ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 28話

ワンダフルママ 28話です。


ワンダフルママ28話動画(DM1)

ワンダフルママ28話動画(DM2)

ワンダフルママ28話動画(中国サイト)


以下 関連記事

20130714_1373805346_76436600_1.jpg

フンナムは、紆余曲折の末エンジェルファンド投資金を誘致するのに成功したが、本来理事長であるウンオクが投資をひっくり返してしまって不発になった。
これに対しフンナムはウンオクの前に膝まで折ったが効果がなかった。

フンナムはその姿を見てこっそりと泣くヨンチェに“申し訳ない。 愛する人にはすてきな姿だけ見せたいんだけど。 本当にみっともないが、争ってみるつもりだ。 お金が利己なのか 私が利己なのか 最後まで争ってみるよ。”と自信を表わした。

引き続き彼はヨンチェに泣かずに必ず自分のそばにいろとし“それでこそ私が約束した名品バック100個買うだろう。”と話した。
今は難しいがヨンチェと未来を共にしたいという確固たる心を表わした。
川に向かって“チャン・フンナム 大丈夫。 このそれしきのこと何でもない。
兄がいて兄嫁がいて愛する女がいて できないことなどない。 うまくいく。”と叫んだ。
これに対しヨンチェはフンナムを後ろからハグで慰めて愛を表わした。

2013071502083359_1_rstarkys.jpg

ヨンスとヨンジュンがポクヒから各自事業支援金と学費を受けるために孤軍奮闘する姿が描かれた。

ポクヒは病院でファン会長に聞いた遺産相続に対する警告を思い出させてそれでも三姉弟が少しは変わったことだと期待した。

その時ヨンスが入ってきてその間自分が構想してきた英語幼稚園事業計画書をポクヒに差し出したしポクヒは再び事業開始かと顔をしかめた。
これに対しヨンスは過去と大いに変わったとし“ジウを教えながらノウハウもできたしその間経済観念もできた。 本当に熱心にする自信がある”とポクヒを説得した。

ポクヒはその間の苦労が無駄ではなかったとしがんばってみろと励ました。
そばにあったヨンジュンもまた、復学申込書を差し出したしその間アルバイトしながら学校行く子供たちがうらやましかったとし登録料支援を要求した。
これに対しユン・ポクヒは登録料金額と復学日に対して尋ねたしヨンジュンは“500万ウォン程度で二ヶ月残った”と答えて高い期待感を現わした。

ポクヒの肯定的な反応に兄弟の顔に表情が明るくなった。
だが、ポクヒはすぐ冷静な態度で戻ってきた。 ヨンジュンに“足りない二ヶ月、アルバイトを熱心にすればいい”として兄弟の幸せな雰囲気に冷水を浴びせた。

それが何の意味かと問い直すヨンジュンに“おまえたちが分別がつくまで、以前と変わるつもりはないと言わなかったか”と答えた。
これに対し兄弟はもう変化したし気を引き締めたと話すとすぐに“分別がついたとすれば虎視耽々ママのお金を狙いはしないだろう”と応酬し二人の息子を慌てるようにした。

ポクヒは疲れるとし二人の息子を部屋の外で追い出したし部屋を出たヨンスとヨンジュンはポクヒが自分たちの実の母ではないのが明らかだとしポクヒの冷静な態度に対してさびしいといった。

2013071502263030_1_rstarkys.jpg

フンナムを助けるために涙で訴えるヨンチェの姿が描かれた。

フンナムはスジンの会社から投資を支援受けることにしたがウンオクにより撤回された状況.
ヨンチェはこれによって資金危機を迎えた後 フンナムを見て心痛めたしポクヒに金を借してほしいと涙で訴えた。

ポクヒはまだ分別があまりつかなかったヨンスとヨンジュンの要求のために気に障ったが
ヨンチェだけは変わったと信じていた。
だが、再びヨンチェが以前と同じ要請を繰り返す姿を見ていきなり怒って大きく失望した。

ヨンチェは自分が使うのではなく会社に投資することだと、会社が期待していた投資がひっくり返ったと事情を説明した。
これに対しポクヒは会社のことをなぜおまえが防ぐのかと追い立ててたてたし すぐ涙を流すヨンチェを見て当惑するといった。
その時突然フンナムを思い出させたしひょっとしてその男のためにお金をくれと言うことかと尋ねた。

これに対しヨンチェは“その人を愛している。 昨日その人が膝も折った。 その人が大変なことで見られない。 無料で借りてくれと言う事でなく金を儲けて必ず返すことが一度だけ助けて”と手を集めて祈って丁寧に哀願した。

ポクヒはヨンチェが可哀相でありながらもファン会長の話を思い出させたし再び冷静に気を引き締めた。
“それでそいつが5億万引きつけてこいとお願いしたの。 いったい今回が何回目か。
どのように会う奴ごとにみなその形か”として舌を打った。

ヨンチェはフンナムは優しくて誠実な人とし肩を持ったし彼はこの事実を知らずに一人でお願いしたことだと話したがポクヒはこれを握りつぶした。
そして“その男が分からないとはうまくいった”として“ここで終わらせよう”と断固として拒絶意思を明らかにした。

一方、罪悪感に苦しめられたスジンがフンナムの家を探しながら会社に下されるはずだった仕事が投資家撤回されたことをキナムが知るようになった。

20130714_1373806826_27686800_1.jpg

ナンヒはチャンホの秘書で彼と内縁関係を受け継いできていた。
チャンホはタジョンと離婚をして彼女と結婚をすると思ったが、ナンヒはまた他の計略を整えていた。
そのような事実を全く知らないままチャンホはナンヒに自身の息子をよく育てることができるのかと尋ねた。

彼は“ジウを連れてくれば私の子のようによく育てる自信があるだろう?”と尋ねたし
彼女は“そのような声割拠ならばここで止めよう。 さびしい。”と冷たい反応を見せた。
当惑するチャンホに彼女は“ジウを一度も他人だと考えたことない。 代表様を愛した瞬間その分身までも愛することに決心した。”と甘い話で彼をだました。

これに対しチャンホは“キム室長なぜ今や現れたよ。 ありがとう。”として感動した表情になった。
しかし彼のふところに抱かれたナンヒはあざ笑いに充ちた表情を浮かべて今後近づく波乱を予告した。

1373820479_540176.jpg

オ・タジョンは自身が運営中であるチキン店で仕事をして息子イ・ジウが“僕はもう幼稚園行かないのか。 パパが連れていくかと思ってそうするのか。 僕も恐かった。 あのおばさんとても恐い”という話にふと家庭調査官の訪問のことを思い出して直ちにヨンスに電話してその事実を知らせた。

だが、一歩遅かった。
家庭調査官はヨンスが電話を受けたその瞬間に到着していてとりわけさらに汚らしくなっている家の姿を観察した。
その上イ・ジウがオ・タジョンがたった今揚げたチキンに手で触って火傷をする危機に置かれた瞬間、店を訪問して状況はさらに悪化した。

イ・ジャンホは先立ってやけくそになったオ・タジョンの姿を回想して首を横に振る一方 
自身に有利に戻る状況に微笑を浮かべるとみられた。
オ・タジョンは“ジウを絶対送ることはできない”として弁護士に訴えた。

これに対しヨンスは“家をよく片づけておかなければならなかったのに申し訳ない。 間違ったので泣くな”として彼女を慰めたしオ・タジョンは彼に“ジウを奪われない良い方法を考えて”と哀願した。

2013071504562476_1_rstarkys.jpg

ウンオクにより投資が撤回されながら資金難に陥った後は残ったお金を求めるために一人で東奔西走したが状況が不如意だった。
この姿をそっくり見守ったヨンチェは一人で苦しがるフンナムが残念だったし結局ポクヒにお金5億ウォンを要求した状況.

ポクヒの破産事実が偽りと明らかになりながら背筋ブレーカー三姉弟のあきれる要求が続いた。
そのうちの最も信じたヨンチェが資金難に陥って大変がるフンナムを静かに見守ることができないとしお金5億ウォンを求めて涙で訴えるとすぐにポクヒは失望に耐えなかった。

ポクヒはいつも男に物質的に与えるのみだったヨンチェの過去の恋人たちを話して一刀のもとに断ったしフンナムはやはりそのような男の中の一つだけであるとクギを受けた。

だが、ポクヒは、やはりヨンチェの涙を見て心が楽ではなかったしファン会長を訪ねて行ってどのようにすれば良いかと相談を受けた。
ファン会長は自身の過去の話を取り出してそのように一銭二分与えて計画を亡ぼすことができると話したしポクヒはこの話を再確認してもう一度決心を固めた。

しかしフンナムとの愛がますます深くなって大変がる彼を見て何もすることはできない自分を自ら叱責したヨンチェは今一度ママ ポクヒと談判をする決心をした。

ヨンチェは家に到着するやいなやポクヒに座れと脅しをかけたしポクヒの前に薬を取り出しておいた。 そして状況を知らながるポクヒに“選択してママ. 娘なの? お金なの?”と尋ねた。 どうにかフンナムを助けるためにママ ポクヒに最後の選択をしろと責め立てたこと。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。