ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 31話

ワンダフルママ31話ですっ^^

ワンダフルママ31話動画(no.1)

ワンダフルママ31話動画(no.2)

ワンダフルママ31話動画(中国サイト)

2013072803103531_1_rstarkys.jpg

スジンはフンナムに再び自分のそばに戻る条件で5億を支援した状態.
キナムはこのような事実を知らずに借金を返すのにお金を使ったしフンナム」は自分に惜しまない支援をするというスジンに戻ることはないと宣戦布告した。

スジンはヨンチェに会って彼と別れてほしいと要求した。
ヨンチェは悩んでフンナムと共に海へ向かった。
フンナムと別れることができないという願いを風などに願ったしこの姿をフンナムは見た。

フンナムはその文面を見てヨンチェに“なぜこういう願いを祈るか。 会社社長だからもっともらしく見えたが分かってみれば漠大な借金に将来もビジョンもなくて地面にヘディングする男と間違って編集されたかと思うか。
こうしたことでも使わなければ逃げることできないのか”として大声を出した。 そして今でも遅いから離れろと叫んだ。

すると慌てたヨンチェはフンナムが道に迷いそうだから一緒にいてくれと言った話を思い出させた。
そして“社長こそ私を離れたいのではないのか”として鬱憤をさく烈させた。
苦悶に陥って揺れているフンナムを報告さびしさを隠してきたこと。

ヨンチェは“理解する。 私があなたでも揺れるだろう。 私も私嫌いだという男に無理に捉えるつもりない。 未来まではっきりと開いてくれるその女に行け。 きれいに送る。”として隠してきた鬱憤を晴らした。

背を向けるヨンチェをフンナムは走って行って捉えた。 結局、願望に充ちた彼女の叫びにフンナムは再び心をみな捉えた。 だが、スジンはウンオクにフンナムの心が他の人にいることを知らせなかったしウンオクはより一層積極的にスジンとフンナムの結婚に出た

2013072803125615_1_rstarkys.jpg

ウンオクはその間息子チャンホと娘スジンには厳格な姿を維持して子供たちのことならばより一層あくどい姿を見せた。
だが、その裏面には自身の人生とは違うようにただ取る程は愛する人と幸せに暮らせばという切実な願いがあった。

スジンはウンオクにフンナムがヨンチェを愛しているという事実を隠した状態だ。
ウンオクはフンナムが提案を断る理由が単純に自身が過去スジンとの結婚を反対して崩れた自尊心のためだと考えた。

過去ウンオクはスジンとフンナムの結婚を反対してフンナムの兄キナムを訪ねて行って洗うことはできない侮辱を抱かせたことがある。
この事実を知ることになったフンナムがスジンと離別を告げたこと。

だが、ウンオクはスジンの幸福のためにフンナムの家族を訪ねて行って過去の自身がした仕事を謝る意向を明らかにしたしスジンはママが自身のために全てのものをあきらめたことを知って感動した。

2013072803144282_1_rstarkys.jpg

フンナムはウンオクが会社にくることにしたという報せに接して苦しんだ。
砂浜に一人で座って酒を飲んだし海辺に向かって大声を出した。
この姿をヨンチェが全て見守った。
結局ヨンチェは苦しむフンナムに 先に離別を告げることに決心した。

翌朝フンナムは単独で目覚めてヨンチェを探したが彼女はすでに消えていなかった。
この時、民宿主人おばさんが手紙一通を伝えてくれた。
尊く育ってフンナムとは共にじめじめした道を行くことができないというヨンチェの離別の手紙であった。

彼女は“ママが会社止めれば狎鴎亭にショップを整えるといった。
容易で気楽な道を通り過ぎる。 出世して後ほど自身に復讐しなさい”として心にもない嘘を書いた。

これに対しフンナムは衝撃を隠すことができなかった。 彼女を捕まえるために訪ねて行った家でその間ヨンチェがそちらで暮らしてないという事実を悟ったし自身が一度も彼女の理由に対して関心を持たなかったという事実により一層茫然自失するといった。

2013072803170375_1_rstarkys.jpg

チャンホはタジョンとヨンスから養育権をあきらめなければ彼の不倫を知らせると警告受けた。
養育権をあきらめればママ ウンオクがじっとしていないようだしあきらめなければ不倫が知らされることが心配なチャンホは苦悶に陥った。

この姿を彼の内縁の女ナンヒが見守っていた。
ナンヒは離婚訴訟が長くなれば自身に不利な状況がくることだと予感して作戦を整えた。

彼女はチャンホをだまして共にお金を取る計画をしている男に会って彼に雑誌社記者であるように電話をかけるようにした。
雑誌社で事実を知って接近したとのことを分かれば不安に震えているチャンホが養育権を放棄すると思ったこと。

約束のとおり彼は電話をしたしチャンホは慌ててあわてた。
ナンヒはチャンホのそばで彼を暖かくかばうふりをして養育権をあきらめろと誘導した。

だが、チャンホは“私の息子をそのような貧民街で育てることはできない”と拒否した。
これに対しナンヒは“慰謝料を受ければ状態が良くなること”としながら時間が過ぎればタジョンが自らジウをあきらめると話した。
そしてウンオクが知れば大変なことになることだと恐れるチャンホにナンヒは自身だけ信じるとし彼を説得した。

これに対しチャンホは“君のような女は初めて見た”として“真のソウルメイト”と話して今からあるナンヒの背信にどれくらい対応無策になることになるのか予想させた。

結局、ナンヒの小細工をろうしたチャンホはタジョンに養育権をあきらめてタジョンが願い次第離婚すると宣言した。

2013072803190345_1_rstarkys.jpg

タジョンとヨンスは午前ずっと答がないチャンホに不安だということを感じたし養育権だけくれと言うか迷っていた。
彼らの前にチャンホが現れ、養育権放棄と慰謝料と5億ウォンを与えるという離婚合意書を示した。

これを確認して喜びを隠すことが出来なかったタジョンは“ありがとう。
ジウのためにでも互いに敵はなるのをやめよう”と話した。
これに対しチャンホは“二つの目真っ青になるくらい おまえがどれくらいうまくいくのか見守る”として脅しをかけた。

2013072804353430_1_rstarkys.jpg

タジョンは夫チャンホに息子の養育権を奪われる危機に処した。
不安に思う彼女のためにヨンスが一肌脱いでチャンホに不倫を暴露するとして圧迫を加えたしチャンホはこれに対し養育権をあきらめて離婚を承諾した。

この事件によりタジョンは強固なヨンスに好感を感じることになったし始終一貫彼をほめて心を表わした。

この日放送ではタジョンがヨンスに共に離婚式をしようとしながら結婚指輪を抜いて捨てようとしたしヨンスはダイヤモンド指輪が高価としお金に変えれば良いのになぜ捨てるのかとこれを引き止めた。
これに対しタジョンはヨンスに本当に賢いとし感心した。

タジョンの称賛はヨンスを踊らせた。
いつも他の人にだまされて事業に失敗してママ ポクヒにあくどい話を聞いたヨンスだったので賢い、賢明だという称賛は彼に妙な自信を呼び起こすのに充分だった。
彼はいつもタジョンに最善を尽くして助けになった。

この時、芝生に座っていたジウがこっちに来てと催促したし急いで行ったタジョンが倒れる危機に処するとすぐにヨンスが彼女を捕まえた。
結局、二人は意図しなくスキンシップをすることになったし少しの間の刹那に火花散る目つきを交換した。
彼らが友人から恋人へ発展する瞬間だった。

2013072804372583_1_rstarkys.jpg

ボクヒはフンナムが、なかなか良い婿の候補だと感じてヨンチェにこっそりと彼を助けるためにボンスにお願いした。
ポクヒの代わりをして彼の投資家に出てお金を伝達してくれと言うこと。
ボンスはポクヒの要請を受けてフンナムに会いに行く途中だった。

ウンオクはやはり娘スジンとフンナムを繋いてくれるためにフンナムの家族を訪ねて行って謝る意向を明らかにして彼の会社を探した。 二人は偶然にあった。

ウンオクはボンスを見てびっくりしてここには何事かと尋ねたしボンスは投資のためにきたと明らかにした。
引き続きウンオクはここがスジンのボーイフレンドが運営する会社だと話した。
スジンのボーイフレンド名前がチャン・フンナムという事実を知ることになったボンスは衝撃を受けた。

ヨンチェとスジンが同時に好む人がフンナムという事実を悟ったこと。
過去ボンスを置いて競争を行ったウンオクとポクヒがもう一度向き合うことになったのだ。

衝撃を受けたボンスの表情を見て良くない気配を感づいたウンオクは“私が知らないどんなことがあるということなのか”として彼を責め立てた。
結局ボンスは知人に推薦を受けて投資することになったと話した。

2013072804392025_1_rstarkys.jpg

ヨンジュンは背筋ブレーカー三姉弟中最も末っ子で色々な事故を起こしてママ ポクヒに心配をかけた。
彼は分別がついた姿を見せるとカフェ アルバイトに出たが毎日同僚のコ・ウンをこき使う状況.

反面コ・ウンはご両親に登録料という負担をかけないためにカフェ アルバイトにまい進して生きていく孝心限りない娘だ。

過去ヨンジュンはコ・ウンを男だと誤認してお兄さんだと呼んで初めての出会いを持ったしさらにはコ・ウンの携帯電話までなくして彼女に彼はすでに悪縁中の悪縁だと置き換えられた状態だ。

このように相克である二人がカフェで一緒にアルバイトをしながら行う神経戦は劇中でわずかな面白味を占めている。
特にこの日放送でヨンジュンは自身が尊く育っているから仕事を知らないとしすべてのことはコ・ウンに先送りしたままコーヒーを飲んで余裕で雑誌をいじくりまわした。
この姿を見てコ・ウンはヨンジュンをどのようにこらしめるか悩んだ。

ブレーカー姉弟ヨンチェとヨンスは各自愛する人に会って少しずつ分別がついていきつつある。
果たして、コ・ウンやはりヨンジュンにどんな影響を及ぼせるか視聴者たちの関心が集中した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。