ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

エンジェルアイズ 19話

エンジェルアイズ19話

18話の最後にスワンが姿を消してから しばらく時間がたったという設定のようです。
番組冒頭で スワンの置手紙の内容が再現されるのですが(もしも 12年前にひき逃げ事故が起きていなかったら・・ の世界^^;)・・・またまた 子役ちゃん達が登場し、いい味だしてました。

肝心のジウンは~ 病院を離れて さすらいの旅・・・
14061407.jpg
・・・・ではなく 奉仕活動をしていたみたいですね。
母も改心したようで~ ジウン的には ハッピーエンド? ^^

ということで~
以下 動画と関連記事です。

エンジェルアイズ19話動画(中国サイト)

201406142231331710_1.jpg
ユン・スワンが手紙を残して消えた後、時間はユ・ジョンファのひき逃げ事故の日増しに遡った。
ユ・ジョンファはカン・ジウンの車にはねられなかったし、ユン・スワンは視力を探して無事にパク・ドンジュと再会して熱い抱擁した。
二人は並んで同じ大学に入学したし一緒に天文サークルにも入った。

以後成人になったユン・スワンは医師、パク・ドンジュは医師特別採用で救急隊員になった。
医師の先輩カン・ジウンはユン・スワンをユントルと呼んだ。
パク・ドンジュとユン・スワンは無事に挨拶をして結婚した。
パク・ドンジュとユン・スワンはユ・ジョンファの配慮でユン・ジェボムと共に楽しく生きた。

ユン・スワンの手紙には“ドンジュ。 もしその日その事故が起きなかったならば私たちが経験した時間は辛くなくて幸せだったかもしれない。 そのように考えればしきりに涙が出る。 そうしないとしてもそうなって。 なくした私を先に探さなければならないと思う”と記されていた。

ユン・スワンが想像した二人の幸せな姿がユ・ジョンファひき逃げ事故ですべてのことが歪んだ現実の悲劇性を加えた。

20140615_1402758719_40417000_1.jpg
ヨジンは過去息子ジウンのひき逃げ事故を覆おうとドンジュの母をふぐ毒で殺害した悪行を犯したしこの事実が明らかになって罪を受けることになった。
衝撃を受けたジウンは結局全てのものを捨てたまま海外医療奉仕の道に上がった。

ヨジンは自身の罪を悔いたように一層気楽な表情になった。
彼女は“心の勉強を始める契機になった”として“ごめんね。私が自らをまともに愛することができたら違ったのに”と話して後悔する姿を見せた。

ヨジンは夫に受けた傷のためにジウンに執着して彼を疲れさしたとし母として申し訳ない心を隠すことができなかった。

ジウンは“お母さんは依然として私には世の中で最も大切な方です”と話して相変らず母ヨジンを愛していることを表わした。
ジウンも やはり自身の痛みと傷を克服し始めた。


201406142258121710_1.jpg
警察チャ・ミンスさえユン・スワンを探せなかった。
そのようなユン・スワンを捜し出したのはカン・ジウンだった。
事件時効がすぎてひき逃げ罰を受けることが出来なかったカン・ジウンは海外奉仕活動で1年ぶりに帰国してまた他の奉仕活動の為に離れようとした。
案内パンフレットを調べたカン・ジウンはユン・スワンを発見してパク・ドンジュを訪ねて行って医療奉仕をお願いした。

二人を自然に会うようにしたこと。 ユン・スワンは島で119を自任して暮らしていたし、パク・ドンジュは出産を控えた妊婦を助けに行ってユン・スワンと再会した。
二人は突然再会に大きく慌てた。

201406142313361710_1.jpg
ユン・スワンは手紙だけ残した後パク・ドンジュのそばを離れて島で隠れて過ごして1年ぶりに奉仕活動来たパク・ドンジュと再会した。
パク・ドンジュは“私が元気だという言葉も惜しい人か”と怒ったが本来ユン・スワンは“私はここが良い。 このままが良い。 それのほかはする言葉がない。 申し訳ない”と答えた。

そのようなユン・スワンの反応に大きく失望したパク・ドンジュにユン・スワンを見守った民宿のおじさんが“始めてきた時人のあるべき姿ではなかった”としてユン・スワンの状態を説明した。
自殺を試みるほど疲弊されたユン・スワンが偶然にケガした人を治療して村の人々を助け始めて元気を出したこと。

パク・ドンジュはおじさんの話を聞いてユン・スワンを理解しようと努めたしおじさんの言葉通り週末に再び釣りをしにくることにした。
そのような内幕を知らないユン・スワンはパク・ドンジュが島を離れたという話に一歩遅れてパク・ドンジュを探し回る姿で遺憾を加えた。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。