ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 30話

なんだかんだで 30話まできちゃった ワンダフルママ。
やっとこ ヨンスにラブラインの予感!といってもホントに予感だけww
この先 ちゃんと 恋は芽生えるのだろうか・・・?

そして、メインのヨンチェ&フンナム。
超順調で 毎週ラブラブだったのに ここにきて 無理矢理な展開で(笑)障害発生。

なんだかなぁ~な 内容です。^^;

ワンダフルママ30話(DM1)

ワンダフルママ30話(DM2)

ワンダフルママ30話(中国サイト)


2013072201561778_1_rstarkys.jpg

ウンオクはスジンの実父であるボンスに会ったしそれからスジンとフンナムがまた会えるように助けろとの勧誘を受けた。
ウンオクは昔自身がボンスを愛した時を思い出させて娘スジンの愛を許諾することに決心した。

ウンオクはスジンに“チャン・フンナムに対するあなたの感情は、今でも変わりないのか”と尋ねた。
これに対しスジンは“ママが願い通りになってみようと努力中だ”と話した。

スジンはフンボナムの暮らし向きでウンオクが結婚を反対するとすぐにフンナムをきれいにあきらめてそれこそクールな前ガールフレンドでまわって彼の将来に物心両面支援を惜しまなかった人物.
だが、彼女の心の片隅には依然としてフンナムに対する愛が残っていた。

ウンオクは確信する目つきを見せて“フンナムに連絡して明日会社に訪ねてこい”と話した。
スジンは一抹の希望を見たように喜んで投資を再び復帰させるという意かと尋ねた。

ウンオクは“愛でもことでも損するゲームはしない”として“その野郎忘れようと努力する必要ない。
ママが変わる。”と話して再結合を許諾するという意向を明らかにしたしスジンは喜びを隠すことができなかった。

2013072202002346_1_rstarkys.jpg

ウンオクはスジンとフンナムが会うのを反対したし二人は結局決別した。
だが、スジンはまだフンナムを放棄できなかった。 フンナムはヨンチェと未来を共にすることに約束した状況.

この時、ウンオクの前夫でありスジンの実父であるボンスがウンオクにスジンとフンナムを繋いてくれようと提案したし結局ウンオクはその意を受け入れることにした。

ウンオクは投資を撤回した自分のために資金難を体験しているフンナムを会社に呼んだ。
そしてフンナムにスジンに対する愛が残っているかと尋ねたし前ガールフレンドの能力を利用して投資を得ようとしたことを彼を責め立てた。

ところで正々堂々と選挙戦を通じて得た投資だと主張するフンナムの話をさえぎって投資をすることができないと話したウンオクがすぐ態度を変えた。
“今お金を与えればその人はチャン・フンナムが救世主であることが間違いないだろうね?”として彼の前に白い封筒を取り出した。
そして彼の救世主になることに決心したという意向を明らかにして意味深長な微笑を浮かべた。

ウンオクはフンナムにこれを受けようとするなら一つ条件があると話した。
彼は“何の条件でも皆聞く”と答えた。 その時ウンオクが“スジンと結婚して”と話してフンナムを驚かせた。

2013072202022666_1_rstarkys.jpg

スジンはママ ウンオクの反対によってフンナムと別れたが依然として胸中にフンナムに対する未練を持っている状態.
だが、そのような心を隠したまま友人としてフンナムを支持してくれた。
ところでウンオクがフンナムとの関係を許諾すると宣言するとすぐに隠した心を表わした。

ヨンチェはそのようなスジンの意を知らないまま彼女を訪ねてきてフンナムと会社の困難を訴えたし投資を受けられるように説得してほしいとお願いした。
これに対しスジンは“そのように愛する仲ならば相手が大変な時役に立たなければならないでしょう?”と話してヨンチェに“誰でもできる口に広げた話のほかフンナムの実質的な役に立ったことがあるのか”として追い詰めた。

スジンは“その間フンナムを忘れるために多くの努力をしたがこれ以上その人が気兼ねする姿を見たくない。 その人がお金の心配なく望む仕事をできるようにその人のそばで助けることだ”として愛する人を占めようとする悪女の本性を表わした。

スジンは“愛は相手が必要なことを満たすことだ。 今フンナムに必要なことを満たすことができる人は まさに私だ”と話してフンナムと再び始めるという意を伝達した。

ヨンチェはウンオクが許諾しないことと警告したしスジンはもうこれ以上ウンオクが反対しないことと応酬した。 ウンオクが投資金を条件でスジンとフンナムは再結合を推進するということを知るようになったヨンチェは大きい衝撃を受けたし絶対揺れないことと対抗した。

だが、スジンは“それは今後を見れば分かるだろう”とヨンチェをあざ笑った。
これに対しヨンチェは“世の中には金で買うことができないのがある”として“絶対にフンボロ歓心を買うことができないだろう”と話してフンナムに対する強い信頼を見せた。

2013072204254319_1_rstarkys.jpg

色々な努力の末 養育権で自分が不利な立場に立つことになったタジョンは息子ジウを取られると心配した。
ヨンスは彼女を助けるためにタジョンと共に彼女の夫チャンホを訪ねて行った。

タジョンはチャンホに離婚してキム室長と生きれば子供は障害物の外にならないと話してのけもの作らずに息子の養育権をあきらめろと話した。
これに対しチャンホはかっと怒ってタジョンこそ両親の資格がないとし息子に怪我を負わせた事件を語ったし彼女が子供を育てることはできない環境に住んでいることをもう一度強調した。

対話を静かに聞いていたヨンスはタジョンに“記者に会いに行こう”として立ち上がった。
引き続き雑誌社に書類を渡すという対話を続けたしチャンホに次号雑誌を買ってみろとし圧迫した。
チャンホはヨンスに書類封筒を奪ったしその中の自分と内縁の女ナンヒが親しく写された写真を発見した。

裁判では直接的な証拠にならなかったが雑誌社ではスキャンダルで扱うほどの事案であったしヨンスはこの点を利用したこと。
タジョンはここに自分がインタビューまでするならば理事会でチャンホをそっとしておかないことともう一度脅しをかけた。

怒りに充ちたチャンホはヨンスの喉首を捉えたが彼は全く揺れなかった。
“離婚条件は財産分割5億にジウ養育権放棄. 一つでも破る時は雑誌にのせると覚悟しろ”として“何が今最善なのか考えろ”として警告した。

一方、タジョンはヨンスの助けに新しい彼を見たとし好感を表わしたし幼い時期友人間であったこれらの関係が急進展されるか関心を集めた。

2013072204341721_1_rstarkys.jpg

ウンオクはフンナムに娘スジンとまた会う条件で投資金を支給すると提案したしフンナムはこれを拒否した。
ヨンチェはまた、スジンからこの事実を伝え聞いたがフンナムがこれを拒否したと徹底して信じている状況.

だが、ウンオクはフンナムの意を無視したまま投資金を支給したしこれをスジンがキナムに知らせた。
条件が付いた投資金という事実を分からないキナムと家族は会社の危機を克服したとしうれしがった。

一歩遅れて投資金が支給されたという事実を知ることになったヨンチェはスジンを訪ねて行ったしこれを伝え聞き衝撃に包まれた。

フンナムはスジンを訪ねて行って投資金が支給された事実に対してどうなったことかと尋ねたしスジンはウンオクが私たちの間を許諾したと話した。
だが、フンナムは会うつもりがないとし拒絶意思を明らかにした。

これに対しスジンは現実的に考えるとしヨンチェと別れることを要求した。
ヨンチェは やはりフンナムのように簡単に他の人に会うことだと冷たく話した。
だが、フンナムは“私がなぜお前に会いながら胸がぞっとしたのか分かる。 絶対に君に戻らない”と話して怒りを表出した。

一方、ポクヒはフンナムに5億を支給することに決心しながら三兄妹こっそりと進めるためにボンスに代わりに伝達することを要請した。

2013072204365893_1_rstarkys.jpg

ウンオクは投資金支給を名目で娘スジンと結婚することを提案したしフンナムはこれを拒否した。
だが、ウンオクは頑として投資金をフンナムの会社である兄弟アパレルに支給したしスジンはこれをキナムに知らせてかもす差し引きするのに使うようにした。

一歩遅れてこの事実を知ることになったフンナムはスジンを訪ねて行って二度と戻らないと拒否したがスジンはヨンチェに会って“すでに投資金が支給されたし半分以上が使用されたのを知っているのか”として冷たく話した。

すでにユンジェからスジンとフンナムが結婚するという話を聞いたという確認電話を受けたヨンチェはスジンにしたい話が何かと尋ねた。

スジンは“投資金を受けておいて私と結婚しないならばママが訴訟も辞さないだろう”とヨンチェを圧迫した。
付け加えて“愛するのに別れるという言葉本当に胸に迫る言葉違うか”としてフン人を愛するならばそのために別れろと勧めた。

最後にスジンは“フンナムに向かった心が真心ならばより大きい夢を見られるように助けてくれ”として涙で哀願したし“今フンナムはヨンチェが別れようというように願っているかも知れない”として悪女の本性を表わした

一方、フンナムはその誰より家族のために愛する人物. 当初から借金により苦しがる家族のために金を借りるために飛び回った彼を思い出させてヨンチェはフンナムを置くべきか苦悶に陥った。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。