ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

エンジェルアイズ 6話

エンジェルアイズ6話。まだ序盤だというのに・・・

ドンジュの正体がバレちゃって~
ジウンは スワンにプロポーズするも 浮かない顔のスワン。
バックハグの後 (≧∇≦)
20140427001101019_1.jpg

キスしようとするも・・・スワンに拒否られて~ㅠㅠ
14042801.jpg
スワンが初恋を引きずっていることを知っているジウンは 悩んでいるようですなぁ・・・

なのに 6話最後で、こんなことに!
14042709.jpg

展開 早っ!

ジウンが振られるのも 時間の問題かっ!? なんてこったい!

ジウナ~~~~~(屮゚Д゚)屮


以下 動画と記事です。

エンジェルアイズ6話動画(中国サイト)

エンジェルアイズ6話動画(中国サイト)

エンジェルアイズ6話動画(VK)

201404272213291710_1.jpg
ユン・スワンはデュラン・バクをパク・ドンジュだと呼ぶ高校先生を通じてデュラン・バクが初恋パク・ドンジュだったことを知った。
だが、ユン・スワンは風邪で出た熱のせいで失神したし その間デュラン・バクは“もうこれ以上はできない”としてその間隠してきた正体を告白する決心した。

ユン・スワンは意識を取り戻すやいなやデュラン・バクに“話ほどほどにしよう”と話した。
デュラン・バクが弁解しようとするとすぐにユン・スワンは“少しの間その口ちょっと近づいていてほしい”として目をとじてパク・ドンジュの顔をなでた。

ユン・スワンが“私この顔分かる。 この手も分かる。 お粥の配達していたと 他人事に割り込んで命の恩人だとえらぶって、年齢も幼いのに小言ばっかり言う生意気な高校生の名前がなんだと?”と話すとすぐにデュラン・バクは“パク・ドンジュ”と答えた。

そして デュラン・バクが“アンニョン。 久しぶりだ"と話すとすぐにユン・スワンはデュラン・バクの頬を殴ったし、デュラン・バクは“さらに殴ってもかまわない”と応酬した。
これに対しユン・スワンは号泣して座り込んだ。

201404272225101710_1.jpg
ユン・スワンは医師デュラン・バクがパク・ドンジュという事実を知るやいなや頬を殴って涙を流した後“ジョンファさん、ママは?”と尋ねた。 これに対しパク・ドンジュはユン・スワンを母親の納骨堂へ案内した。

その時始めてユ・ジョンファが死んだ事実を知ることになったユン・スワンは“なぜ ママはこのように美しいのか。 現実感なく。 私はもう見えるけれど。 毎日毎日毎日待ったが痕跡もなく消えて私が夢を見たのかと思った”と独り涙を流した。

そしてユン・スワンは“いっそ及ぼした女想像ならば良くなるところした。 それではジョンファさん生きていたはずなのに。 このように近く孤独に一人でいることも知らずに。 とても遅れてごめん. ママ. ママ”として嗚咽した。

201404272236441710_1.jpg
パク・ドンジュは初恋ユン・スワンに婚約者カン・ジウンがいることを知って正体を隠したが、過去パクドンジュの先生を通じて正体がばれた。
パク・ドンジュは正体を明らかにして真心を告白しようとしたが今回はユン・スワン父親ユン・ジェボムが防いだ。

ユン・ジェボムはパク・ドンジュに“私たちのスワンに目の移植をした有難い方が君のお母さんで、スワンが見たがる人が君というもの知っていた。 時間が過ぎてお前ら家族がスワンに大切な存在なのを知った”と告白した。

そしてユン・ジェボムは“考えてみたか。 目の移植をした人がそんなに好きだった君のお母さんだったということを知るようになるならばスワンがどうか。 君が私をお父さんだと呼ぶのが良い。 そのままにしよう”とお願いした。
パク・ドンジュが“一つだけ尋ねる。 私を助けてくださったのもこれのためなんですか?”と尋ねるとすぐにユン・ジェボムは“君が私にどんな意味なのか君は想像もできないことだ”と答えた。

ユンジェボムにパク・ドンジュはしかたなくユン・スワンに“ヘジュのためにアメリカ行かなければならなかった。 そこで勉強して義死されて良く過ごした。 生きるのがとても忙しくて私は君の考えなどしなかった。 率直に話せばここに記憶とても辛くてみな消したかった。 それでみな忘れて生きた”と嘘をついた。

1398607586_689766.jpg
カン・ジウンはユン・スワンが初恋を忘れずにいるという考えに手にあまるといった。

そしてカン・ジウンはユン・スワンに会って普段とは違う雰囲気でエスコートした。
ユン・スワンやはりカン・ジウンを怪しいと思ってお母さんオ・ヨンジが共にくるのではないのか疑った。

カン・ジウンは"お母さんは来ないよ。 そのホイッスル君に大切なことは私もよく知っているけど今からは私の物を持ってほしい"として星形ペンダントをプレゼントした。

カン・ジウンは"仕事をするのに邪魔にならないように無条件に丈夫にさせてくれと言った。 君が離す前までは絶対落ちなければいいけど"としながら心を表わした。


以後ユン・スワンの家の前まで送ったカン・ジウンは切ない雰囲気を形成した後 口を合わせようとした。
しかしデュラン・バクが初恋パク・ドンジュという事実を知ったユン・スワンは背を向けてこれを断った。

201404272247291710_1.jpg
ユン・ジェボムは娘ユン・スワンがパク・ドンジュの正体を識別するとすぐにパク・ドンジュに真心告白を防いだ。
パク・ドンジュはその間お父さんのように自身の学業を支援したユンジェボムの要請を無視できなくてユン・スワンに“私はみな忘れて生きた”と嘘をついた。

だが、ユン・スワンはそのようなぱく・ドンジュの嘘にもかかわらずドンジュの周囲をぐるぐる回ってユン・ジェボムを情けないくした。
ユン・ジェボムはパク・ドンジュを再びアメリカに出国させる計画に突入した。

ユン・ジェボムはパク・ドンジュに“戻れ。 ここはお前のいる場所ではない。 ここにもっといれば君もスワンもますます骨を折られることだ。 いや、君たちはすでに大変だ。 ボストンからまたきてほしいと要請きただろう? 私がお願いした”と話した。

これに対しパク・ドンジュは“スワンをただ見守ることさえできたら良い。 1年いや半年だけ。 決まった期限だけ終えれば予定通りに戻る。 お父さんのそばで見つめて戻る”と頼んだ。

しかしユン・ジェボムはパク・ドンジュの前に膝までひざまずいて座って“私をお父さんだと考えるならば、私たちの娘が平凡な幸福感じて生きることを願うならば私の要請どうか聞いてほしい”と出国を勧めた。

201404272300121710_1.jpg
ユン・スワンは初恋パク・ドンジュになぜ正体を隠したのか尋ねたし、すでにユン・スワンの父親ユン・ジェボムに依頼されたパク・ドンジュは距離をおくために嘘をついた。

パク・ドンジュは“初めにはとても変わって見違えたし次には私に忘れたい記憶だけなのに君がとても明るくて幸せに見えて隠した”として“一回ぐらいはママ、私たちのジョンファさんに私が姿見せてあげたくて帰ってきた。 本当にそれのみだ。 君とまた会うのは私の計画になかった”と話した。

これに対しユン・スワンは“私はどんな瞬間も忘れたことがなかった。 いつ瞬間も忘れるか惜しくて大切な記憶だけだった”と胸の内を打ち明けようとしたがパク・ドンジュは“もう忘れろ。 各自生きたとおり生きれば良い。 今 君の前にある人はパク・ドンジュでなくデュラン・バクだ. 私はみな忘れたい。 私にはとても痛くて辛い記憶だけだから過ぎ去ってほしい”として席をはずした。

パク・ドンジュの嘘を聞いたユン・スワンはパク・ドンジュの後ろ姿を眺めて“なぜ泣いて、なぜ泣いて。 このバカが”と涙を流した。


201404280723161710_1.jpg
ユン・ジェボムは娘ユン・スワンと初恋パク・ドンジュの再会を防いだし、ユン・スワンがパク・ドンジュの正体を知るようになるとすぐにパク・ドンジュにアメリカ出国を勧めた。
表面的な理由はユン・スワンがパク・ドンジュの母親ユ・ジョンファの角膜で視力を回復した事実を博雅でないだろうというもの。

だが、実状ユンジェボムの行動には他の理由があった。
ユン・ジェボムは過去ユ・ジョンファが手術前ユン・スワンに角膜を移植するという誓約書を書くとすぐに娘の目を見えるようにしたい欲に してはならないことを犯した。

ユン・ジェボムは成功裏に手術を終えた後 瞬間的な葛藤の為にユ・ジョンファの酸素呼吸器を引き離して人を殺した。 以後ユン・スワンとパク・ドンジュの関係を知るようになったユン・ジェボムは罪悪感のせいでパク・ドンジュが残した手紙をなくしたし、パク・ドンジュのアメリカ学費を支援してお父さん役割をしたこと。
もうそのお父さん役割がドンジュを困難に陥っていた。

結局この日放送末 パク・ドンジュはユンジェボムの要請のとおり出国を決めた。
しかしそのおりしもユン・ジェボムに電話一通がかかってきて思いがけない反転があらわれた。
お金を要求してきた電話の中人物は過去ユンジェボムの後輩医師でユンジェボムがユ・ジョンファ殺人を目撃した証人だったこと.

完全犯罪で埋められることができそうだった殺人の証人が登場してユン・ジェボムがそのようにユン・スワンとパク・ドンジュの間を分けようとした理由を推察させた。

201404272314541710_1.jpg
パク・ドンジュはユン・スワンの父親ユン・ジェボムの要請のとおり出国を決心した。
ユン・ジェボムが娘ユン・スワンのために離れてほしいとお願いしたため。
ユン・ジェボムはユン・スワンがユ・ジョンファの角膜を移植を受けた事実を知れば大きく苦しむだろうと話した。

パク・ドンジュはお父さんのように信じて従ったユンジェボムの要請により出国を決心したし、最後に母親ユ・ジョンファの納骨堂に花束とその間ユン・スワンとの思い出が入れられたmp3を置いた。
一歩遅れてパク・ドンジュは出国を計画中に ユン・スワンはパク・ドンジュを探し回ってmp3を見た。

その中にはその間パク・ドンジュがユン・スワンを懐かしがって録音した音声ファイルがいっぱいだった。
パク・ドンジュの嘘と違い パク・ドンジュがいつもユン・スワンを懐かしがっていたという証拠.
ユン・スワンは空港に走って行って過去パク・ドンジュがくれたホイッスルを吹いた。

再会したパク・ドンジュにユン・スワンは“この悪い奴。 二回も消えてしまうの? 私の許諾なしで消えないと約束したじゃない”として怒ったし、すでにユン・スワンが音声ファイルを聞いたことを知ったパク・ドンジュは“逢いたかった。 ユン・スワン”と初めて真心をいって抱擁した。

パク・ドンジュとユン・スワンの涙抱擁でこの日放送が終わって展開に興味を加えた。

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/04/28 18:56
私・・・・・やっとジウン目線になってきたので、さらに切なさ倍増しそうです。
次回の予告でもㅠㅠ
ジウンの出番は増えそうだけど・・・複雑~
ジウナ~(涙)

ヨシヨシ(′;д)/(;ω;`)
  • 2014/04/28 21:39
  • あっち
  • URL
  • Edit
ジウンはスワンの心に自分では無い人がいる事を分かっているんだね〜
でも 明るく振るまって プロポーズまでしたのに…

これから どうなるのか 心配!
私の かわいそセンサーが〜〜〜
ジウナ〜 。・゜・(ノД`)・゜・。
  • 2014/04/29 22:13
  • ふじてる
  • URL
そうなんだよ~ またもや 報われない愛 (いや まだわからんが。。。)
こういう役回りって。。。
もしや・・・・すでに ウヌから始まっていたのか?( ̄▽ ̄;)
  • 2014/05/01 00:11
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。