ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

脳セクナム 2月26日放送分

脳セクナムが始まりました~

私は 先ほど見終わったんですが、
言葉の問題はかなりあるけど、なかなか面白かったですよ~www

とにかく 他の方々の能力がすごい!
その中で・・・ジソク君、超 浮いてますww
何で この中にいるの?状態です。 まるで 一般人(爆)

他の方々の意見に 「うわ~~」「うわ~~」と感心してばかりwww
(ジソク君の「うわ~」が 好きだったりする私ww)
これは・・今後 MCの方に さらにいじられそうな予感です。

でも、そんな痛いジソク君が好きだったりする私。
エリートの中に入っても 必死で頑張ってるジソク君
がんばれ~ 

ってことで~
以下 動画と記事を少し

脳セクナム第1回動画(DM)No.1

脳セクナム第1回動画(DM)No.2

脳セクナム第1回動画(中国サイト)

htm_2015022715356c010c011.jpg

26日初放送されたtvN '脳セクシー時代-問題的男者'では放送人ヒョン・チョンム、タイラーラシュィ、俳優ハ・ソクジン、キム・ジソク、歌手イ・ジャンウォン、ラップモンスターが出演して頭脳戦いを広げる姿が電波に乗った。

この日放送でキム・ジソクは英国名門私立高出身であり2個の教員資格証を持つ'脳セクナム'と紹介された。 引き続き公開された映像でキム・ジソクは字幕もなしで外国映画を見て集中する姿が見えた。

これに対しキム・ジソクは"小学校の時イギリスにいたが英語を使わないで見たらとてもたくさん忘れた。 惜しかったよ。 字幕なしで見てみるとすぐにしたがなかなか良い効果があったよ"と説明して目を引いた。

スタジオに登場したキム・ジソクは"英語とドイツ語で本人紹介お願いする"というチョン・ヒョンムの要請に外国語で自己紹介をしたが、"何の英語がこのように皆聞くだろうか"等緊張したように多少ぎこちなく出てくる外国語で笑いをかもし出した。

201502270122490010_1.jpg

キム・ジソクが2月27日初放送されたtvN '脳セクシー時代-問題的男'で突然の英語対話に慌てた姿を見せた。

この日チョン・ヒョンムはイ・ジャンウォンに"英語上手にしますよね"と尋ねた。 イ・ジャンウォンは"上手にするふりをして通ったし実際にはそんなに上手にできない"と否認した。

だが、イ・ジャンウォンは以後進行されたタイラーとのフリートーキングで驚くべき英語実力を自慢した。
タイラーはイ・ジャンウォンに"英語勉強する人々に助言一言いってほしい"と英語で質問した。
これに対しイ・ジャンウォンは"熱心に勉強して常に自ら英語を使おうとしなければならない"と英語で答えた。

この時ラップモンスターが黒人発音でイ・ジャンウォンに"What's up Bro"と話したしイ・ジャンウォンは英語で"君の人種に合うように行動しろ"と厳しい忠告を与えた。

突然のイ・ジャンウォン英語怒号にラップモンスターは衝撃を受けたしチョン・ヒョンムとタイラーは驚きと感心する反応を見せた。
反面キム・ジソクは瞳孔が大きく揺れる慌てる姿を見せて笑いをかもし出した。

SSI_20150227091306_V.jpg

問題的男者キム・ジソク、“12年目初恋と交際中”びっくり告白…分かってみれば‘反転’

‘問題的男者キム・ジソク’

俳優キム・ジソクが‘脳セクシー時代-問題的男’に出演して初恋と12年目交際中だと明らかにして目を引いた。

去る26日午後ケーブルチャネルtvN芸能プログラム‘脳セクナム’初放送には‘大企業面接2014’で面接シミュレーションが進行された。

この日‘脳セクナム’で最初の問題は2014年実際に出題されたS電子入社問題であった‘ガールフレンドとなぜ別れたのか?’であった。

キム・ジソクは“ガールフレンドとなぜ別れたか”という面接官の質問に“見るからに僭越な話だが、まだ別れたことがない”としてしらじらしく嘘をついた。

これに対し面接官はキム・ジソクに“ガールフレンドと別れることになるならばなぜ別れようか”と質問したし、キム・ジソクは“12年の間別れたことがあった。 ガールフレンドはよく聞き入れるのを望んだが、そうはなれなかった”として“もう他人の話をよく聞き入れる姿勢になった”と答えた。

最後に面接官は前の回答の中で、最も良かった回答で自身の答を挙げたキム・ジソクに“今までの話はみな事実か”と尋ねたし、キム・ジソクは“はい、事実だ”と話して目を引いた。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。