ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 17話



ワンダフルママ17話動画(DM1)

ワンダフルママ17話動画(DM2)

ワンダフルママ17話動画(中国サイト)

ワンダフルママ17話動画(中国サイト)


以下 記事です

2013060900571811_1_rstarrsm.jpg

ユン・ポクヒは痴呆診断を受けて一日でもはやくイ・ボンソと産んだ息子ミンスを探さなければならなかった。
だからユン・ポクヒはイ・ボンソを噂をたより捜して彼の家まで訪ねて行った。
彼に息子ミンスに対して尋ねるためであった。

だが、イ・ボンスが現れず徒労になって戻ろうとしたところ、ちょうど帰宅して家に入ってきたイ・ボンソから電話がかかってきた。
彼の家を再び訪ねて行ったユン・ポクヒは結局イ・ボンソと30年余ぶりに再会することになった。

ボンソはユン・ポクヒの手を握って“私の犯した罪が多くてお前に会う面目がなかった”と涙を流し始めた。
そして“とても会いたかった。 夢の中ででも会って許しを乞いたかった”と謝罪したし自身と別れた後あまりにも苦労したユン・ポクヒの姿についに頭を下げたまま嗚咽しなければならなかった。

ユン・ポクヒは“あなたはミンスがどこにいるのか知っているだろう。 あなたはパパだから知っていなければならない”として促したし、迷ったイ・ボンソは“元気だ”と答えた。
“世間の噂で捜し出した。 とても良く過ごしている”ということ.
これに対しユン・ポクヒの顔には表情が明るくなったし、いよいよ息子に会うことができるという考えに心より喜んだ。

以後イ・ボンソは息子と会う約束を取ると話して彼女が息子と再会することができるように助けたし、ユン・ポクヒはいよいよ息子との出会いを目前に置くことになった。



2013060901200815_1_rstarrsm.jpg

自分のために困るようになったチャン・フンナムのために無責任に会社を辞めると言ったヨンチェであった。
だが、まもなくチャン・フンナムに対する自分の心を悟って大変でもそばで一緒に好む人を助けることに決心したヨンチェはまた戻った。

だからヨンチェは自分に大きく失望したチャン・フンナムの心を変えるために“このように情けなくてたいした事ない女ではチャン・フンナム氏と別れない”として真心を見せた。
さらに“能力あって責任感ある女に変身する”として熱意を見せたし まもなくチャン・フンナムの心も溶けてしまった。

徹夜をしたヨンチェにご飯まで食べさせたチャン・フンナムは彼女と並んで道を歩いて“上手にして必ず勝て”という応援まで惜しまなかった。
これに対し大きく喜んだヨンチェは瞬間 脚をつまずいて体が傾いた。
この時、チャン・フナムはあっという間に彼女を抱いて倒れないように助けた。

何ヶ月前同じ状況では彼女が倒れる姿を傍観だけした彼であった。
さらに彼女を抱いた瞬間チャン・フンナムはしばらくぼんやりしている表情でヨンチェを眺めたし、両者に本格的なラブラインが稼動し始めたことを知らせる信号弾が打ち上げられたもようだった。

2013060901574941_1_rstarrsm.jpg

キム・ナンヒのために疑妻症患者に集まる侮辱を受けたオ・タジョンは積極的に証拠を探すために出た。
イ・ジャンホの書斎を検索した彼女は財産税告知書を発見した。
彼女も知らないオフィステルに対することだった。

もしやと思う心にオフィステルを探して行ったオ・タジョンは郵便物を見てまもなくその家がキム・ナンヒが住んでいるところとだということを知った。
イ・ジャンホがキム・ナンヒにオフィステルを買ったこと。
さらに警備員を通じてイ・ジャンホがその家に出入りするという事実まで知るようになったオ・タジョンは怒った。

家に帰ってきたキム・ナンヒと向き合ったオ・タジョンはこれを問い質した。
しかしキム・ナンヒは“疑夫症で治療受けたいのか。 その場保全できなくなることだ”としてオ・タジョンの怒りを爆発させてしまった。
怒りをこらえることが出来なかった彼女は入っていたハンドバッグでキム・ナンヒの頭を二回も攻撃した。
視聴者たちの心まですがすがしくさせた痛快なある部屋だった。

オ・タジョンが過激になった中で、彼女に厳しく当てられたキム・ナンヒも侮れない反撃を加えることを見せる。

2013060902222919_1_rstarrsm.jpg

チャンフンナムに帰ってくることに決心したヨンチェは華やかな服心はぴったり一つであった。
堂々としていて素敵な女になってチャン・フンナムのそばで彼を助けたいということ。
だからヨンチェは努めてチャン・フンナムの心を変えるために努力したし、彼女の情熱にチャン・フンナムの心も動いていた。

この過程で目を引いたことは、何でもみな初めてだったヨンチェの純粋な魅力だった。
先立ってチャン・フンナムが彼女に用意するたびに“男にこうしたこと受けること初めてだ”として毎度涙を浮かべた彼女は今回も同じだった。

自主的に徹夜をするヨンチェが痛ましい心にチャン・フンナムは彼女にカムジャタンを買って自ら食べ物を減らした。
するとヨンチェは“このように暖かいカムジャタンは初めてだ”として再び涙ぐんだ。
もう彼女が涙ぐみさえすればチャン・フンナムは立ち上がって“なぜだよ、また、男がこうしたことすること初めてなのか?”として問い直した。

何でもみな初めてであったし、それでさらに熱情的だった彼女の純粋な魅力にチャン・フンナムの心が動いて二人の間にピンク光気流が漂っている。

2013060902361441_1_rstarrsm.jpg

ボンソはユン・ポクヒを愛して子供まで産んだがフィアンセ チェ・ウンオクに引きずられて行くように戻らなければならなかった人物だった。
以後チェ・ウンオクとも離婚することになったがユン・ポクヒとイ・ボンソは自分たちの子供まで奪われたまま一生お互いを懐かしがらなければならなかった。

そうしている間ユン・ポクヒの努力おかげで二人はいよいよ再会することになった。
イ・ボンソは“夢の中ででも会って許しを乞いたかった”として彼女に対する切ないということを表わした。
以後ユン・ポクヒは非常に浮き立った姿で子供たちに対した。

だから三兄弟姉妹は“ママ何か良いことあるのか。 そのまま見ると化粧もきれいにして柄と色合良い服も着た”としていぶかしいといった。
理由はイボンソであった。 この日二人は共に息子贈り物を選ぶために共にデパートに出た。

だが、イ・ボンソの目にはすべてユン・ポクヒだけであったし、服まで買うとして直接選ぶキメ細かさを見えた。
“プレゼントする私が気に入らなければならない”愛情のこもった話もはばからなかった。
36年ぶりに再会した恋人のロマンスであった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。