ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 13話

優しくない女たち 13話です。

優しくない女たち 13話 動画(DM)

優しくない女たち 13話 動画(中国サイト)


以下 記事です
201504082202142510_1.jpg

キム・ヘジャが絶叫した。

死んだと思った夫チョルヒ(イ・スンジェの役)と再会するスンオク(キム・ヘジャの役)の姿が描かれた。

チョルヒは記憶を失ったまま冷麺を食べにスンオクの家を探してスンオクと会った。
チョルヒを見て驚いたスンオクは"雑鬼が退け"として塩を振りかけた。

スンオクは"助けてくれ。 恐ろしくて死にそうだ"として嗚咽したし、娘ヒョンスク(チェ・シラの役)とヒョンジョン(ト・ジウォンの役)の引き止めでやっと本当なことができた。

わけも分からなくて塩を受けることになったチョルヒは"本当に汚い。 冷麺一度食べようとするのがそんなにくやしいのかおばさん"として不快感を表わした。

201504082231202510_1.jpg

イ・ハナ、ソン・ジェリムが誤解を解いた。

イ・ドゥジン(キム・ジソクの役)に他の人が好きな心を率直に告白するマリ(イ・ハナの役)の姿が描かれた。

マリはドゥジンに"謝りたいのがある"として"その映画、本当はその人と見ようとしてあんだけど連絡がなくてイ・トゥジンさんに見ようといったの"と解明した。 引き続きマリは"そのような話 私にしなくても済む"というドゥジンに"その日映画見たこと大きい意味はない"と強調した

ドゥジンは"お母様の仕事が気にかかるからか"と尋ねたし、マリは断固として"それとは別だ"と答えた後謝った。
以後マリは"その人を度々思い出す。 何か誤解があり得る"としてルオ(ソン・ジェリムの役)に向かった心を表わした。

ドゥジンは慌てたが"大きい意味にはとらえないから安心しろ。 私もおかげでマリさんとおもしろい映画も見た"と話してクールな反応を見せた。

直ちにマリはルオを訪ねて行って"他の人とその映画見た。 怒らなければならないということじゃないの?"と問い詰めた。 マリは"突然私がマリさんに不足した人と見えた"というルオに"そうだ。 水準を見るととても思わしくない"と怒っては剣道長を抜け出た。

ルオはマリについて行った。 ルオは"約束できるのか。 二度と他の男と映画見ないと"と話したし、マリは"約束できない。 理解することができない人は事業も恋愛もできない。 私はもう私の頭の中で、私の心の中で君消すのだ"と胸の内を打ち明けた。

その時初めてルオはマリの心の中に自分があることを識別して"今まで私がマリさん心中にあったのか"と尋ねた。ルオは"ある。 とてもたくさん"というマリに"待つ。 マリさん心の中に、頭の中に私がぎっしり埋まる時まで。 私はすでにここにチョン・マリでいっぱいなんだけど。。"と愛を告白した。

また、ルオは"次から別の男と映画見ればひどい目にあう"と警告した後マリが無理に笑う時まで待って女心を揺さぶった。

201504082238572510_1.jpg

イ・スンジェがチャン・ミヒを自分の妻と誤解した。

スンオク(キム・ヘジャの役)モラン(チャン・ミヒの役)と再会するチョルヒ(イ・スンジェの役)の姿が描かれた。

スンオクは安国洞(アングクトン)を探したチョルヒを調べてみて驚き、塩を振りかけた。 チョルヒはわけも分からないまま塩を受けて不快感を表わしたがすぐ自然に安国洞(アングクトン)家に溶け込んだ。

その中でモランは安国洞(アングクトン)を探してチョルヒに会って大きい衝撃を受けた。

チョルヒはモランに近付いて'妻'と呼んだ。 チョルヒは慌てたモランに"私たち 会ったことがないのか。 私の名前尋ねないのか。 知らないのか。 私たちの明らかに知っている間柄であった"と主張したし、モランが自身の名前が'モランという'と明らかにするとすぐに"あなたは私の妻だ"と話して皆を驚かせた。

これを見守ったスンオクは大きく怒り、チョルヒに向かって怒りの足で蹴ることを飛ばした。

201504082253472510_1.jpg

キム・ヘジャがイ・スンジェ記憶を再び使うことにした。

死んだと思ったチョルヒ(イ・スンジェの役)と再会するスンオク(キム・ヘジャの役)の姿が描かれた。

安国洞(アングクトン)を探してモラン(チャン・ミヒの役)をみたチョルヒはモランを見て自身の妻と感じた。
これを見たスンオクは大きく怒り、チョルヒに怒りのハイキックを飛ばした。 これに対しチョルヒは病院世話になることになった。

病気見舞いに行ったスンオクは自身がチョルヒの妻であることを告白した後彼に過去のチョルヒは妻子しか分からない男だったと嘘をついた。 これに対しチョルヒは"私があんな女と生きたという話なの?"として疑問を表わした。

分かってみればこれはジョンミ(キム・ヘウンの役)の提案にすることになった嘘だった。 先立ってジョンミはスンオクに"糟糠の妻だけ愛したもので脚色しよう。 思い出させてはいけない記憶も作って入れて差し上げれば良い"とアイディアを出した。 また、ジョンミはモラン関連記憶に対しては"お父さんはお母さんだけ分かる男であり、モランという女史はお父さんにお金を借りた故郷の妹としよう"と提案してスンオクを乗り気になるようにさせた。

一方スンオクはチョルヒに偽り記憶を植え付けた後"夢でも良くて。 違っても良くて。 今日はそのまま美しい服を着たいね"と独白して目を引いた。

Comment

切ない〜…>_<…
  • 2015/04/11 13:14
  • feleza
  • URL
やっぱり こういう・・・・役回りㅠㅠ
わかっちゃいるけど 切ないよね・・・
  • 2015/04/12 22:47
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。