ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ18話

ワンダフルママ18話の動画です。

ほのぼのした家族ドラマのはずが・・・・どんどん激しくなるストーリー
この人も
13061001.jpg

この人も
13061002.jpg

性格かわってってるようで・・・・(T_T)オットケ-

タジョンめっちゃ強くなってて、これじゃぁヨンスもタジタジやで~


ワンダフルママ18話動画(DM1)

ワンダフルママ18話動画(DM2)

ワンダフルママ18話動画(中国サイト)

ワンダフルママ18話動画(中国サイト)

以下 記事です

2013060923435432_1_rstarrsm.jpg

チャン・フンナムは会社が危機に陥るとすぐにイ・スジンが推薦したデザイナーと手を握るほかはない状況だった。
ところが辞めるというコ・ヨンチェがまた戻るとすぐに状況が変わった。
新しいデザイナーハン・セナとコ・ヨンチェが正当な競争を行ってデザイナー席を占めることにしたこと。

だからイ・スジンの要請でやむを得ず仕事に参加したハン・セナは中が気楽なはずがなかった。
彼女は競合ルールを決める会議でヨンチェに“行ってコーヒー一杯だけ買ってこい。 私はカフェインカフェラテに低脂肪牛乳、グランド サイズで”としてコーヒーの使いをさせた。

何でも熱心にすると念を押したヨンチェはただ笑って行ってくると席から立ち上がった。
ところがこの時、チャン・フンナムの怒号が続いた。
“今ルール決めているが競合するデザイナーが席を外せばどうするのか”と大声を張り上げてそれとなくセナを責め立てた。
名が知られたデザイナーであるセナがひどく被害を蒙ってしまったことだった。

チャン・フンナムはセナに面と向かって非難してヨンチェをかばった一方、この席にいたイ・スジンは嫉妬心に燃え上がってしまった。

2013060923535181_1_rstarrsm.jpg

イ・ボンソとユン・ポクヒは息子ミンスのためにデパートで服を選ぶ最中だった。
イ・ボンソが息子ミンスに会えるようにすると約束するとすぐに調子にのったユン・ポクヒが息子に与えるプレゼントを買うことにしたこと。
ところでイ・ボンソがチェ・ウンオクとの娘イ・スジンと会った間ユン・ポクヒが消えてしまった。

急にイ・ボンソに付いて行ったユン・ポクヒは複雑なデパートで瞬間パニック状態になったし、痴呆症状が勃発して道に迷ったこと。
だからボンソはデパート案内放送までしたし一歩遅れて非常階段で震えているユン・ポクヒを発見することができた。

倒れる直前であるユン・ポクヒをデパート医務室に連れていったボンソは思いがけない話を聞いた。
医師が“精神に問題があるとみられるから病院に連れていけ”と助言したこと。
驚いたボンソはユン・ポクヒの随行秘書に真実を尋ねたし、秘書は“初老期アルツハイマーを診断受けた”として事実を吐露した。

痴呆のために一日でもはやく息子を探したかったユン・ポクヒのすべての事情を知るようになったイ・ボンソが息子との再会を成し遂げるようにすることなのか期待が集められている。



2013061000044871_1_rstarrsm.jpg

コ・ヨンチェは一緒に競合をすることにした新しいデザイナーハン・セナにコーヒーお使いを受けた。
ハン・セナは自分より経歴が低いコ・ヨンチェを無視してカードまで預けてコーヒーを買ってこいと注文したし、チャン・フンナムは立ち上がってこれを止めるほどであった。

だが、セナはかえってチャン・フンナムの態度に大きく怒った。
“いくら水準が低くても私のようなデザイナーにこのように待遇するのか”として怒った彼女はすべてのことを撤回して背を向けてしまった。
これに対し罪悪感を感じたヨンチェは彼女が願ったコーヒーを買って持ってセナを訪ねて行って謝罪した。

だが、セナはかえって“あなたのような子は厳しくあってみなければならない”としてより大きい侮辱を与えたし、もめごとを行ってヨンチェがコーヒーをこぼすとすぐに暴力までしようとした。
この時、チャン・フンナムが現れて彼女を防いで立った。

チャン・フンナムはイ・スジンの前で“あんな人とは仕事しない”としてヨンチェを連れて出て行った。
彼の事業を思うままにするイ・スジンを困らせてヨンチェをかばったこと。
チャン・フンナムは会社の損害を甘受してヨンチェを選択した中で、二つのラブラインが本格的な街道に上がることになるようだ。

2013061000163915_1_rstarrsm.jpg


チェ・ウンオクは会うようにする人がいるとしイ・スジンとイ・ジャンホを呼んだ。
子供たちにパパに会わせるようにしようとするということだった。
イボンソにも子供たちにも話さない突然の出会い斡旋だったが、チェ・ウンオクはイボンソを許して堂々としたパパで作るつもりだった。

だから彼女はイ・スジンとイ・ジャンホにボンソの話を取り出して“ママとパパがこのようになったことはママの誤りが大きい。 なのでもうそろそろパパを許しなさい”として子供たちを軽く叩いた。
ところでこの時、イ・スジンが怒りに充ちた状態で思いがけない話をした。
“パパは来ない。 今他の女といる。 ミンスママだ”として語ったこと。

イ・スジンはユン・ポクヒとともにいるイボンソに会ったし、パパが過去の女に戻ったと考えてこのような話をした。
イ・スジンは“ママも もうそろそろ未練捨てて片思いちょっとやめたら”として一針をした。
イボンソと再結合を考えたチェ・ウンオクには大きい衝撃にならざるをえなかった。

チェ・ウンオクはイボンソを訪ねて行ってユン・ポクヒと会っている場面を目撃したし再び捨てられたと考えた。
大きく怒ったチェ・ウンオクはイ・ボンソを訪ねてきて“あなたはすべての荷物を下ろす最後の機会をのがした”と冷たく話した。
するとボンソはびっくりして“ミンスでなく また他の何があるのか。 私が知らない何かがさらにあるのか”として彼女を促したがチェ・ウンオクは“最後の機会は終わった”として背を向けるだけだった。

ユン・ポクヒ-ボンソ-チェ・ウンオク三人にイ・ボンソとユン・ポクヒは知らないチェ・ウンオクだけのまた他の秘密が暗示された中で、三人の関係はより大きい葛藤を控えることになった。
また、この秘密がからまった三人関係の糸口になるものと見られる。
傷受けたチェ・ウンオクが悪女に変わって大きい葛藤を呼びおこすことになることだと暗示した瞬間だった。

2013061000292038_1_rstarrsm.jpg

イ・ジャンホがキム・ナンヒにオフィステルまで買って家を出入りして新婚夫婦のような振舞いをしたという事実を知ることになったオ・タジョンはヨンスの助けを受けてイ・ジャンホを責め立てた。

オ・タジョンはキム・ナンヒが話す内容を録音までして差し出したしイ・ジャンホはこれ以上言い逃れることもできなかった。
以後オ・タジョンは二人の関係を完全に終わらせておくために数を使った。
オ・タジョンの口をふさごうとイ・ジャンホが彼女を呼び出すとすぐにイ・ジャンホに内緒でキム・ナンヒまで呼んだこと。

イ・ジャンホが“その女は私の何でもない”として許しを乞うとすぐにオ・タジョンは“キム・ナンヒの前でもそのようにしてみなさい”としてキム・ナンヒを対面させた。
そして“解雇だと話しなさい”として促したしイ・ジャンホとキム・ナンヒは袋のネズミになっててんてこ舞しなければならなかった。

以後オ・タジョンは依然として図々しいキム・ナンヒに水までばら撒いて外に出てきたし、イ・ジャンホはそのようなオ・タジョンを待っていた。
そしてその時始めて嗚咽するオ・タジョンを抱いて“タジョン、ジウママ. すまない”として謝ってまた謝らなければならなかった。
その間オ・タジョンを無視するばかりだったイ・ジャンホが彼女に完全に屈服されたもようだった。

キム・ナンヒとの戦いでオ・タジョンが完勝をおさめた中で、窮地に追い込まれたイ・ジャンホがどんな選択をするのか関心が集められている。

Comment

予告 見ましたよ~

ホームドラマサスペンス ((((;゜Д゜)))
  • 2013/06/11 22:57
  • ふじてる
  • URL
そーなのよ!
視聴率の為とはいえ・・・そこまでするか?的な・・・

あの秘書さんも 可愛そうな運命www

はたして・・・本当に? 恐~~~~(@_@;)
  • 2013/06/12 21:38
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。