ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

NYLON 5月号 インタビュー内容

NYLON 5月号にジソク君が載ると言うことで・・・紹介動画を載せましたが
雑誌のインタビュー内容を 紹介してくれた方がいて なかなか興味深い内容だったので
訳して ここに載せてみます。

ファンがシンジフンとして自分を見ることへのプレッシャー
今 エンジェルアイズを撮って 2番手という位置について
恋愛について
そんな話を 超~~~~正直に答えてくれてます。
そこまで 正直に言わんでもええのにってくらいね(爆)
そこが ジソク君らしくて いいところなんだけど^^

相当長いですが 読んでみて~
14050903.jpg
14050902.jpg
--->なぜこのようにやせましたか?

今日は瞬間的に水分がみな陥るからでしょう?

撮影のために何日も夜を明かしました。

もちろん着実にダイエットをしていますが。

本来太ったスタイルではないが、ダイエットをする理由は何でしょう?

除隊してシャープな姿を見せてあげたかったです。それで運動を着実にしたが、S/Sシーズンにして夏に露出ほどほどにした後 F/Wシーズンには休みます。一年中ダイエットをして運動するのが容易なことではないので4分期中第2四半期だけするんです。ワンダフルママを終わらせて運動にちょっと没頭することはしましたよ。

以後今回の新しいドラマに入る時までタームが少しあったでしょう?

単幕劇すると思ったことしかないからそうです。

以後にほとんどすぐに入ったが願うほどの成果を得ることができなくて惜しむという話を聞きました。

どうしてもロピル以降 もう少し走る必要があってすぐにワンダフルママを選択しました。

この作品が週末劇なのに私のフィルモグラフィーを羅列しておいて見ると週末劇だけ抜けていましたよ。

連続ドラマ、ミニシリーズ、シチュエーションコメディ、朝ドラマまで全部してみましたが。さらにペ・ジョンオク先輩が参加するという話を聞いて視聴率がある程度出てくることと考えたが、ドラマが50部作で長かったし視聴率のために揺れたことが多かったです。初めにはヒーリング ドラマで企画したが中間には視聴率のために詰まり要素が入って仕上げは再びヒーリングになって見たら作品完成度に問題がありましたよ。数字に追われて見たら振り回されたりもしたが、とにかくたくさん習うことになった作品でしょう。それ他には得たのが多くなくてちょっと惜しかったです。

それで次期作を選ぶのに時間がもっとかかったようですか?

その間気に入るのは単幕劇程度でした。あまりにもキャラクターが良かったし、作家様が話そうと思う意図が良くて出演したんですけれど。そして次に良かったことエンジェルアイズでした。

エンジェルアイズでまた、あしながおじさんを引き受けましたね。キャラクターシン・ジフンの延長線だと敬遠しそうですが?

絶対違いますよ。一言でキャラクターを説明すればシン・ジフンのラグジュアリーバージョンだが絶対似たキャラクターではありませんね。率直にロピルの中シン・ジフンは女たちの完ぺきな理想でしょう。視聴者、特に女性たちが持っているファンタジーを完ぺきに代弁する男でしたよ。当時にはその役割が理解できなかったが演技をしながら女性たちがこのようなキャラクターに没頭することを見てシン・ジフン役を担うことになってうれしかったです。だが、私もこのキャラクターに閉じ込められたいつもりはなかったです。ところで今回引き受けたカン・ジウンの役割はシン・ジフンのように現実で見られないキャラクターとは違いますよ。ロピルと比較すると劇中ヨルメが自身を離れるといった時シン・ジフンは受け入れるが、カン・ジウンは絶対受け入れません。カン・ジウンはキャラクター上裏面があって、状況を見て葛藤しますね。とても良い役割です。魅力的なキャラクターで、まだ子役分量しか放送されなかった状態と正確に話すのが大変だがドラマで確認すれば何か話なのか分かるでしょう。

事実がドラマで男主人公がイ・サンユンさんです。こうした話は用心深いがイ・サンユンさんの重さがキム・ジソクさんの重さよりさらに大きい思いはしなかったです。それで今回の役割に主演でないサブ主演に入るのがキム・ジソクさんには損してないかと思いますが?

初めてキャスティング提案が入ってきた時マネジャーが難しく言い出しましたよ。シナリオも良くて、キャラクターも良くて、監督様と作家様も良いが主人公がイ・サンユンなのに大丈夫かと。事実主演ドラマをとった時サンユンがこのドラマでデビューしたので何年間に立場が変わったことと周辺の人は心配したようです。だが、私は何ともありませんでした。それでマネジャーに"それが何?"といいましたよ。

普通俳優はそのような部分に敏感でしょう。

私は本来主演、助演のような観念がないです。ある人は私が欲がとてもないというのにそれは違いますよ。私がすることができるのをするのが賢明だと考えます。今作品に役に立つならば主演でも助演でもタイトルは重要ではありません。

それでキム・ジソクファンが空しがるんです。もう少し上がれるのに怠惰なことはいや出してしたり、ひょっとしてマネジメント側に問題があることではないかを尋ねたりもします。

そのとおりですよ。空しがります。兄さんはなぜさらにはやく仕分けしながるのかと。ところで適切な時期は私が選択するのではないでしょう。機会がくれば私も飛びかかるだろうがまだ機会に会えなかったんですよ。今サンユンが1番としても私のキャラクターがサンユンに遅れをとらないでしょう。

演技でサンユンがキャラクターを喰うことができるという自信もありますよ。私は演技始める時こういう話を聞きました。エレベーターに乗って上がればそれだけはやく降りてきて、階段に上がればそれだけ大変だが降りてくる速度も遅くて上がる時の満たされることも大きいという言葉です。明確にまもなく私の時がくるでしょう。私はその日をあせるように追いはしませんよ。演技は一生することだから。

マネジメント側との問題は全くないですか?

新人の時から共にしたところです。その間本当に誘いをたくさん受けたがそれも会社にみな話します。"おい この程度条件で誘い受けたがお前たち緊張しろ"といいながらです。さらに除隊後に契約する時にも会社で私の印鑑を持っていてとったし細い部分項目も具体的に明示しなかったです。それだけ互いに信じますね。それでもしファンたちあるいは大衆が私がもう少し前に進めるのにそうでないように感じるならばそれは所属会社の問題というよりはあの自らの問題だと見るのが合うんです。そしてさっきも話したが私は本当にゆっくり行ってもまともに行くことだからとても心配しないでください。ハハ。

ドラマの中でク・ヘソン、イ・サンユンさんとの呼吸はどうですか?

おもしろいのが演技呼吸はサンユンとさらによく合います。ヘソンもそのような部分をちょっとからかいます。私たち二人がさらによく似合うと。実際に監督様も他のスタッフもサンユンと私とケミストリーがあるということに、私たち二人もそれを感じます。多分ドラマを通じても妙なケミストリーが見えるでしょう。

キム・ジソクさんがいる撮影会場はいつも雰囲気が良かったというが、その理由は何であるようですか?

私は撮影会場が楽しくなければならないと考えます。それで努力します。スタッフ、俳優に先に近付いたり現場雰囲気を盛り上げようとします。もちろん初めからそうであることはできなかったが、そのような役割をする俳優がなければならないというのを経験上習ったことでしょう。それで努力しましたし。

本来どうだったんですが?

初めてデビューした時は私も自らを閉じ込めるスタイルだと人々ともよく似合うことができなくて、現場でも大変でした。否定的に考えるスタイルであったし、それで相談も受けました。

精神科相談ですか?

精神科相談だと大層に見るにはちょっと無理がありカウンセリング程度でしょう。

どんな問題があったでしょう?


"演技を始めてアイデンティティをたくさん失いました。うつ病ではないんだけど。..例えば人々が考える私に対するイメージに符合する姿だけ見せなければならないという圧迫感だといいましょうか?終わって人々は私をみなシン・ジフンで見ます。そのような人々の前で大変で癇癪を起こす姿を見せれば慌てます。ところが私はシン・ジフンではなくはないですか?そのような部分でストレスを受けるんです。イメージに符合する生活を送らなければならないことなのか、でなければそのようなイメージと関係なく私の姿そのまま生きなければならないということなのかに対する悩みましたよ。"


それで結論を下したんですか?

適切に行動をしなければならないということ?仕事をする時会った人々にはある程度イメージに符合する姿を見せるとすぐにも決心しましたよ。そして同時に私の姿を失わないために以前の友達に着実に会いますよ。この仕事にあって見たら別れるということと会うということがとても多くてそんなに表面的な関係が続くのにそのたびに人間関係に深い懐疑を感じます。それも傷つかないように膜を作るんです。そうするうちに以前ぐらい傷を受けはしなかったんですよ。

休みの間タイで一人で旅行してきたんですって。なぜ旅行地でタイを選んだことでしょう?

撮影で何度か行ってみたが天気とタイ湾の和やかさが気に入りました。そしてアンコール・ワットに必ず行ってみたい心もあったんですって。14泊15日.一人で歩き回るのにお金もたくさん使わなかったです。私がホテル、これをホテルということもできないようなドミトリーのようなところを予約したし食べるのも現地食べ物を食べるとたくさん入りませんでしたよ。一日に寝るのに1万 3千ウォン程度しかかからない所でした。そうするうちに韓国の人は全くない...ハハ。

どこが一番良かったんですか?

アンコール・ワットだけアニーと所々みな良かったが3泊4日ピピ島で送ったのは後悔しました。皆恋人や新婚夫婦らでしたよ.一人で旅行に来た女性は一人もいませんでした。

一人で旅行したのは今回が初めてでした?

俳優をした以後には行くことがなかったんですよ。そうするうちに今度は時間をあけて勇気を出したものだが本当に良かったんですよ。だが、当分一人旅行はしないつもりですよ。ものすごく孤独だったんですよ。ある瞬間は思わず独り言を言いましたよ。

三十四歳 独身、そんなに孤独だとしながらなぜ恋愛をしないでしょう?

したいです。本当に孤独です。もう本当に道を通り過ぎる人の中で気に入る女がいればハンティングもするところです。友達にも孤独という話をとてもたくさんして子供たちがうんざりするほどです。

ハンティングをしてみたことが一度もないですか?

そうですね。私がどこへ行ってハンティングをしますか?そして習えとの人が誰にも行って"あの。時間ありますか?"こうしますって?何か話しかけなければならないかもしれないし勇気を出しにくいです。そしてもししたといってもその女が私を気に入らながればどうしますか?あるいは人妻かボーイフレンドがいるならば?

ああ、そのような悩んでどのようにハンティングをしますか?

その程度で孤独という話をしますよ。この頃はさぞや孤独ならば他の人々のしないサイワールドに再びログインして今まで私に一親等申し込んだ人々を一名ずつ見てみます.

それで連絡をするんですか?

いいえ。それ相応の勇気が無いですから?そして女たちは私がシン・ジフンだと考えるのに、そのような期待をする女たちの前で自然なキム・ジソクで表示も骨を折ってよ。

本当に進退両難ですね。そんなに悩みが多ければ恋愛をできません。

ハハ。それでも私は運命を信じます。いつか運命の相手に会うことという希望は持っています。

すると運命の人に会えばすぐに結婚する心はあって?

当然です。品切れ他人になればファンたちが離れると心配する俳優もいるが私は全くそうではありません。かえって結婚すれば演技スペクトルが広げられるでしょう?そして私は結婚してこそ本当に男になるのではないのですか?私は弟でも結婚した後輩がいればその子が本当に男だと考えます。人生の先輩というか?とにかく結婚はすごいようです。それで私もすばやく結婚したいです。

ファンが本当に多いでしょう。ひょっとしてファンが女と見えはしませんか?

ファンを女で見ることもできます。だが、現実の可能性がないです。私を好きなファンにデート申請をすること?不可能です。するとそれは本当にばたやじゃないの?率直に話して私のファンたちが本当に美しいです。冗談でなく本当に美しいファンが多いほうでしょう。ところで私が美しいファンを1秒でもさらに見つめれば他のファンたちがいたずら違いますよ。おばけのように調べてみますね。それでファンたちには私は心を持たないようにして皆に公平に対しようと努力します。

ところでこうして恋愛しているのは違いますか?私はインタビューの時孤独だとした人々が雑誌出て行って1ヶ月もならなくて熱愛説認めた場合も誘ってみましたよ。

そうだと良いでしょうね。あの、本当に孤独ですね。よっぽどでなければ演技して代理満足をしますか?

ハハ。それが代理満足になるのですか?

それでもしなければならないんだから。でなければロマンスが最初からないですね。そしてなぜ周辺では私に合コンする人も一つないのでしょうか?

目が高いと考えたりすでにパートナーがあると考えて違いましょうか?どんなスタイルの女ならば合コンに出て行くのでしょうか?

清らかな女です。

何ですか?

清らかな人々いるでしょう。汚れていない...私は美しい女やモデルのような女を望みません。家庭が和やかなところで育った清らかな人に会いたいです

いっそ誰に似ていた女に会いたいと話すのが容易なはずなのに...

一言で表現することは骨を折ったが人を見ればきれいな気勢を持っているこれらがいます。私も幼い時は痛みがある女にささったがつきあってみるならば問題が生じましたよ。それで和やかな家庭で良く育った気勢がきれいな女に会いたいです。あえてもう一つ挙げようとするならその方が短靴や運動靴がよく似合えば良いでしょうね。

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/05/13 00:36
そだね~
シンジフン像を壊さないようにしようというジソク君の優しさってことかもだね~ うん

でも~
>ファンにとってジソクssiが元気な非力ボーイな近所のあんちゃんでおってくれる方が幸せなことですよね(^^)
私は こっちの方が ず~っと好きよ・

ファンのこと 考えすぎなんだよね。
もっと自然でいればいいのに・・・・┐('~`;)┌
それでも 十分・・・ いや その方が魅力的だったりもするのに・・・
  • 2014/05/13 22:51
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。