ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 40話

ワンダフルママ 40話です。


ワンダフルママ40話動画(No.1)

ワンダフルママ40話動画(No.2)

ワンダフルママ40話動画(中国サイト)

2013082601565559_1_rstarkys.jpg

ポクヒはボンソにヨンチェとフンナムの結婚を予定通りに押し切ると通知した。
これに対しボンソはポクヒに大きく怒る姿を見せて自身が直接防ぐと席から立った。
その時ポクヒはボンソに写真一枚を見せて“その人が子供たちのパパだ”と話した。

ボンソは子供3人と共にやさしく笑っている写真の中の男を確認した。
ポクヒは“子供たちのパパだが夫ではない”と告白してボンソを驚かせた。

過去ポクヒはボンソと別れてウンオクに息子ミンスを奪われた後、人生に対する希望を失ってなるように生きて供養主菩薩で寺に入ることになった。
そこで肺に病気を持って寝たきりの男と母を失った三姉弟を見守ることになったこと。
人生の希望を失った彼女は子供たちを洗われて負わせて見守ってなじんだとさらけ出した。

結局、三姉弟のお父さんが息をひきとったし彼の臨終を見守ったポクヒは子供たちを最後まで責任を負うと誓った。
彼女は彼らのママになることに決心したのだ。
ポクヒの過去の話を聞いたボンソは彼女をそのように作ったのが自身という罪悪感に嗚咽した。

そしてポクヒはその子供たちを育てるおかげで死ぬこともなく歯をくいしばって暮らせたと打ち明けた。
自身が三姉弟をよく育てればどこかで自分の息子ミンスも 誰かの愛を受けながら育つことだと信じた。
ポクヒはボンソにこの事実を一生秘密に維持してフンナムの実の母になることを永遠にあきらめると宣言した。

2013082601581972_1_rstarkys.jpg

ウンオクは産前検査を通じて嫁ナンヒが過去妊娠中絶後遺症により妊娠が難しいという事実を知って怒った。
引き続きナンヒがまた、何かだましたかも知れないとし息子チャンホに徹底して裏調査をしろと指示した。
ウンオクはナンヒの卒業辞室を確認する為に大学に書類を要請した。

今日ファックスで卒業を証明する書類が到着するという事実を盗み聴いたナンヒは慌てた。
彼女はあたふたとウンオクより先に出勤してファックスを確認したし卒業しなかったという文面を巧妙に操作して卒業を立証する書類に変えた。
ウンオクが入ってくる声を聞くとすぐに事務室中央でひざまずいて許しを乞うふりをするずうずうしさまで見えた。

ウンオクは事務室でひざまずいているナンヒを見て“朝から何かことか”として冷静な態度を見せた。
これに対しナンヒは“何日も寝られなくて悩んだ。 許してほしいという話はしない。 一度だけ機会を違って”と祈って謝罪するそぶりをした。

だが、ウンオクは依然として冷たい目つきでナンヒを眺めて不信を表わした。
だが、ナンヒが席を離れるやいなや学校から来たファックスを確認したし卒業したという文面を確認して操作された書類をそのまま信じてしまった。

2013082601595812_1_rstarkys.jpg

ヨンスはタジョンに選抜大会で優勝すればこれ以上気を遣わないと宣言した。
タジョンは子供がいる離婚の女身分でヨンスの前途を防げないと判断したし大会で優勝して自ら自立して彼を送ってくれることに決心した。

告白後、心がより一層深くなったヨンスは熱心にタジョンに冷たい態度を見せようと努力した。
だが、丁寧に上手く彼女の出場準備を助けながらタジョンを応援した。

ヨンスはタジョンにプレゼントするために宝石店を探した。
誕生石ネックレスを購入しようと思ったが彼は非常に高い金額に慌てた。
現在これという職業なしでタジョンを助けているヨンスに大きい金額があることが皆無だった。

結局彼は付けていた名品時計を解いたし宝石店主人に“どれ程上げることができるのか”と尋ねた。
タジョンにネックレスを買うために自身の時計を売ることに決めたこと。

だが、彼はこのような努力にもかかわらず、依然として心を隠したままタジョンに無関心な態度を維持してネックレスをプレゼントした。
ヨンスは“誕生石ネックレスあると幸運がくるといったよ。 決選で震えているかと思ってそれでも付けていて多少は少なく震えるかと思って買った”として“君が良くて生きたのでなく1等取るための投資”と嘘をついた。

タジョンは自分の誕生日まで記憶して誕生石を用意するヨンスの態度に感動した。
だが、これまた胸中にだけ繰り返して言うだけだった。
ヨンスはタジョンの首にネックレスを直接満たして表現できない愛に惜しんだ。

この時、二人はカメラを捉えるために同時に手を伸ばしたしタジョンの手を握ったヨンスは心を隠さないでもう一度告白しようとしたが惜しくも突然押しかけたお客さんのために不発になる姿が描かれた。

2013082602011431_1_rstarkys.jpg

チャンホはママ ウンオクからナンヒが過去妊娠中絶手術後遺症により妊娠が難しいという話を通報された。
これが気に障った心情をなだめる所なかったチャンホは酒に酔ってタジョンのチキン店を探したしそこでナンヒがタジョンとジウを留学させようとしたという事実を知ることになった。

チャンホは共に漢方医院に行こうとしながら自身の事務室に訪ねてきたナンヒに“一つの草育たない砂利の多い場所”としながら皮肉った。
そして、ウンオクにナンヒの不妊事実を伝えて聞いたと話して“女がそのような手術する場合はぴったり二種類だ。 この男あの男区別しなくて会ったり算数計算もできなくてからだ状態も分からないこと見たのか”と怒りを表わした。

チャンホはナンヒが米国留学時代乱雑に遊んだ経歴があるのではないかと彼女を侮辱したしナンヒは居直りでチャンホのほおを殴った。
彼女は“純粋だった私の初恋の傷を侮辱するならば私もあなたと生きられない”として涙を見せた。

ナンヒの涙を見たチャンホは当惑したし“それではぴったり一人の男からそうしたということか”として問い直したが彼女はこれ以上弁解したくないとし愛を信じなかった自身を変化させたのがすぐにチャンホとし嘘で愛を告白した。

ジウの留学の話を尋ねる彼にナンヒは後継者授業を受けろと提案しただけとし弁解した。
結局チャンホは彼女を抱いて許しを乞うた。
ナンヒはチャンホのふところに抱かれて涙を流したし“自身を疑えば死んでしまう”と話して再び悪女の容貌を見せた。

2013082602264348_1_rstarkys.jpg

ナンヒは自分の前夫をチャンホの秘書でに用してチャンホの一挙手一投足を監視するようにさせた。
ウンオクはナンヒが過去妊娠中絶手術によって妊娠が難しいという事実を知って彼女の過去を調査し始めた。

チャンホはママ ウンオクにナンヒの不妊事実を伝え聞いてナンヒの前夫である秘書に彼女の裏調査をお願いした。
これに対し彼女の前夫はナンヒに“君の命が私の手中にある”として脅迫した。

ナンヒは紆余曲折の末ウンオクに来た大学書類を偽造して学歴を偽造した事実を隠せたしチャンホのほおを殴ってくやしいように涙を見せて再び歓心を買う姿を見せた。

だが、彼女の悪行が終わりを見せ始めた。
前夫の友人がヨンスであったこと. ナンヒの前夫はタジョンのチキン店を訪ねてきて自分と共に江南(カンナム)で英語学院を始めようと説得した。
だが、ヨンスは見てあげなければならない人がいるとしこれを断った。

この時、ナンヒの前夫が“吸血鬼に会ってまともに取られた”として前夫人ナンヒを言及する姿を見せたし彼女の写真を見せると話した。 ナンヒの悪行が明らかになるきわどい状況が演出されたこと。 だが、突然登場したタジョンにより結局失敗に終わってしまった。

2013082603485583_1_rstarkys.jpg

ユンジェはフンナムに実演にあって憂鬱になるスジンを訪ねて行って直接薬を調剤して慰労して彼女を取りまとめる姿を見せた。
誰に心を打ち明けることができなくてうつ病症状まで見えるスジンにいつもメールメッセージを送って彼女を笑うようにさせることもした。

ユンジェは彼女に“日光を受ければセラトニンが分泌されて気持ちを良くする”として共に散歩をした。
そして彼はスジンにフンナムとヨンチェの結婚の便りを知らせた。
これに対しスジンは“すでに知っている。 祝福することができなくても心は空けた”として熱心に毅然とした態度を見せた。

スジンを残念な目で眺めるユンジェは両手を集めて彼女の手をぎゅっと握った。
彼は“これが何か分かるか。 人があたえる慰安だ。 一人でなく手だけのびれば誰かのそばにあるという慰安だ”と話して彼女の心を慰めた。
これに対しスジンは“博士様は本当に暖かい方であるようだ”としてそれに対する有り難みを表現した。

彼は“そのとおりですよ。 どれくらい暖かいのか気にならないですか? 私はスジン氏に対してさらに知りたいが”と話してその間隠してきた自身の心を慎ましく告白した。 これに対し彼女は慌てたが嫌いでない微笑を見せた。

2013082603502471_1_rstarkys.jpg

新婚の夢に浸っていたフンナムは、父のように従ったユンジェのお父さんホン社長に結婚の便りを知らせたし引き続き挨拶場で取った写真を送った。
これを調べたホン社長は仕進する方につけられているポクヒを見るとすぐにびっくりした。

彼女はまさに息子ミンスを探して自分を訪ねてきたミンスの実の母親であること.
これに対しホン社長はあたふたとキナムを訪ねて行った。
そしてキナムに“フンナムの結婚を許諾してはいけない”と話した。
キナムは突然に現れたホン社長の話に状況を知らないといった。

ホン社長は“死ぬ時まで秘密にすると君のお父さんと約束したが明らかにしなければならない”としてフンナムは両親が別に生存していることを語ったしその間隠してきたフンナムの養子縁組事実を明らかにした。
過去キナムの両親が聴覚障害を病んでいるキナムのためにホン社長が直接出てフンナムをキナムお父さんに養子にしたし実の息子のように育てたとのこと。

これに対しキナムは驚き飛び上がってこの事実を信じることができない姿を見せた。
彼はホン社長が何かよく知っていられないこととし過去自身のママがフンナムを妊娠していた姿を思い出させた。 だが、ホン社長はその時当時養子縁組を隠した時期だとキナムのお母さんが偽りで妊娠したふりをしていたという事実を打ち明けた。

最後まで信じることができないキナムにホン社長はフンナムの養子縁組された当時服と写真を見せたしフンナムはすぐにポクヒがそのように長時間探し回った息子ミンスとし彼らの結婚を防がなければなければならないと要請した。
結局、すべての事実を知ることになったキナムは茫然自失してフンナムを探すために席をはずす姿を見せた。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。