ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 37話

ワンダフルママ 37話です。


ワンダフルママ37話動画(No.1)

ワンダフルママ37話動画(No.2)


ワンダフルママ37話動画(中国サイト1)

ワンダフルママ37話動画(中国サイト2)


2013081802052656_1_rstarkys.jpg

ポクヒはユンジェとホン社長が父子関係という事実を知って彼に他の兄弟がなかったかと尋ねた。
だが、彼は姉だけいる一人息子だった。
その上彼が幼い時期火災現場で生き返ってきた記憶があると話してポクヒはユンジェが自身の息子ミンスだろうと確信した。

ユンジェは、ポクヒの主張に何か気まずい気持ちを消せなかった。
その上ポクヒが渡したミンスの写真と同じ写真をホン社長が急に隠す姿を目撃したこと。
結局彼らは実子確認のために遺伝子検査を実施した。

まだ検査が出てこなかった状況だったがポクヒはユンジェを見て“健康に生きていてありがとう”として死んだと思ったミンスがあたかも生き返ってきたように喜んだし自身の息子だと確信した。

ポクヒはユンジェの手をぎゅっと握って続けざまに有難いという言葉を繰り返して目がしらを濡らした。
だが、まだ結果がみな明らかにならなかった状況でユンジェは彼女の行動に当惑するといった。
彼は“申し訳ありません。 私がまだこの状況を受け入れるのが難しい”として“結果が出る時まで時間をくれ”と要請した。

2013081802070942_1_rstarkys.jpg

ヨンチェとフンナムは誰の助けることなく自らの力で家賃家から始めることに意見を集約した。
フンナムはヨンチェに共に家賃家を見に行こうと提案したし彼女をしたモデルハウスに連れていった。
そして彼は彼女に今その場ではないがまもなくこのような家で暮らせるようにと念を押したし共に写真を撮って楽しい時間を過ごした。

ヨンチェはその日取った写真をSNSに上げたしこれを見たコ・ウンは母ヨンイにヨンチェのママ ポクヒが偽り破産をしていたと伝えた。
ヨンイはこの話を伝え聞いてヨンチェとフンナムはママ ポクヒの助けで江南に家を用意したと誤解した。

ヨンイはこの事実に喜んで家の心配を減らしたと喜ぶ表情を見せた。
感謝の意でポクヒのための食べ物を用意してヨンチェに“ママに感謝すると伝えてほしい”として渡した。
ヨンチェはこれに対し状況が分からないといった。

ポクヒは家を用意してほしいというヨンチェにそれはできないと固く釘を打ち込んだこと。
ヨンチェはヨンニが誤解した事実を知ってもありのままに言えなかった。
結局ヨンチェは食べ物を持ち上げたしポクヒを説得しなければならないと決心した。

2013081803312655_1_rstarkys.jpg


ポクヒはボンソにユンジェがなくした息子ミンスかも知れないと考えてウンオクのすべての誤りを許して受け入れると話した。

しばらく単独でお手洗いに行ったポクヒはそこで突然記憶を失ったし鏡を見て自身が誰なのかぼんやりした目で眺めた。
外で彼女を待ったボンソは時間が過ぎても彼女が帰ってこないので尋常でない感じを受けてお手洗いに走って行った。

だが、そこにポクヒはなかった。
洗面台には血痕が鮮明だったしポクヒのカバンだけ置かれていた。
ボンソは彼女が消えたという事実を悟って急いで彼女を探すために駐車場と距離を飛び回った。

その時ボンソは遠く車が通う道真ん中に立っているポクヒを発見した。
ポクヒは車が速い速度で行き来する道真ん中に危険千万な状況で腕に血を流して立っていた。
ボンソは彼女を救うために飛び込んだ。

彼女を見るとすぐに安堵の一息ついたボンソは“なぜここでこうしているのか。 どれくらい探したのか分かるか”と話したしポクヒは彼に“家に帰らなければならない。 子供たち食事の仕度をしなければならない”として分からない言葉を吐いた。

ボンソがポクヒを車で連れていくとすぐにその時始めてしっかりしたポクヒは“私がまた、何をうっかりしたのか”と尋ねた。
ボンソは疲労するからであることで彼女を安心させようとした。 だが、ポクヒは連続して記憶を失う自身を見て不安に思った。

2013081803325560_1_rstarkys.jpg

フンナムの家族はヨンチェが江南アパートを結婚準備でしてくると誤解した。
その上ヨンイはヨンチェに感謝するとポクヒに伝えてくれとしながら食べ物を包んだ。
結局ヨンチェはまた、もう一度ママ ポクヒに住宅保証金を助けてほしいと要求した。

ポクヒはヨンイが送った食べ物と手紙を受けて“家を準備してくるというのが何の話か”としてヨンチェを叱った。
これに対しヨンチェはフンナムの家族が誤解したようだという事実を明らかにしたし以前フンナムの資金難を体験した当時ポクヒが彼を助けなかったとし今度は住宅保証金を助けてほしいと話した。

当時ヨンチェに知らず後でこっそりとフンナムを助けたポクヒはまだ分別がつかなかった娘の姿に失望したしヨンチェにフンナムの家族電話番号を教えろとし怒りを表わした。
ヨンチェはポクヒの前にひざまずいて“この頃家救うのがあまり荷が重くてそうだ。 一度だけ助けてくれ”と丁寧に要請した。

他の姉弟もまた、ヨンチェを助けるとしママ ポクヒを恨んだ。
だが、ポクヒは“まだ鉄があまり聞かなかったか”としてまた、一度動揺することがない強靭なママの姿を維持した。
これに対しヨンチェはポクヒに“二度と家をしてくれとは言わない。 汚らしい。 その金抱いて良い暮らしをしなさい”として卑劣な言葉を降り注いだ。

2013081803345094_1_rstarkys.jpg

フンナムの家族はヨンチェが結婚準備で江南アパートをしてくると誤解したしヨンチェはこれを口実でママ ポクヒに住宅保証金を助けてほしいと要請した。
だが、ポクヒはこれを強力に拒否したしヨンチェはママを恨んで卑劣な言葉を降り注いだ。

だが、この姿をフンナムが見守っていた。
フンナムはヨンイからヨンチェが家をしてくるという報せに接したし彼女が心配になって彼女の家を探したこと。 ヨンチェとポクヒの対話を盗み聴いた後は残ったヨンチェに対して失望に耐えなかった。

ヨンチェはフンナムにママの誤りを代わりに謝るとし理解してほしいと話した。
これに対しフンナムはヨンチェに“お母様の言葉は違ったこと一つない”として“健忘症か、二重人格か。 家賃も良くて貧民街も出ていれば良いといったのに実際に暮らそうとすれば怖くなるのか”として叱った。

フンナムはヨンイの誤解によってそうしたと話すヨンチェに誤解をその場で解かなければならなかったとしすべてのことが言い訳だと彼女の行動をこらしめた。
これに対しヨンチェはお金があるにも関わらず自身を家賃部屋に追い出すママ ポクヒに対する悔しい心を率直に打ち明けた。

これに対しフンナムは一層ポクヒの肩を持ったしこのような彼を見てヨンチェは空しい心を隠せなかった。
だが、フンナムは“こうであるほど私だけさらにみずぼらしくなるというのを分からないのか”として“まだ俺が信じられないか”と話して彼女に失望した心を伝えた。

結局ヨンチェは彼の真心を悟ってユーターンしようとするフンナムを抱いた。
そして申し訳ないとし二度とポクヒに手を広げないと誓った。
二人は難しい状況の中でお互いに対する愛をもう一度確認した。

2013081804514138_1_rstarkys.jpg

ウンオクはからだが良くないというナンヒに妊娠したことではないかと尋ねたしこれに対しナンヒは計画をたてるつもりとし産婦人科検査をしてみると話した。
ウンオクはどこででも検査を受けてはいけないとし共に懇意にしている産婦人科へ向かった。

ナンヒは検査に先立ちいくつかの事実を確認する産婦人科医師に結婚したことも妊娠をしたこともないと話した。 ウンオクは、やはりそのそばに座って彼女に対する信頼を見せた。 だが、ナンヒの姿はどこか不安に見えた。

やはり予想のとおりであった。
すべての検査が終わった後医師はナンヒに過去妊娠中絶をした経験があるのかと尋ねた。
ナンヒが妊娠中絶をしたことがあって子宮壁が薄くなって妊娠するのが難しいという診断を下したこと。

これに対しナンヒは難色を表わして医者に自身は妊娠を必ずしなければならないとし姑にこの事実を秘密にして違って要求した。
その上自身が妊娠をすれば必ず厚く謝礼すると付け加えた。

2013081804532430_1_rstarkys.jpg

タジョンは最近前夫チャンホと離婚に成功したが貸し切り詐欺にあって慰謝料を全部飛ばした状況.
泣きっ面にハチで、チャンホに結婚指輪を売る姿まで見えて侮辱にあわなければならなかった。
これに対し大変がるタジョンを見てヨンスは彼女の前に強固な男に新たに出ることに念を押した。

だが、ヨンジュンはヨンスはタジョンが好きだという事実を知って“子連れの離婚の女と結婚するのか”として彼を叱った。
これを盗み聴いたタジョンはヨンジュンにすまないと思ったしヨンジュンはヨンスが就職席があったがタジョンのために行けずにいるとさらけ出した。

結局、タジョンはこれ以上ヨンスの前途を防いではいけないと判断して彼に押されたアルバイト費用を与えながら“あなたが来ても店に何の役に立たない”として今後出てこないことを要求した。
彼女の冷たい態度に空しさを感じたヨンスは“後で話そう”として受けたお金を置いて出て行った。

タジョンは彼が離れた席を眺めて申し訳ないと謝る姿を見せたしヨンスもまた、彼女にさびしさを感じながらも引き続き彼女を助ける姿を見せて見守る視聴者たちを残念にした。

一方、この日放送でタジョンはチャンホの内縁の女ナンヒから留学の提案受けて悩む姿を見せた。

2013081804545188_1_rstarkys.jpg

ボクヒはユンジェとホン社長が父子関係という事実を知ったし彼が幼い時期火災現場で生き返ってきた記憶があるという話を聞いてユンジェが自身の息子ミンスだろうと確信した。
これに対しユンジェはポクヒに遺伝子検査を提案したし彼女がこれに対し応じて検査が成り立った。

ウンオクが彼らが遺伝子検査をする姿を見守ったし意味深長な微笑を見せた。
ポクヒはユンジェを見て死んだ息子ミンスが生き返ってきたように喜んで彼に感謝を表現したしまもなく明らかになる検査結果に対して精一杯期待を抱いた。

病院に大きい圧力を行使できるウンオクは遺伝子検査を担当する医師を訪ねて行って彼らに自身の要求のとおり結果を伝えてくれとしながら取り引きを提案した。

結局、実子確認結果は‘不一致’と出てきた。
これに対し事実を確認したボンソとポクヒは驚きと当惑するということに耐えなかったしユンジェに“それではその子供はどこにいるか”として怒りを表現した。

一方、ウンオクが遺伝子検査に介入したのかどうかが確かに明らかにならなかった状況で‘不一致’判定を受けたボンソがポクヒにフンナムが当時ナラファッションに養子縁組された可能性があると提案する姿が予告されて視聴者たちの耳目を集中させた。

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/08/18 14:30
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。