ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

ワンダフルママ 47話

ワンダフルママ 47話です。


ワンダフルママ47話動画(DM No.1)

ワンダフルママ47話動画(DM No.2)

ワンダフルママ47話動画(中国サイト)

2013092200595696_1_rstarkys.jpg

過去ポクヒは息子ミンスを奪われたことに深い傷心を受けて寺に入った。
そこで生死の境をさまよっている男と彼の子供三姉弟に会うことになった。
結局肺疾患を病んだ男は三姉弟だけ置いたままあの世の中に離れてしまったし彼女は以後三姉弟を自身の子供だと感じて育ててきた。

ポクヒはその間子供たちを育てながら彼らが養子という事実を秘密にした。
だが、お父さんの位牌の後ろに妻だと書かれている他の女の名前を見て衝撃を受けたし家にきてポクヒが彼らに伝えようとしたアルバムとメモを見ることになった。
アルバムの中には彼らの両親の写真がついていた。

ヨンチェの幼い時写真の下には過去幼いヨンチェが病気だった時期を語って“夜中看護した時あなたが初めて私にママと言った。 その瞬間私はあなたたちのママになることに決心した”と理由を明らかにした。

ポクヒはアルバムの中に幼い時自分を抱くとりわけ好んだヨンスとミンスを忘れることができるようにさせたヨンジュンを順に言及して幼い時期写真を付けて彼らと自身に対する思い出を伝えたしこれらすべてのものを確認した三姉弟はその間ポクヒを苦労させた歳月を思い出させて涙を流すほかはなかった。

彼女は“幼い時お前らを連れてきて腹をくくり ヨンパルの子供だと後ろ指を差されるようにする時は後悔もなった”としてそれでも振り返ってみれば三姉弟のおかげで幸福になったという話を付け加えた。

2013092201281088_1_rstarkys.jpg

ポクヒは末っ子息子ヨンジュンを忘れるほどアルツハイマー病が深刻化したことを感じて三姉弟に荷物にならないために彼らのそばを離れる準備をすることに決心した。
病院から退院して家へ向かった彼女は自分が実の母親ではないとの出生の秘密を知るようになって大きい衝撃を受けた三姉弟を見て熱心に悲しみを押さえ込む姿を見せた。

ヨンジュンはアルバムの中の写真を信じることができないとしポクヒのふところに抱かれたしヨンスとヨンチェはやはりポクヒが自分たちのママではないはずがないとし現実を否定した。
だが、ポクヒは“アルバムの中に書かれたすべてのことが事実だ”として堅く決心して三姉弟に嘘をつき始めた。

これに対し三姉弟は今 事実を明らかにする理由に対して尋ねた。
彼らはアルバムの中で三姉弟がこの文を見ている時には自分は三姉弟のそばにないことだと書かれていたと言い出したしヨンチェはポクヒに“まさか私たちの置いて遠くへ行こうとするのではないだろう?”と尋ねた。
これに対しポクヒはかたい表情で“おまえたちのママをやめて女で新しい出発したい”と宣言した。

彼女は三姉弟が美しくて引き受けたりしたが他人の子供は他人の子供であるようだとしあくどい話を吐き出した。 そしてボンソにまた会って米国に行って幸せに暮らしたいという意を伝達して“ママ有難いことを分かったら私の人生邪魔せずに送って。”ともう一度釘を刺して席をはずした。

三兄妹はポクヒのあくどい嘘にあっけにとられて涙だけ吐き出した。
ポクヒは“上手な選択”としながら自ら気を引き締める姿を見せた。

2013092201570485_1_rstarkys.jpg

ウンオクはヤン秘書がナンヒに受けた装飾品を売ることを知り、彼を追及してナンヒが過去ヤン秘書と結婚した間だったということを悟って衝撃を受けた。
チャンホもまた、ナンヒの隠された過去を知るようになって別れようと要求したがナンヒの偽り愛告白に移って彼女のすべての過去を許してあげることにした。

ヤン秘書とナンヒの結婚写真を見たウンオクは過去を隠して自身の家に嫁にきた嫁ナンヒに対する怒りを隠せなかった。
結局ウンオクはチャンホを会社で呼んで写真を見せてナンヒの過去を全部知らせた。
だが、チャンホは揺れなかった。

チャンホはヤン秘書とナンヒの結婚写真をその場で破ってしまった。
息子のこのような姿を見たウンオクは茫然自失した。
チャンホはすべての事実を知っていたと明らかにしてこの事項をこれ以上口にするなと怒った。
これに対しウンオクは“あなたはどこが不足してこういうつまらない女を連れて生きるということか”として大声を出した。

だが、チャンホは“私が愛する人はキム・ナンヒその女だけだ。 世の中女みな必要ない。 その女だけいれば良い”として確固たる意を伝達した。
これに対しウンオクは“その子も君だけいれば良いけど? お金でなく?”としてナンヒがお金を見てチャンホに接近したという事実を間接的に示唆した。
だが、チャンホはナンヒが自身にした話を再確認してかたい信頼を見せた。

ウンオクは息子のこういうまぬけな信頼に嘆いたしチャンホは“一番目さらにヘオジラマラすれば分家する”とかえってごり押しを置いて席をはずした。

2013092203051263_1_rstarkys.jpg

ヨンスはポクヒが実の母ではないとの事実を知ることになりながらママにより一層よくしたいという気がしたが引き続きポクヒがボンソとともに離れると宣言してママに失望する姿を見せた。
事実ポクヒはますます激しくなるアルツハイマー病のせいでこれ以上子供たちに荷物になれないと判断して彼らを離れる決心をしたこと。

ポクヒはこの日台所いっぱいの洗剤を買って置いても再び洗剤を買ってくる姿を見せたしこれに対しヨンスは“これで米国にどうやって行くか”として彼女をとがめた。
この姿を見守ったタジョンは健忘症に良いとしポクヒのためにローズマリー茶を作った。

ヨンスとタジョンが並んで座っている姿を見たポクヒは二人が似ているとムードを高めて“実際に離れようとすればヨンチェは強固な夫会って心配がないがヨンスとヨンジュンが目にありありと浮かぶ”と話してタジョンにヨンスをお願いすると伝えた。

彼女は“子が不真面目で返品してさく烈してお金は儲けられないけど中は良いことだ。”と話して軌道に乗る時まで自分の代わりをしてヨンジュンをちょっと連れていてほしいとお願いした。
ヨンスはまもなく離れるママが自分たちを永遠に見ないことのように語ることが悲しくて癇癪を起こしながらもさびしさに涙を隠せなかった。

ポクヒはタジョンに真珠指輪を渡して“あなたは内嫁だ”と宣言した。
そして真珠は涙というが自身には良い縁起を持ってきた指輪だと話した。
タジョンをさわって“ぜひお金たくさん儲けてヨンスとおもしろく互いに大事にしてあげながら暮らして”と彼らの将来を祝福する姿を見せた。 ポクヒの暖かい助言にタジョンは感動受けた。

ヨンスは“結婚して永遠に縁切って生きることか”としてさびしい心を表わしたしポクヒはこのような息子の姿を見て“男が涙がなぜこのように多いのか。 涙が多ければ泣くことも多いものだ”として彼の涙を拭いて笑いながら送ってほしいとお願いした。

2013092203072413_1_rstarkys.jpg

ナンヒが過去ヤン秘書と結婚をしたという事実まで知るようになったウンオクはチャンホにナンヒと離別しろと要求した。
だが、チャンホは愛する人はナンヒだけだとし分家を云々してママ ウンオクの話を断った。

これに対しウンオクはチャンホを別に呼び出して“あなたたちを認める代わりに一つを明確にするつもりだ”と宣言した。
彼女は嫁ナンヒに人妻身分を解明してみるとし呼び出したしこれに対しナンヒはウンオクに“くれるハチを甘受する”として底辺からここまで大変に上がってきたので簡単に席を置けないと話した。

ナンヒは“お母さんが許諾だけしてくれるならばチャンホのためにからだがつぶれろ内助する。 二家族に開架されても良い”と機会を付けるとし切実に祈った。
彼女のこのような姿を見守ったウンオクは“二人一緒に住みなさい”と話した。 代わりにナンヒとともに生きられないとし会社に辞表を出して出て行って生きろと宣言した。
経済的な支援ただ一銭なしでチャンホと二人が住めということ。

ウンオクのこのような提案にナンヒは即座に揺れる姿を見せた。
すべてのことがウンオクが予想したとおりであった。
彼女はナンヒに封筒を差し出して“あなたは底辺でなく下水道まで見せたがこれ以上何を望むのか。 今あなたができるのはお金でも取りまとめること”と話した。

お金封筒を開けてみたナンヒは信じることはできない巨額にびっくりする姿を見せた。
彼女はこれ以上遅滞しないで封筒をカバンの中に入れた。
今や自身の本性を表わしたこと。
そしてウンオクに“代表様をよろしくお願いする”として急いで席をはずす姿を見せた。

一方、他の席に隠れてナンヒとウンオクの対話を全部聞いたチャンホは信じていたナンヒの背信に話す言葉を失ったが即座に気がついて彼女を追いかけて行って説得する姿が描かれた。

2013092204262980_1_rstarkys.jpg

ウンオクは息子チャンホがナンヒの過去を全部知っていても別れないという事実を知って一つを確認した後二人の間を認めると宣言した。
ウンオクはナンヒを食堂に呼んだし彼女にチャンホとの関係を認める代わりに金銭的支援なしで出て行って生きろと話した。

これに対しナンヒはチャンホに対する愛を誓ったちょっと前の態度とは違って即座に揺れる姿を見せた。
この時ウンオクはナンヒに巨額のお金を提示してチャンホのそばを離れろと要求した。
ナンヒは封筒のお金を確認するやいなや急いで席をはずす姿を見せた。
今や自身の本性を表わしたこと。
彼女が出ていった後にウンオクは隣室のドアを開けたしそこにはチャンホがいた。

チャンホは衝撃を受けたと同時にママ ウンオクに対する怒りをさく烈させた。
こんなにまでしながら自身に損傷を与える理由を分からないとしてナンヒに向かったあきらめることはできない心を表わした。
彼はナンヒを追いかけて行って彼女を捕まえた。

彼はナンヒを抱いて再び新しく出発しようと薦めた。
だが、ナンヒは彼をあざ笑うだけだった。
彼女はウンオクが絶対自分たちを許さないことと断言した。
チャンホは“私はあなただけいれば良い”と話したがナンヒは揺れなかった。
彼女は“窮状で生きることならば会うこともなかった。 私が愛したのは大呼ホールディングスの代表イ・ジャンホであった”と大声を張り上げた。

“執着するな”として急いで席をはずそうとした。
だが、これに対し怒ったチャンホは彼女にカバンを奪ってウンオクに受けた封筒を取り出した。
そしてその場で巨額の小切手を破ってナンヒの顔に投げた。
この姿に衝撃に耐えないナンヒは彼に“何するの”と大声を出して裂けた小切手を急いで拾う姿を見せた。

心より愛すると信じたナンヒの背信と最後にチャンホは願望と悲しみを隠せなかった。
彼はすごすご足取りを移したしママ ウンオクと向き合って虚しい表情を隠すことができなかった。

2013092204275731_1_rstarkys.jpg

ポクヒは時間が過ぎるほどより一層激しくなるアルツハイマー病のために“遅くでもボンソとともに生きたい”として三姉弟のそばを離れることを決意した。
一歩遅れて出生の秘密を知って衝撃を受けた三姉弟は突然に離別を宣言したママ ポクヒに対してさびしい心を隠す方法がなかった。

ヨンチェは夫フンナムにママ ポクヒが米国に発とうとするという事実を伝えた。
フンナムはポクヒが実の息子という事実を隠してヨンチェと結婚した自分が不便だろうか心配して離れることだと考えてボンソに出会いを要請した。

フンナムはこの日ママ ポクヒを向き合って“米国へ行かれるという話聞いた”とムードを高めた。
これに対しポクヒは平気なように笑ってボンソの事業のためにそれでも理由を上げた。
だが、フンナムは“それが本当の理由か”として“私が不便かと思ってわざわざ離れられるんでしょう?”としてそのような必要ないと伝えた。

引き続き彼は“お母さんがそばにあって心強い”と話してポクヒを感動させた。
ママという身分を隠して妻の母で生きなければならないがそのようなママでもそばにあって強固だということ。 そしてフンナムは“離れずに私のそばで見守ってほしい”と要請した。

ポクヒはそのように懐かしがった実の息子の話に喜びの涙を隠すことができなかった。
だが、彼女は気を引き締めた。
30年ぶりに会った実の母がアルツハイマーにかかって弱くなる姿をとても見せることができないということが彼女の判断だった。
ポクヒは息子フンナムの手を握って彼の顔をさわって“私もあなたがいてどれくらい心強いかわからない”と話した。

だが、決心を翻意しなかった。
ポクヒは“君のためでなく私がこんがらかって離れることだ。 君にもしもミンスだと呼んで仕損じるか心配になる”として“もう本当にみな抜け出して気楽に生きたい”と再び熱心に嘘をつく姿を見せた。
ポクヒの真心を確認した後は男もまた、涙を見せてしまった。

2013092204293356_1_rstarkys.jpg

ポクヒは時間が過ぎるほど病状が深まるとすぐにこれ以上子供たちに荷物になれないと判断した。
彼女は出生の秘密を知るようになったヨンチェ,ヨンス,ヨンジュン三姉弟にボンソとともに米国に発って余生を楽しみたいと宣言した。
これに対し彼らはさびしい心を隠すことができなかった。

二人の息子と明らかになった婿フンナムは また、立ち上がって引き止めたがポクヒは意向をまげなかった。
結局三姉弟はママ ポクヒをボンソに送ってくれることに決めて彼にママを幸せにすることができるのか何種類をテストすると提案して笑いをプレゼントすることもした。

三姉弟とフンナムはポクヒのためにびっくりイベントを準備することに決心した。
過去ウェディングドレス一度着てみることができなくて結婚して子供まで奪われたが三姉弟のために色々な苦労を拒まなかったママ ポクヒのために遅れた結婚式を挙げてくれることに計画したこと。

すべての進行状況はポクヒに一切秘密に送った。
タジョンはポクヒが寝ついた合間を利用してサイズを測ったしヨンチェはそのサイズを基にドレスを自ら製作した。
皆が力を集めてみな固く団結して結婚式を準備する姿を見せた。

結婚式当日、ポクヒは離れる前最後に家族どうし皆一緒に食事をしようというヨンチェの誘いに勝てないで頭をしてドレスを着た。
家族どうし食事することにしたという場所に入るとすぐに彼女は突然の歓迎に驚きを隠すことができなかった。

ヨンチェは“今日ママ結婚式”としてびっくり宣言をした。
フンナムは結婚式を進めて“子供で光栄だ”としてポクヒに無言の目つきを送った。
ポクヒは愛する子供たちの祝福の中で一生の恋人だったボンソと結婚式を挙げることになり喜びを隠すことができなかった。

一方、まだポクヒのアルツハイマー闘病事実が三姉弟に明らかにならないまま彼女が単独で病院に入院する姿が予告されて果たしてどんな結末を迎えられるか視聴者たちの関心が集中した。

Comment

あぁ....残念。ヨンスのスーツがダブルだった。
いや 何を着てもカッコいいけど...ヨンチェの結婚式の時の
スーツがカッコ良かったぁ。
  • 2013/09/24 20:45
  • マー坊
  • URL
おおお!同じこと思ってましたね!ㅋㅋㅋㅋ

ヨンチェの結婚式のスーツ かっこよかった~ うんうん

  • 2013/09/25 01:49
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。