ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 27話

ワンダフルママ 27話です。

ワンダフルママ27話動画(DM1)

ワンダフルママ27話動画(DM2)

ワンダフルママ27話動画(中国サイト)


以下 関連記事です。

2013071402083338_1_rstarkys.jpg

ヨンチェ,ヨンス,ヨンジュン三姉弟は全て失ったと思ったポクヒの財産が、そのままあるという事実を知ることになった。

三姉弟はポクヒは投資したことがないという事実を知ることになったしポクヒのカバンの中にある資産の名義をファン会長に委託するという信託書を発見した。
全部失ったと思った財産がそのままあることを知るようになった三姉弟はポクヒになぜそうしたのかと問い詰めた。

ポクヒは若い時期に夫を失って、一人で3人の子供を育てるため、自ら社債業界の大きい損失になったがめついママであった。

だが、子供たちに物質的に豊かだということだけを与えたために三姉弟は分別ないカンガルー族で育った。
ところでポクヒがアルツハイマー初期判定を受けながら自信がなければより一層壊れる子供たちが心配で偽装破産という多少極端な教育方法を選択した。

これに対しママの金を使うのを楽しみを知って自立心育たなかったカンガルー族三姉弟ヨンチェ、ヨンス、ヨンジュンは一日で家がすっかりほろびて距離に追われた身分になった。
三姉弟は180度変わった周辺状況の中で各種アルバイトをしながら少しずつ自ら世の中とあたる方法を体得していき始めた。
そのように三姉弟の蓋果天仙のためのポクヒの作戦がある程度光を放っていきつつあった蹴られた。

だが、三姉弟はポクヒになぜそうしたかと責め立てて“ひょっとしてお金が惜しくてそうしたのか”というさびしい話をしてポクヒの期待をした部屋に押し倒した。
ポクヒは米国の上手く行くいった相続者の25年後の話を取り出して“君たちを分別がつくようにするためだった”と話した。

一方、ポクヒの破産事実が偽りだと明らかになって少しの間だけでも分別がついたと考えた三姉弟の奇想天外な要求をし始めながら少しずつアルツハイマー症状を見せているがむしゃらママと背中の姿ブレーカー三兄妹間に避けられない正面対決が予告された。

2013071402151177_1_rstarkys.jpg

憎しみの情が優しい気持ちになって恋人関係に発展することになったヨンチェとフンナッムが甘いキスシーンをリリースした。

フンナムは兄キナムにヨンチェに対する話を取り出したし、自信がなくてはいけない人のようだと話すと同時にヨンチェのお母さんが社債業界の大きいやり手だという話を伝えた。

気に乗なることは その部分に対して弟が再び傷つかないだろうか心配がったしフンナムが良い人のようだとし彼の心配を引き止めた。

一方、ポクヒの財産が破産されないで全部そのままあることを知るようになったヨンチェはうれしい心に散歩していたフンナムを探した。
ヨンチェはフンナムを抱いて“うれしい便りは分ければ喜びが二倍になるといわなかったのか。 たった今とても良い消息を聞いて社長思い出した”と話した。

フンナムはヨンチェに自身に隠すことなしで全部話したら良いという意を伝えたしヨンチェはフンナムにとても家族に対する話は取り出せずにいた。
だが、ヨンチェはもうそのような必要がなくなったとし幸せになった。

ヨンチェはフンナムに週末に家にくれば話すとしてポクヒもまたフンナムをとても気に入ってすることだと自信を持った。
フンナムはそのようなヨンチェをひそやかに眺めて口を合わせた。

2013071402252018_1_rstarkys.jpg

チャンホがヤジョンを探して離婚を要求して慰謝料で2億を与えると話した。

チャンホはお母さんウンオクによりタジョンがヨンスと不倫を犯したしチャンホとナンヒの不倫も事実でないタジョンの疑夫症のせいだとひっくり返して突然に不倫に疑夫症まで持つ最悪の妻だと作った。

チャンホはタジョンを探して息子ジウを家に送るとし皮肉ったしタジョンは人間ゴミが生きる家に送ることができないとし自身の首に刃物が入ってきても送れないと戻れと話した。

その時、チャンホがタジョンに“2億を与える”と話したしこれは専業主婦の年俸が最大2500万ウォンという全くでたらめな話を取り出して7年を一緒に住んだので2億 7500万ウォンだが2億で打つとして自身のあきれる計算法を出した。

タジョンは“7年の間あなたのコンパニオンとして生きた値段ということか”としてあきれたしチャンホは疑夫症と子供育てる状況が良くないという証拠まで全部確保したとし再び皮肉った。

コップをぎゅっと握ったまま必死で怒りを鎮めたタジョンは“私の人生で一番悔やまれるのはあなたのようなゴミと結婚したとのことで一番上手にしたことは離婚すること”としながら汚らしく低質見せ掛けの形働かせるなと警告した。

一方、ヨンスはポクヒの財産が皆そのままいることを知るようになってもう一度再起のために事業計画書を作成する姿を見せてがむしゃらママ ポクヒとまた他の葛藤の開始を予告した。

2013071403474371_1_rstarkys.jpg

ウンオクがナンヒを利用してタジョンから息子ジウを連れていく姿が放送された。

チャンホはタジョンに話す言葉があるとし呼び出したしタジョンはヨンスに幼稚園にいるジウを連れてきてほしいとお願いした。
その間ウンオクとナンヒはジウがいる幼稚園を探した。

先生の手に引きずられて出たジウはウンオクとナンヒを見るとすぐにおじけづいたしナンヒはジウに自分を覚えているかとパパがジウを連れてこいと言ったと熱心に親切なように手を差し出した。
だが消すナンヒの手をとても冷酷に断って先生の後に隠れた。

だが、ウンオクがかたい顔でどこで習ったクセかと大声を張り上げたし普段からおばあさんを怖がったジウは結局ナンヒの手に引きずられて幼稚園を出るほかはなかった。

一緒にウンオクは幼稚園先生に“今後ジウのママは我が家とは何の関係ない人だから絶対子供を与えるな”としてもしこれを破る時幼稚園の門を閉めるようにすると脅した。

その時、ジウを連れに幼稚園に来たヨンスがジウを連れて行くナンヒを発見したしこれを阻止するために車を止めようとしたが失敗した。 ヨンスはタジョンに大変なことになったとしこの事実を知らせた。

2013071403544712_1_rstarkys.jpg

コ・ヨンジュンがチャン・コウンと学校に復学申請をしながら初めて会う場面が伝えられた。

コ・ヨンジュンは分別がないカンガルー族3姉弟の末っ子だ。
学校の鐘の音より江南(カンナム)クラブにゴールデンベルをさらに多く鳴った彼はユン・ポクヒの偽装破産後あれこれアルバイトを始めるがいつも事故ばかり引き起こすことが常な世間知らず中の世間知らず.

反面チャン・コウンはチャン・フンナムの姪で幼い時から障害があるパパ キナムをからかった子供たちを力で制圧する孝心深くて義侠心多くの一人娘だ。
ご両親の荷を減らそうと休学をして寝てもさめてもアルバイトをしている。
だから彼女はいつかは短いショートカットの腕白小僧のような印象を所有している。

コ・ヨンジュンはユン・ポクヒをうれしくすることが何があるだろうか悩んでいた途中学校に戻ることに決心した。
学生ぐらい遊んで食べる気楽な職業がないと判断したこと。
チャン・コウンはやはり少し良くなった状態のおかげで学校に復学することができたし二人は偶然に学校学的課で会うことになった。

復学申込書を書くためにペンを探したコ・ヨンジュンはペンを借りようとそばで同じ申込書を作成したコウンに話しかけたしこの過程で彼は彼女を“お兄さん”と呼んだ。
短いショートカットの頭にカジュアルな服装を着たコウンを見て男だと勘違いしたこと。

ヨンジュンにお兄さんをいう声を聞いてあきれる表情を浮かべたコウンは彼にペンを与えて後も見て回らないで学的課を出た。

その時、ヨンジュンはコウンがミスで置いて行った携帯電話を自身の携帯電話だと勘違いして持って帰ったし、携帯電話を切なく探したユン・ポクヒが電話をかけた。
ヨンジュンはさっき昼間にお兄さんだと呼んだ人とし身分を明らかにした。

一方、劇の末で違ってもとても他の二人が携帯電話を返してもらうためにまた会うことになることだと予告したし‘ワンダフル ママ’でもう一つの荒っぽいカップルが誕生することができるか視聴者たちの関心を集めた。

2013071405331098_1_rstarkys.jpg

タジョンが息子ジウを一方的に連れていったナンヒと対立する姿を見せた。

タジョンは しばらくチャンホと話を交わしている間、息子ジウが幼稚園で姑ウンオクとナンヒによってチャンホの家に行くことになったとのことを知るようになったし大きく怒った。

結局タジョンはヨンスとともにチャンホの家を探したしナンヒとジウが二人だけ食事している姿を目撃した。
ナンヒはご飯を食べないというジウにタジョンの虚しいことを話して追い立ててたてた。

ナンヒはジウにもうママと一緒に住めないと促した。
おびえたジウは“もうママが自分を探しにこないのか”と尋ねたしナンヒは当然だとし冷酷に話した。

この姿を見守ったタジョンは“あなたの顔が厚いことは知っていたが想像を超えるようでそ どれくらいこらえたか”として怒ったしナンヒは奥様からオ・タジョン氏で呼称を変えて皮肉った。

タジョンは“私その場未練なしに捨てるからあなたが持って”と叫んだしタジョンが息子を連れて行こうとするとナンヒが“子の前で醜い姿当てられたくなければおとなしく一人で行け“とし これを防いだ。

これに対しタジョンはナンヒを取り払ってカバンで痛快な一発を飛ばしたしナンヒはタジョンの髪の毛をを捉えた。
タジョンはやはり負けなくて一緒に髪の毛を捉えて肉弾戦対立の劇を達した。
その時、タジョンがこの前階段で転がり落ちてケガしたナンヒの脚を足でけったし結局ナンヒはそのまま投げ飛ばした。

タジョンは“女は弱くても母は強いのよ。あなたが、この前階段で転がる時軟骨破裂したって。 その脚で歩きたければ私の子に関わるな”と隠した毒気を発散した。
これ以上チャンホの人々によって言いなりにならないという意志を表明したのだ。

2013071405454934_1_rstarkys.jpg

タジョンはヨンスとともにチャンホの家を探したし単独でナンヒとの肉弾戦を終えてジウを無事に連れて出ることができた。 だが、難関はここで終わりではなかった。

タジョンとジウが共にエレベーターに乗った時同じぐらいに ウンオクとチャンホが帰宅して 会うことになるかもしれない状況に置かれたこと。
車の中でタジョンを待っていたヨンスはウンオクとチャンホが家に入ろうとする姿を目撃したし急いでタジョンに電話をかけた。

だが、タジョンはナンヒと肉弾戦を行った状態であった。
まだ驚いた心が落ち着かなくて電話のベル声を聞くことができなかった。
その時息子のジウが電話のベルが鳴っていると知らせた。
ヨンスは1階にウンオクとチャンホがいることを知らせたしタジョンが乗ったエレベーターが1階に至る頃ウンオクとチャンホも1階に立った。 手に汗を握るきわどい状況が繰り広げられた。

ヨンスはウンオクとチャンホをこっそりと後から見守って足をばたばたさせた。
もし彼らがタジョンとヨンスの間を言葉尻捉えるかむやみに出ることもできない状況だった。

エレベーターが到着したしドアが開いた。 だが、その中にタジョンとジウはいなかった。
ウンオクとチャンホがエレベーターに上がってしまってからタジョンとジウは1階非常口ドアを開けて出てきた。 タジョンが機転を発揮して2階に降りて歩いて降りてきたこと。
きわどい瞬間の中でジウを連れて出るのに成功した。

ウンオクはタジョンがジウを連れていったという事実を知ってナンヒに大きく怒ったしナンヒは自身を慰めるチャンホにこれ以上こうしたことで苦しめられたくないとし席を離れた。

一方、ポクヒの財産が破産されてなかったことを知るようになったヨンスはこれをタジョンに知らせてその間作った借りを返すぞと大きい大声を張り上げた。
だが、ポクヒは三姉弟が分別がつく時まで今の状況を抜け出す意向がないということを知らせて葛藤の開始を予告した。

2013071405395037_1_rstarkys.jpg

ウンオクが会社エンジェルファンドの受恵者が娘の過去のボーイフレンドであるフンナムという事実を知って怒って投資を取り消す姿が描かれた。

ウンオクは会社で誰かとうれしく語るユンジェを発見したし誰と話を交わしたかと尋ねた。
ユンジェはフンナムの話をしながらこちらで投資を受けることにしたという話を言い出した。

過去ウンオクはフンナムと自身の娘スジンを別れるようにするためにキナムを呼び出した。
フンナムはウンオクがキナムにお金をあげて色々な侮辱を与えたという事実を知って大きく怒って結婚を決心するほど愛したスジンに離別を通知したことがある。

もうスジンに会わないと約束した彼がスジンが進めてきたエンジェルファンドの1代受恵者で現れたのだ。
スジンは兄弟アパレルがフンナムの会社という事を隠してウンオクに投資承認を受けようとした。

ウンオクは“我が社エンジェルファンド1次受恵者がチャン・フンナム君か”と尋ねたしフンナムは“合うが堂々と私の実力で別のもの”と話した。 しかしウンオクはフンナムの頭を本で打ち下ろして叱責した。 ウンオクはフンナムが娘スジンを利用して投資を勝ち取ったしいまだに出会いを継続していると誤解したのだ。

引き続きウンオクはフンナムがスジンとの離別を宣言して出て行く時 もうスジンに会わないといったのを言及して“一口で二話す人に私のお金与えることはできない”と投資をなかったことにすることを示唆した。 だが、フンナムは“今回の投資撤回する理由が単にそれか”として受け入れることができないという意を持ち出した。

一方、これを残念に見守ったヨンチェがポクヒに訪ねて行ってこれ以上フンナムが痛いのを見たくないとしフンナムの危機を助けることができるお金5億を求めて要求してまた他の葛藤が始まることを予告した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。