ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 44話

ワンダフルママ 44話です。


ワンダフルママ44話動画(no.1)

ワンダフルママ44話動画(no.2)

ワンダフルママ44話動画(中国サイト)

以下 44話関連記事です。
2013090902091563_1_rstarkys.jpg

ヨンスはタジョンからナンヒがヨンスの友人ジンソクと普通の関係ではないようだという話を聞いたが、そんなはずがないという反応を見せた。
だが、ジンソクとの約束場所でナンヒを見て尋常でない予感に捕われた。

彼は友人ジンソクを見るやいなや たった今一緒にいた女が誰かと尋ねた。
ジンソクはヨンスに“私たちの資金援助者であり前の夫人”とナンヒを紹介した。
ヨンスは友人ジンソクの前妻がチャンホの現在の妻ナンヒという事実を知って驚いた。
だが、ジンソクには彼女を知っているという事実を隠して結婚することになった契機を尋ねた。

ナンヒは過去ジンソクが外国で留学に出た時期、学校の前カフェでアルバイトをした女だったということ。
ジンソクは美しくて抜け目のなく見えるナンヒに反して何月間か同居をした後 正式に結婚したと打ち明けた。

だが、ジンソクのお父さんの事業が突然に下り坂を歩くことになるとすぐに送金が切れたし結局ナンヒは彼を捨てたとのこと。
ジンソクはナンヒを“お金なければ生きられなくて、どうにか上に上がりたくて豪華に生きたがる女”と話した。

これに対しヨンスはジンソクに両者に子供はなかったかと尋ねたしこれに対しジンソクは子供ができて結婚をしなければならなかったと告白した。
だが、ナンヒがジンソクの家が滅びるとすぐに子供をおろしたと話して、きついナンヒに当てられた過去をありのまま説明した。
そして現在は財閥集奥様になったと付け加えた。

2013090902131284_1_rstarkys.jpg

ヨンチェとの結婚を控えて幸せな夢に浸っていたフンナムは隠された出生の秘密を知るようになって苦悶に陥った。
ヨンチェがポクヒの実の娘でなく養子にした娘という事実に結婚に問題がないということを知っているが自身の全てのものを揺さぶってしまった途方もない秘密をとても目をとじることができなかったこと.

さらにはナンヒはフンナムの会社バイヤーショーと他社のファッションショーの日を重なるようにさせてしまったし、これに対しフンナムはバイヤーを付いて回ってショーにきてほしいとお願いする状況が広がった。
自暴自棄になって苦しがるフンナムを見るに耐えないヨンチェは彼に足浴をして慰める姿を見せた。

フンナムは自身を心より愛するヨンチェに“私たちの別れること考えてみたことがあるか”として離別を言及した。
これに対しびっくりしたヨンチェは“突然このような話をする理由が何か”と尋ねた。
信じることはできないフンナムの話に彼女は不治の病まで云々した。
だが、フンナムは何も言えなかった。
ついにヨンチェは“私が飽きたか”として問い詰めたしついに涙を見せた。

彼女は“私がその間何をしたか分からない。 私に真心ならばこうすることにはならない”と話して待つから別れなければならない理由を知らせてほしいと言って席をはずそうとした。
フンナムはヨンチェを捕まえて“私の心は変わらなかった”と弁解したがついに彼女に離別の理由は明らかにできなかった。

2013090902143363_1_rstarkys.jpg

ボンソはフンナムの兄キナムから兄弟オペロルのバイヤーショーと大呼ホールディングスが支援する会社カリンのファッションショー日程が重なるという話を伝え聞いた。
兄弟オペロルのバイヤーショーは会社の存廃危機がかかっている重要なファッションショー.
ボンソは息子チャンホがこれを模擬したという事実を知って彼を呼んでたてた。

チャンホは過去ウンオクと離婚した後子供を捨てて米国に発ったお父さんボンソに対する願望が残っていた。
だが、ボンソのテーブルの上に置かれたスジンと自分の写真を見てお父さんに対する願望を少しずつ和らげた。

だが、ボンソはチャンホに“おまえが主催したのか”としてファッションショーの日程を一週間でも操り上げた理由に対して尋ねた。
彼は兄弟オペロルのバイヤーショーを言及した。
これに対し大きく傷心したチャンホは“尋ねることがあるといって期待したがやっとこれか”として家族に依然として無関心なボンソに対する願望を表わした。

ボンソは席をはずそうとするチャンホを再び呼んで韓国を離れたスジンに対する便りを伝えた。
“いくら離れて住んでも君たちを考えない日はただ一日もしたことがない”として子供たちに対する隠した愛情を表現した。
だが、チャンホは依然として主張を曲げなかった。

チャンホはいつもママ ウンオクから会社経営に対する指摘を受けて無視されて生きてきた過ぎた日を告白したし今回のことを通じて必ずウンオクに認められるという決心を打ち明けた。

これに対しボンソは“おまえが仕事を成功させて兄弟オペロルを押し倒すといってもママの心は変わらない”として“おまえたちのママは本来から君を愛した。 比較してむち打ちしたことは全部君がうまくいくようにするためだ。 それが両親の心だ”と忠告した。

彼はチャンホに過去自身の誤りによりこのような悲劇が広がったと告白してこれ以上お互いを嫌って子供たちの人生まで不幸ではならないと哀願した。
お父さんチャンホの切実な哀願にチャンホやはり変わった目つきを見せた。

2013090903043076_1_rstarkys.jpg

ウンオクはフンナムがポクヒの実の息子ミンスという事実を知ってフンナムとヨンチェの結婚を邪魔するためにフンナムにこの事実を暴露した。
フンナムは自分のすべての出生秘密を知って紛らわしいといった。

ユンジェは自分がミンスではないとの事実を知ってこれ以上自分と会わないというウンオクを訪ねてきた。
彼は自分がウンオクの主治医という身分を前に出したしウンオクはこれを無視した。
そしてユンジェにフンナムとヨンチェが婚約破棄したのか尋ねた。
ユンジェはヨンチェが養子縁組された娘なので彼らは結婚することができると打ち明けた。

びっくりしたウンオクはポクヒを訪ねて行って事実を確認した。
ウンオクはポクヒにいきなりヨンチェが養子縁組された娘かと尋ねた。
これに対し何も言わないポクヒを見て“神の一枚と言っていたが空インナーに絶妙の幸運を与える”として自身の複数がここで終わっていないことを示唆した。

だが、ポクヒは“もうどうかやめよう”としてさらに多くの悪縁を切ろうとした。
ミンスの産着を見せて息子を懐かしがった歳月を打ち明けた。
そのように懐かしがった息子を婿で迎えることになり息子だと呼ぶことはできない不幸を迎えたと話して“これぐらいならば罰を十分に受けたこと違うか。 まださらに返さなければならないか? 過去の情を考えてどうかやめよう”と涙で哀願した。

しかしウンオクは“私は一日一日が地獄だった。 容赦とか何そのような声ぺちゃぺちゃしゃべるな。 おぞましい”としてポクヒの切実な哀願を無惨に踏みにじった。

2013090903064323_1_rstarkys.jpg

ヨンスはナンヒが過去の友人ジンソクの夫人であり子供まで持ったという事実を知って驚いた。
そしてこの事実をタジョンに前夫チャンホに暴露しようと提案した。
だが、タジョンはもう少し考えてみて後ほどナンヒが再び困らせればその時話そうと話した。

ナンヒは姑ウンオクの認められるためにフンナムの兄弟アパレルを押し倒すことを決意して同日ファッションショーを主催した。
兄弟オペロルの死活がかかっているファッションショーがナンヒのために危機を迎えたという事実を知ることになったタジョンはナンヒの過去を利用して彼女を圧迫することに決めた。

先にタジョンはナンヒにジンソクと共にやさしくとった結婚写真を携帯電話で伝送した。
写真を見たナンヒはびっくりしてタジョンに電話をかけた。
タジョンは直ちにチャンホに話すと彼女を圧迫した。
ナンヒはタジョンに一度だけ会ってほしいと哀願した。

ナンヒと会ったタジョンは“カリンファッションショーを取り消しなさい”と話した。
だが、ナンヒは今日直ちに開かれるファッションショーを取り消しできないとし堪え難い表情になったしこれに対しタジョンとヨンスは“留学派1等嫁の候補者がスタンフォード卒業生でもなくてその前カフェ アルバイト生なのに加えボーイフレンドが滅びるとすぐに離婚まである横着な俗物ということを分かれば気絶すること”としながらチャンホに写真を公開すると圧迫した。

ヨンスとタジョンが自身のすべての過去を知っているという事実を悟ったナンヒは彼らの要求を受け入れると話した。 そして永遠に秘密を守ってほしいと哀願した。

結局、彼女はその場でファッションショーを取り消せと命令した。
タジョンとヨンスの助けによりフンナムとヨンチェが苦労終わりに準備したファッションショーは盛況裡に無事に終えることができた。

2013090906291460_1_rstarkys.jpg

フンナムは兄弟オペロルの死活が関わっているバイヤーショーを控えてポクヒが自分の実の母という事実を悟って紛らわしいといった。
さらにはナンヒの計略により競争業者とファッションショーが重なる状況まで広がってフンナムをより一層疲れさした。

ヨンチェは大変がるフンナムを助けるためにより一層熱心にバイヤーショーを準備した。
タジョンはナンヒがショーを邪魔するという話を聞いて隠された過去で彼女を圧迫して競争業者のファッションショーを取り消しさせた。

すべてのことが順調だったがフンナムはファッションショーのフィナーレを飾る中年モデルを救うことができなくて難航していた。
その時バイヤーショーを祝うためにポクヒが訪ねてきた。
キナムはポクヒに衣装が合いそうだとしモデルになってほしいとお願いした。

だが、ポクヒは仕損じるか怖くなるとしこれを拒否した。
これに対しキナムは“フンナムとヨンチェが共に汗水流して作った舞台を亡ぼすことはできない”としてフィナーレ舞台に上がってほしいと丁寧に要請した。
ヨンチェもまた“昔ヨンパルがまだ死ななかった”としてママ ポクヒに力を与えた。
結局ポクヒは震える気持ちでフィナーレ舞台に立った。

一歩ずつ力強い足取りを移したポクヒは舞台の中間ぐらいで思わず座り込んでしまった。
突然に駆せ参じた取材陣のために慌てたこと。
その上彼女は現在のアルツハイマー初期診断を受けた状況だった。
座り込んだポクヒを見て皆心配な注目で眺めた。

その時ポクヒはフンナムとヨンチェが骨を折るようにさせた舞台という事実をもう一度思い出させてゆっくり立ち上がった。
そしてすぐ一歩ずつ足取りを移した。
見守るみんなが彼女のワーキングに歓呼を送ったしフンナムもやはり実の母ポクヒを見て感動らしいといった。
結局、バイヤーショーは盛況裡に終えることができた。

2013090906305237_1_rstarkys.jpg

ポクヒはフンナムとヨンチェが努力終わりに準備したファッションショー舞台に上がったしファッションショーは盛況裡に終えることができた。
フンナムはヨンチェとの結婚を控えて突然に明らかになった出生の秘密に紛らわしがる姿を見せたがまもなく心を整理した。

ファッションショーを終えてキナムはフンナムに“お母さんに会いに行け”と提案した。
フンナムはポクヒに会うためにボンソの家を探した。
彼はママ ポクヒを向き合うやいなや“今日初めてであり最後にお母さんを尋ねにきた”として“恨まない。 ただしヨンチェが傷つくのを望まない”と話して以後でヨンチェの夫でありポクヒの婿でだけ生きるぞと宣言した。

これに対しポクヒやはり喜んで有難いと話した。
彼女はこのような日が再びないこととし食事を一緒にしようと提案した。
フンナムは迷ってすぐ席に座ったしポクヒが誠意で準備した食べ物を食べて涙を努めてこらえる姿を見せた。
ポクヒはフンナムに与える魚の身を取って結局涙を流した。

涙を隠す方法がなかったフンナムは思わず席から立った。
そして出て行こうとしていた刹那再びまわってポクヒを抱いた。
ポクヒもやはりフンナムを抱いて泣きわめいた。
長い間懐かしがった母子間の情を感じたように二人は永らくお互いを固く抱いた。

家に入ってきたボンソはこの姿を目撃して感激がる姿を見せた。

2013090906322972_1_rstarkys.jpg

ナンヒは度重なった嘘で信義を失うとすぐに姑ウンオクから認められるためにフンナムの会社死活が関わっているバイヤー昭和同日ファッションショーを開く事に計画した。
フンナムの会社が崩れればウンオクが自身が好きになるだろうと感じたこと。
これに対しチャンホは、やはりママに認められることができる機会とし好んだ。

ウンオクはヨンチェがポクヒが養子にした娘という事実を知ることになったし二人が結婚できるということを知ってより一層怒った。
ポクヒの切実な哀願にも悪行を止めないウンオクはチャンホにフンナムの会社を踏みにじることができる機会としファッションショーが成功するならばチャンホとナンヒを認めると宣言した。

だが、ファッションショー当日、タジョンとヨンスはナンヒの結婚と堕胎に対する醜悪な過去を知らせると彼女を圧迫したし結局ナンヒはこれらの圧迫に勝てないでチャンホの名前を出してファッションショーを取り消した。
結局フンナムの会社を押し倒すためのナンヒとチャンホのファッションショーは不発されたしフンナムの会社バイヤーショーは熱い反応を得て盛況裡に終えることができた。

ファッションショー場へ向かったウンオクは一歩遅れてナンヒによってファッションショーが取り消しになったとのことを知って怒った。
だが、すでにナンヒは連絡が切れたしその上フンナムのバイヤーショーが成功的であったという話を聞いたウンオクはより一層怒りをさく烈させた。

怒りに充ちたウンオクがまた、どんなカードでこれらの結婚を邪魔するのか視聴者たちの関心が集められた

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。