラボレイションをすることになった。
新しいデザイナーハン・セアは開始から“この水準で投資受けようとしたのか。 過去はみな捨てろ。 私がアップグレードさせる”として孤立無援将軍のように行動した。

しかしチャン・フンナムの会社の立場ではそのような彼女が唯一の希望であり太い綱だったのでどうする方法がなかった。
だから彼女がしようというとおり合わせたし、これでヨンチェの席は完全に消えてしまった。
帰ってくることもできない孤立することになったこと。

一方、この日ヨンチェは新しいデザイナーがきたにもかかわらずまた戻ろうと熱心に皆を残念にした。

2013060300003554_1_rstarrsm.jpg

望み通りチャンフンナムからコ・ヨンチェを奪ったイ・スジンは自分が連れてきた新しいデザイナーとともに食事の席を用意した。
だが、デザイナーはまもなく急な仕事があるとし席をはずしたし食事の席はチャン・フンナムと2人だけの時間になった。

すると徐々にイ・スジンの本心があらわれた。
ワインを続けざまに飲んだ彼女は“この音楽も、一緒にいるのもみなそのままだが再び戻ることはできないのか”として心を表わしたこと。
彼女は“私たち再び始めること、一度も考えてみたことないのか”として彼を揺さぶった。

だが、チャン・フンナムは“そのようなはずはない”として断固としてふるまったし、これらの出会いはこのまま終わるようだった。
ところで酒に酔ったイ・スジンは助けるチャンフンナムに抱かれてからだを密着させた。
そしてチャン・フンナムのの顔に唇を近く当てたし二人はそのようにキスまで続くようだった。

ところがこの時、チャン・フンナムの電話が鳴って、その時初めてチャン・フンナムは彼女を避けて二つの微妙な瞬間はそのまま終わった。
両者に変化はなかったが、イ・スジンがチャンフンナムをどんな気持ちで会っているのか如実にあらわれた瞬間だった。

2013060300035597_1_rstarrsm.jpg

チェ・ウンオクがイボンソに会ってユン・ポクヒに会うなと頼む間、ユン・ポクヒは自分の精神と担当医師であるホン・ユンジェに会っていた。
チェ・ウンオクとイボンソの対話で、チェ・ウンオクがユン・ポクヒの息子に大きな罪をしたことがあらわれた状態であった。

ユン・ポクヒはホン・ユンジェに自分の理由を打ち明けてチェ・ウンオクに対して尋ねた。
そうしている間ホンユンジェは幼い時からチェ・ウンオクに後援を受け入れたという事実を知ることになったし、ユン・ポクヒはもしやと思う心に彼に生年月日を尋ねた。
意外にもなくした息子ミンスと同じ年、同じ月だった。

引き続きユン・ポクヒは思索になって“今ご両親は、実の親なのか”と尋ねた。
するとホン・ユンジェは“産みの親だ。 私が息子であることのようでそうされるのか。 違う”として釘をさした。 チェ・ウンオクの息子イ・ジャンホやはりミンスでないと明らかになった中で、視聴者たちの関心を買っていたホン・ユンジェまで違ったこと。

チェ・ウンオクとユン・ポクヒの間にまた他の悪縁があったことが明らかになった中で、ユン・ポクヒの息子ミンスの存在は再び迷宮に陥ってしまった。

2013060300094339_1_rstarrsm.jpg

ヨンチェはチャン・フンナムのために仕事を止めた状況だった。
皆が反対するのにチャン・フンナム一人で彼女を支持する状況で投資を受けることまで困難ができると、すぐにヨンチェ自ら会社を離れることにした。
だがこれを知らないチャン・フンナムはヨンチェに大きく失望して有能な新しいデザイナーと手を握った。

ところで自ら仕事を止めたヨンチェは、華やかな服心が変わってしまった。
一人で胸焼けをするヨンチェの華やかな服の姿を見たユン・ポクヒが“私も36年前には私がその人からいなくなるのが彼に良いことだと思った。 ところが今見るとみな錯覚で失敗だった”と娘を応援した。

これに対し再び意志を燃やすことになったヨンチェは再び会社を訪ねて行って一番最初そうしたように清掃をしながらチャン・フンナムをむかえた。
だが、チャン・フンナムの反応は冷たかった。
さらに会社の人々は、やはりすでに新しいデザイナーを雇ったので彼女を受け入れるわけがなかった。

ヨンチェは“私が間違った。 一度だけ再び機会をください”として哀願したがチャン・フンナムは何一つ動じることはなくて彼女を追い出したし、ヨンチェの将来に今一度試練が吹き荒れていた。


だが、故映彩は後悔しないために愛する人のそばで彼を助け合うことで心を変えた。
そして自分を辞めさせるようにしたイ・スジンを訪ねて行って談判まで作って再びチャン・フンナムの会社に訪ねて行った。

しかしチャン・フンナムは冷淡なだけだった。 力でヨンチェを追い出すことさえした彼は一日中会社を離れることができなくて戦々恐々としたチョン・ユミに卑劣な言葉まで降り注いだ。
“私が世の中で一番嫌う人がすぐにあなたのような人だ”としてヨンチェに傷になる話をしたこと。

それに対しヨンチェは涙だけぽたぽた流すだけだったし、チャンフンナムを愛する彼女の将来に再び試練が近づくことになった。

2013060300300125_1_rstarrsm.jpg

イ・ボンスからはユン・ポクヒと偶然に会ったが かろうじて自身の存在を隠した。
チェ・ウンオクは、やはりユン・ポクヒが息子ミンスを探そうとイボンスまで探しているという事実を知ってすべての手段と方法を動員して彼に会えないように防いだ。

だが、息子ミンスを探さなければならないユン・ポクヒはどうにかイボンソに会ってミンスに対して尋ねなければならなかった。
彼女の心をよく分かる彼の秘書はユン・ポクヒの前で体を隠した人がイボンソだったとの事実を知って彼を尾行に家を知るのに成功した。

イ・ボンソの家の前に立ったユン・ポクヒは服身なりを整えて玄関のチャイムを押した。 “その人に会って必ず私たちのミンスを尋ねなければならない。 その人が知っていることだ”として気が焦った彼女であった。 だが、イ・ボンソは家になかったし待って疲れたユン・ポクヒはついに背を向けなければならなかった。

ちょうどイボンソが家に戻った状態であり、車まで戻ったユン・ポクヒは彼の気配を感じたのか再び背を向けて二つの再会を暗示した。
これでユン・ポクヒが過去の男に会って息子を探すことができるようになるのか関心が集められている。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。