ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 41話

ワンダフルママ 41話です。
予定通りなら 全50話。もう終わりが見えてきました。
それぞれの話しも そろそろ・・・

ワンダフルママ41話動画(no.1)

ワンダフルママ41話動画(no.2)

ワンダフルママ41話動画(中国サイト)




2013090101482888_1_rstarkys.jpg

ポクヒはフンナムと娘ヨンチェの挨拶で婿になるフンナムが自分の息子ミンスかも知れないという便りを伝え聞いて衝撃に捕われて気絶したことがある。
以後ポクヒはユンジェの助けを受けてフンナムと実子検査をしたし結局二人は母子関係と判明された。

だが、ポクヒは自分のためにフンナムとヨンチェが離別するのを見られないと判断したしボンソにフンナムの母の座をあきらめると宣言して結局二人の結婚を押し切ることに決心した。
一緒に三姉弟は全員ポクヒが産んだ子供でないという事実も明らかにした。

この日放送ではポクヒとボンソは フンナムが自分たちの親息子ミンスという事実を知ることになって初めて会う姿が描かれた。
ポクヒはあたかもフンナムを初めて見るようにドキドキするといった。
ボンソはやはりフンナムを前に置くとすぐに瞬間表情が固まって緊張する姿を見せた。

ポクヒはフンナムと映彩にボンソを紹介して事業して知るようになった方なのに今後多くの助けになるから実父のように考えろと助言した。
これに対しヨンチェは両親を早く死別した後は他人に再びご両親ができたとし好んだ。

フンナムは二人が両親という事実を全く分からないまま幼い時期突然にご両親を失って兄キナムと苦労した話を打ち明けた。
彼は世間知らずであった幼い時期ママの手を握って行く子供たちがうらやましかったとしカーネーションを付ける人がない父母の日は気分が悪いということすら感じたと告白した。

彼の幼い時期話を聞いたボンソは背を向けて悲しみを隠す姿を見せたしポクヒもまた痛ましいということに涙を流してしまった。
そして終わらせる悲しみをこらえることができなくて急に席を避けて嗚咽した。

2013090101502428_1_rstarkys.jpg

キナムはホン社長から惜しんで愛した弟フンナムが自身の実の弟でなくポクヒの実の息子という事実を知ることになったし衝撃受けた。
そしてこれをポクヒがフンナムに知らせるか心配で急に彼女に会いにきた。

ポクヒに会ったキナムはホン社長にすべての話を伝えて聞いたと話して自身の目で直接確認する前まで信じることができないとし気に乗ることを連れていくと宣言した。
これに対しポクヒは直接実子確認検査を終えたと打ち明けてフンナムが自分の実の息子が合うと告白した。

すべてのことが事実というものを確認したキナムは結局茫然自失して絶望した。
これに対しミリははやく二人に事実を知らせて結婚を防がなければなければならないと提案した。
だが、ポクヒは“二人を止めるのをやめよう”として“結婚することができる”と話した。

結局、ポクヒはキナムとミリにヨンチェが自分の実子でなく養子にした娘という事実を告白して“実の息子を失って人生が広くて果てしなくて両親いない姉弟をおさめた”と打ち明けた。
一緒に“私たちだけ覆えば子供たちは結ばれることができる”として真実を隠してほしいと哀願した。

彼女は“子供たちだけ幸せならばフンナムの前に母として出るつもりがない”として“死ぬ時まで口を閉じる”と訴えた。
だがキナムは“世の中に永遠の秘密がありますか? 結婚以後真実が明らかになるならば子供たちが非常に衝撃受け取る”としながらそのような複雑な結婚はさせられないと強力な反対の立場を前に出した。

2013090101515769_1_rstarkys.jpg

コ・ウンは共にカフェ アルバイトをしながらすべての良くないことを自分に渡すヨンジュンに一度柔道の実力をリリースして怖がらせたことがある。

この日放送でヨンジュンはコ・ウンにアルバイトも早く終わるからと共にビリヤードに行こうと提案した。
だが、コ・ウンは終わってから面接があるとし提案を断ったしこれに対しヨンジュンは彼女に“こうやって面接に行くということか”として化粧しない素顔に気さくな身なりをした万年就職活動学生コ・ウンをスタイリングしてくれることに決心した。

コ・ウンのカードを持ってしばらく席を外したヨンジュンは美しい服と化粧品、カバンが入ったショッピングバッグを持って現れた。
そして彼女にはやくこのまま面接に行けと催促した。
コ・ウンはショッピングバッグ中内容物を確認して普段着用しない物品等を見て難色を表わした。

コ・ウンを待ってカフェ清掃をしたヨンジュンはカバンで顔を隠したまま階段を降りてくる美しい女を発見したし彼女に反して普段見るのが難しい百万ドルスタイルだと独り言でポイント カード加入を言い訳で接近した。

だが、突然の関心に慌てた彼女は依然としてカバンはおりないままいちはやく席を避けようと努めた。
この時、ヨンジュンが重いのは自分がが聞き入れるとしてカバンを奪った。
瞬間ヨンジュンは驚いた表情をおさめられなかった。

彼が反した百万ドルスタイルの所有者がすぐにコ・ウンだったこと.
普段お兄さんだと称して彼女を男のように感じたヨンジュンに衝撃に違いなかった。
美しく化粧してきれいに着飾ったコ・ウンの姿にヨンジュンは一目で反してしばらく言葉を失った。

変身した自身の姿にぎこちなかったコ・ウンは言葉を失ったヨンジュンを見て自身が変なものと誤解して恥じてカフェを抜け出た。

一方、この日放送でヨンジュンがコ・ウンに反する場面が描かれながら‘ワンダフル ママ’中ビタミンの役割を正確にしている二人が今後どんな関係に進展できるか視聴者たちの関心が集められた。

2013090102542623_1_rstarkys.jpg

スジンはフンナムとの離別に傷心したあげくうつ病初期診断を受けたしこれに対しユンジェは苦しがる彼女を慰して用意しながら隠した好感を表わした。
彼はスジンに“さらに調べてみたい”として心を告白したが彼女はどのような話もしなかった。

この日放送でユンジェは誕生日を迎えたスジンを家の前まで送って準備した花をプレゼントした。
彼のびっくりイベントにスジンは“誕生日をどのように分かったか”として感動を受けて有り難みを表現した。
彼は“美人の誕生日は頭の中に入力されている”として冗談を言って彼女を笑うようにした。

ユンジェは自身を優しい主治医だと称してスジンに“私の質問に返事しなかった。 私がどれくらいさらに優しいのか知りたくないですか?”ともう一度心を告白した。 だが、スジンは“私はまだ準備にならなかった”として新しい愛に対する気迷いを現わした。

ユンジェは“何の準備する必要ない。 スジンさん 再び笑って楽しくて幸せになるようにさせる”と明確に話した。
しかしスジンは悲しみを追い落とすためにハワイに行くことだとさらけ出した。

彼女の告白に慌てたユンジェは“五回だけ会って出て行きなさい”として自分に会ったらハワイに行くつもりがなくなることだと確信した。
彼の確信にスジンは笑いを含んで“考えてみる”と答えた。

ユンジェは背を向けるスジンに彼女の誕生日をもう一度祝って“スジンさんがこの世の中に生まれて感謝する1人です”と叫んだ。
彼の叫びを聞いたスジンは久しぶりに明るい微笑を見せて彼に少しずつ心が向かっていることを伺えるようにした。

2013090102555777_1_rstarkys.jpg

ナンヒは過去妊娠中絶手術によって子供を持つのが難しいからだという事実を姑ウンオクに見つけられてしまった。
結局ウンオクはナンヒを疑って彼女に対する調査を命令したしナンヒはあらゆる手段と方法を分けないで自身の履歴を操作した。

彼女は夫チャンホを監視するために事前に自身の前夫であるヤン秘書を雇用するち密さを見えた。
チャンホはヤン秘書を信じて彼にナンヒの裏調査を指示した。
ヤン秘書はナンヒに私の手に君の命がかかっていると圧迫して彼女を助けた。

ヤン秘書はナンヒが連絡を受けないので彼女が住んでいるアパートまで訪ねてきた。
ナンヒのすべての履歴を操作したヤン秘書は江南に学院(塾)を整えるという約束をはやく施行しろと彼女を圧迫した。

これに対しナンヒは“すぐにそのような大きいお金を与えることはできない”として彼にどうか行けとなどを強く押した。
だが、彼女に十分当てられた過去があるヤン秘書はたやすく退かなかった。
彼は“君の夫から会ってみなければならない”として脅迫した。
そしてナンヒを壁に責め立ててやさしいように頭をなでて“いわれるとおりにしなさい”と話した。

この時、家に入ったスジンがこの姿を目撃した。
スジンは糟糠の妻を追い出して奥方席を横取りしたナンヒを普段ありがたくなく思った状況.
その上ナンヒに隠された過去があるという事実まで知るようになりながらより一層彼女を疑ってきた。

スジンは“ヤン秘書がなぜこの夜にここにあるのか”として二人の間が尋常でないということを感づいた。
ナンヒはヤン秘書がチャンホのお手伝いで書類を伝達するためにきたとし直接受けた書類を差し出した。
だが、スジンは疑いのまなざしをおさめなかったしこれに対しナンヒは気分が悪いとしびっくりして飛び上がった。

スジンは“直接書類を確認してみる”と出たしナンヒは会社機密としこれを隠した。
結局スジンはこの状況をありのままウンオクとチャンホに伝えるとして意味深長な微笑を残して上がった。
これで悪女ナンヒは最大危機を迎えることになったし視聴者たちは彼女の悪行がいよいよ明らかになれるか期待を集めた。

2013090104242046_1_rstarkys.jpg

ナンヒは手段と方法を分けないで自身の履歴を操作した。
だが、彼女はアパート ロビーで前夫であるヤン秘書と会う場面を小姑であるスジンに見つけられてしまった。

スジンはウンオクとチャンホにこの事実を全部知らせた。
ウンオクはスジンがヤン秘書に受けたという封筒の中彼女の書類を確認して“ヤン秘書がなぜこれを君に持って行くのか”と問い質した。
そしてスジンはヤン秘書がナンヒの顔をなでたと話して普通の間ではないようだったと疑った。

この事実を聞いたチャンホは大きく怒ったしウンオクはヤン秘書と何の関係なのか尋ねた。
ナンヒはヤン秘書が自分のいとこ兄さんだと嘘をついた。
ウンオクはヤン秘書が直接ナンヒの裏調査をした事実を悟ったし彼女の履歴を信じることができないとしその場で書類を破ってしまった。

ウンオクは携帯電話を差し出してナンヒに米国にいるご両親に電話をかけろと要求した。
繰り返し明らかになる秘密に彼女の背景に対する疑いを消すことができなかったこと.
すべての過去を嘘で一貫したナンヒは突然のウンオクの要求に当惑することを隠すことができなかった。

夫チャンホまで“直ちに電話をかけなさい”として催促した。
ナンヒは携帯電話を渡されて下ろした。
そしてすぐ平穏な表情を浮かべて“申し訳ないが声を低くしてほしい”と突然な要請をした。

彼女の平気さにウンオクはあきれてしたしこれに対しナンヒは“恨めしくてやめて下さい。 みなお母さん孫のためにです。 あの子供できました。”と話した。
自身の過去がばれる危機に処するとすぐに妊娠という超強気を置いたこと。
家族はびっくりして言葉を失う姿を見せた。

悪女ナンヒが妊娠という嘘をつきながら果たして、今後彼女が再びどんな悪行を犯して自身の嘘を隠すのか彼女の歩みに視聴者たちの関心が集中した。

2013090104261433_1_rstarkys.jpg

タジョンは新メニュー開発コンテストに参加するために家に出ようとしたしヨンスは彼女とともに大会場に同乗すると話した。
だが、ちょうど家を出ようとする瞬間息子ジウの悲鳴が聞こえた。
ジウがタジョンにサンドイッチを作ろうとしたが突然ジャムビンがこわれて脚を大きくケガしたこと。

結局、タジョンは大会をあきらめようとしたしこれに対しヨンスは自分にジウを任せてはやく大会場に行けと催促した。
大会会場に立ったタジョンはジウが気になって実力発揮が難しかった。
だが、ヨンスのメールを受けた後彼女は再び料理に臨むことができた。

タジョンは完成時間を越えて料理を完成したが紆余曲折の末大会で優勝した。
だが、ヨンスはひたすら喜べなかった。
タジョンが1等を取れば未練なしで彼女から離れると誓ったこと。
結局ヨンスは苦々しく引き返さなければならなかった。

だが、この時、タジョンが彼の後に出て来た。
そして彼に“共に祝うべきなのにどこへ行くの”と呼んだ。
ヨンスは過去にした約束を言及した。
だが、タジョンは“あなたの荷物なるかと思って心にもない話をした”と打ち明けて“私たちのそのまま今のように互いに惜しんで寄り添いながらそのように生きれば良いじゃない”と叫んで隠した心を告白した。

これに対しヨンスは普段自分の弱気で短所をいって“これでも大丈夫か”と尋ねたしタジョンは離婚の女身分であると自分の短所を語ってヨンスと同じように尋ねた。
ヨンスは一寸の迷うことなく彼女に駆け付けて喜びの抱擁をした。

いよいよお互いの愛を確認した二人はその間心を隠した過去を告白して“この瞬間から真実だけ話そう”と誓った。

2013090104275770_1_rstarkys.jpg

キナムはホン社長からフンナムが自分の実の弟でないという出生の秘密を知ってポクヒを探した。
ポクヒは目で見る前まで事実を信じないというキナムに直接実子確認をしたと打ち明けてフンナムが自分の実の息子ミンスが合うと告白した。

これを聞いて茫然自失したキナムはヨンチェとフンナムの結婚を防がなければなければならないと出た。
これに対しポクヒは過去三姉弟を養子にしたと打ち明けて自身のために彼らの結婚を防いではいけないと哀願した。
だがキナムは秘密はいつかは明らかになって子供たちに損傷を与えることとし結婚は強力に反対した。

また、キナムは過去自身の会社が資金難を体験した当時巨額を投資した人がポクヒという事実を知ることになったし“私が一生かかってできないのをおかあさまは一度につくした”として自己行為に対する不足感類似したものを感じると告白した。
彼はその間人知れず成り立ったポクヒのかくされた行動に冷たい態度を見せた。

キナムは“もうこれ以上弟の前途を防がないからおかあさましたい通りにしろ。 私は口を閉じる”と話して席をはずそうとした。
これに対しポクヒは彼の前を防いで“私は病気で”とアルツハイマーを病んでいるという事実を告白した。 突然の彼女の告白にキナムは慌てる表情を隠すことができなかった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。