ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 16話

優しくない女たち 16話です

優しくない女たち 16話 動画(DM)

優しくない女たち 16話 動画(中国サイト)

201504162209369610_1.jpg

‘優しくない女たち’イ・スンジェ、チャン・ミヒ汽車墜落事件転末が公開された。

記憶が戻ってきたキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)が家族を離れて汽車からおりてまた再び家出を敢行する姿が描かれた。

家族旅行中頭をぶつけて記憶が戻ってきたキム・チョルヒは自身が糟糠の妻カン・スンオク(キム・ヘジャの役)を捨ててモラン(チャン・ミヒの役)にプロポーズをしたという事実を思い出させた。
チョルヒはモランの婚約者に手紙を送った事実を告白して自殺未遂をするモランを引き止めたし体の小競合い中汽車の外に落ちた。

すべての記憶が戻ってきたキム・チョルヒは自身の誤りを自ら叱責して今一度旅立った。
汽車からおりたキム・チョルヒは娘キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)と婿チョン・グミン(パク・ヒョゴンの役)が後に従ってきて自身を探すとすぐに体を隠した。

キム・チョルヒの異常な行動にモランは過去チョルヒと汽車でもめごとを行った事実を今一度思い出させた。
当時モランは汽車から落ちたチョルヒを切なく探し回ったが結局彼を探せなかった。
モランは“その時が浮び上がったとすれば日行っておいたはずがなくて。 兄さんも私の人生を台無しにしてしまったではないか。 私も言うべきことある”として私一人でこっそりと涙をこぼした。

201504162217519610_1.jpg

優しくない女たち’チャン・ミヒが家出したイ・スンジェを疑った。

記憶を取り戻したキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)が家族らと汽車旅行中また再び家出を敢行する姿が描かれた。

キム・チョルヒは家族らと30年ぶりの外出で頭をぶつかって過去記憶を取り戻した。
自身が家族に悪いことをしたことを悟ったキム・チョルヒは汽車からおりて体を隠した。
30年ぶりに帰ってきた夫キム・チョルヒが再び消えるとすぐにカン・スンオク(キム・ヘジャの役)は一度あったこととし熱心になかなか良い振りをした。

反面チャン:モラン(チャン・ミヒの役)はチョルヒの記憶が帰ってきたか心配した。
30年前チョルヒは家族を捨ててモランにプロポーズをした。 だが、モランの婚約者に男がいるという手紙を送った人だと告白するとすぐにモランは自殺を試みたしこれを引き止めて体当たりをしたチョルヒは汽車から落ちて記憶を失った。
モランはチョルヒを探したが結局彼を探せなかったし近所で火事が起こったという音がしてモランがチョルヒを死んだことで操作したことではないか気がかりなことをかもし出した。

家を出たキム・チョルヒは記憶がない状態でカン・スンオクと互いにチューをしながら幸せになった日々を思い出させた。 チョルヒは“私が殺す奴です。 あなたの顔もモランが顔も見ることはできない。 その家で生きることはできない”と自ら叱責して涙をこぼした。

その見解モランはチョルヒを探せば故郷の家に降りて行くとしてスンオクに“兄さんひょっとして痴呆あることではないのですか?”と言い出した。 だが、スンオクは“痴呆でなくそのまま及ぼした男だ。 若かった時は痴呆あって出て行ったか?”と話した。

モランは療養院で他の人に会ったのではないかと“男一人でその長時間を一人でいたとのことが現実的に難しいでしょう。 とりわけ、ミナムという名前を得るほどならばどれくらい骨を折ったか。 他の女がいただろう。 それで申し訳ない心に他の女に行ったことだ。 私たちが行って訪ねてきましょう”と話した。 だが、スンオクは“新しい女と買おうとして。 私は嫌だ”と拒否した。

201504162224249610_1.jpg

優しくない女たち’イ・スンジェがキム・ヘジャ、チャン・ミヒ関係に疑いを抱いた。

記憶を取り戻して罪悪感に家出したキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)と彼を心配する家族の姿が描かれた。

キム・チョルヒは記憶を取り戻して罪悪感に苦しめられて30年ぶりの家族旅行で単独で消えて体を隠した。
過去糟糠の妻カン・スンオク(キム・ヘジャの役)を捨ててチャン・モラン(チャン・ミヒの役)にプロポーズをした日事故に遭った自身の行動が嫌だったこと.

単独で野宿をしたキム・チョルヒはスンオクとモランが一緒にいるのを見て“なぜ二人一緒にいるだろう?”としていぶかしいといった。 それと共にキム・チョルヒは過去療養院で知るようになった老人が本妻と小さい家に保険金のために殺害されたという事実を思い出させた。

キム・チョルヒはスンオクとモランが自身を殺そうとする想像をした。 チョルヒの想像でスンオクはチョルヒが買った手袋をはめてモランと共に自身の首をしめる夢を見た。 これに対しチョルヒは分からない不安感に陥った。

201504162232369610_1.jpg

‘優しくない女たち’ソ・イスクの二つの顔にキム・ジソクも歯ぎしりした。

卑劣なナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)の二つの顔を目撃したドゥジン(キム・ジソクの役)の姿が描かれた。

ナ・ヒョンエは自身の実の息子イ・ルオ(ソン・ジェリムの役)に娘マリ(イ・ハナの役)と別れなさいと要求する過去弟子キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)にカバンを振り回した。 頭に当たったヒョンスクは直ちに倒れたし以後ヒョンスクはナ・ヒョンエを暴行罪で告訴した。

ナ・ヒョンエはキム・ヒョンスクに電話をかけて警察調査前自身と会おうと要求したし、ヒョンスクは“先生が拘束されれば面会に行きますね”と対抗した。
ナ・ヒョンエは“中卒ふりをせずに出てこい”と話したしこの姿を息子ドゥジンが目撃した。

ドゥジンはヒョンエにマリを害しないでくれとしたがナ・ヒョンエはマリの肩をもつルオとドゥジン二人の息子を見て話す言葉を失った。 教養あるふりをしたが結局ドゥジンに底辺二つの顔まで全部見つけられたナ・ヒョンであった。

ドゥジンはマリに電話をかけてナ・ヒョンエが会おうと言っても会うなと話した。 だが、その時一緒にいたルオ(ソン・ジェリムの役)がマリを呼んだしその声を聞いたドゥジンは二人が一緒にいるという事実に首をうな垂れた。
ここにイ・ルオがマリに共に留学に行こうといった姿が描かれて関心を集めた。

201504162131495810_1.jpg

30年ぶりの外出が衝撃と涙の海で終わった。

再び家族のそばを離れてしまったキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)のために衝撃受けた家族の姿が描かれた。

カン・スンオク(キム・ヘジャの役)は"お前らも見ただろう? 私たちの報告離れたこと合うだろう?"として驚いた胸をたやすく鎮静できなかった。 最初娘キム・ヒョンジョン(ト・ジウォンの役)は"私たちのもうそろそろ傷つきます"として離れたお父さんに対して心を閉じた。 これに対しイ・ムハク(ソン・ジチャンの役)は"理由も分からない行動をする時はみな理由があるものです"として言い聞かせた。

駅の外でキム・チョルヒを探しに出たキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)は"二番目娘が後負けて出て行かれたか"と涙を見せた。

キム・チョルヒが必ず帰ってくることとし慰めるモランの話にカン・スンオクは"30年ぶりの外出だったが... キム・チョルヒという男、私は理解できないよ"としていらいらする中を表わした。

201504162241049610_1.jpg

‘優しくない女たち’キム・ヘジャがイ・スンジェ汽車墜落事件でチャン・ミヒを疑った。

憶を取り戻して家出したキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)を探しに出たカン・スンオク(キム・ヘジャの役)モラン(チャン・ミヒの役)の姿が描かれた。

キム・チョルヒは記憶を取り戻して自身が家族を捨てたという罪悪感に家出を敢行した。 これに対しモランはチョルヒの痴呆と女関係を疑ってスンオクにチョルヒを探しに出ようと話した

チョルヒがいた療養院に行ったスンオクとモランはチョルヒが記憶を失った間家族を懐かしがってスクラップしておいた新聞記事等を見ることになった。 チョルヒの側近はチョルヒが記憶にもない家族を懐かしがったと話したし二人の災いは少なくともやわらいだ。

この時、療養院でユン・ミジャというスンオクの故郷の友達が現れて知った振りをした。 スンオクは療養院にあった友達から以前に汽車で夫イ・チョルヒを見たという話を聞いた。 ミジャはチョルヒが電車の中で若い女とともにいたとししばらくうとうとしていている間人々ががやがや言って行ってみると誰か汽車から落ちたし誰か押したという話があったと話した。 これに対しスンオクは誰か汽車で自身を押したというチョルヒの話を思い出させてモランを疑った。

チョルヒがハン・チュンギを(チェ・ジョンウの役)と一緒にいるという報せに接して家へ帰っている間スンオクはモランを眺めての中に“あなたが押したのではないだろう?”と再度疑いを抱いた。
チョルヒはスンオクと家族を捨てて汽車でモランにプロポーズをした状況. そうするうちにモランの婚約者に手紙を送って婚約破棄するようにさせた事実を告白したしこれに対し自殺するというモランを止めて汽車から落ちた。
果たしてすべての事実を思い出したチョルヒとこれを記憶しているモラン、そしてモランを疑うスンオクの関係がどのように展開するのか気がかりなことを加えた。

201504162248209610_1.jpg

‘優しくない女たち’イ・スンジェがチャン・ミヒのためにキム・ヘジャに記憶を取り戻した事実を隠した。

記憶を取り戻して家出を敢行して帰ってきたキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の姿が描かれた。

キム・チョルヒは過去家族を捨てたという罪悪感に今一度家出を敢行した。 ハン・チュンギを(チェ・ジョンウの役)の助けで再び家に帰ってきたキム・チョルヒにカン・スンオク(キム・ヘジャの役)は確実にするとし不便ならば出て行けといった。
チョルヒは一生家で生きながらスンオクに罪を返すとして記憶が帰ってきた事実は隠した。

チョルヒはなぜスンオクとモランが一緒にいるのか尋ねたしモランはしばらくあることとし記憶を取り戻せば戻ると話した。 ひょっとして自身をモランとスンオクが殺そうとすることではないか疑ったチョルヒはスンオクとモランの嘘に疑いを隠すことができなかった。

スンオクは療養院で会った故郷の友達にチョルヒが若い女と30年前汽車に一緒にいたという事実を聞いたし汽車で人が落ちた後チョルヒが消えたし以後チョルヒが死んだという便りが伝えられたという話を聞いたといった。

記憶を取り戻したチョルヒは何も分からないスンオクにそんなことはないとし思い出せないと言い逃れた。
モランはそのようなチョルヒを見てひょっとして記憶が帰ってきたかと思って心配した。 スンオクは“そこ行ってみるのを上手にした”としながら再度汽車に一緒にいた女でモランを疑った。

201504162254249610_1.jpg

‘優しくない女たち’チェ・シラがシ・イスクに復讐した。

自身を暴行したナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)を暴行罪で告訴して合意をしないで持ちこたえるキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

ヒョンは実の息子ルオ(ソン・ジェリムの役)に娘マリ(イ・ハナの役)に会うなと要求するヒョンスクの頭を攻撃した。
これに対し倒れて手首をケガしたヒョンスクはナ・ヒョネを暴行罪で告訴したし合意をしないと持ちこたえた。

警察でに会ったナ・ヒョンエは合意金500万ウォンを与えるといったがキム・ヒョンスクは警察署出入り記者が聞けといったように大きい声で誇らしい師匠賞をもらった人が暴力を振り回してはなるかと話した。

ナ・ヒョンエは警察署を出てヒョンスクにカバンで自身を打てといったがヒョンスクはそのようなヒョンエに過去自身が当てられたように反省文を書けといった。
過去高等学校担任だったヒョンは授業に陥って外国歌手の公演を見に行くかと思えばマフラーを盗んだと誤解を受けたヒョンスクに反省文を書くようにした。 その時ごとにナ・ヒョネはヒョンスクの反省文に真正性がないとし破ってしまって侮辱感を与えた。 これに対しヒョンスクが過去ことをそのまま返したこと。

ヒョンスクはナ・ヒョンエの誠意ない反省文に“先生柿が落ちられた”としながら見ろといったように破ってしまったし羞恥心を感じたナ・ヒョンエは家へ帰る時に涙を流した。 当てられたそのまま返えしたキム・ヒョン熟考痛快な復習だった。

201504162132425810_1.jpg

イ・ミドがまともに本性を表わした

パク・ウンシル(イ・ミドの役)はカン・スンオク(キム・ヘジャの役)後継者席に対する欲を赤裸々に表わした。

パク・ウンシルは安国洞(アングクトン)家に家族がない合間を利用してこっそりとカン・スンオクの服を着て後継者まねた。 この時キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の電話を受けて安国洞(アングクトン)家に立ち寄ったアン・ジョンミ(キム・ヘウンの役)がその姿を目撃、"先生の服を着て何をしているのか"として"先生料理レシピ引き出すのも君か"と促した。

パク・ウンシルは"なぜ私を疑いますか?"として受け返してひきつづき"私がどれくらい忠誠を支えたが","や異執下女違う、カン先生後継者"と露骨に内心を表わした。

201504162303549610_1.jpg

優しくない女たち’チェ・シラがソ・イスクの弱点をまともに捉えた。

ナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)に過去とはがらりと変わったキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

キム・ヒョンスクは実の息子ルオ(ソン・ジェリムの役)を侮辱したとし自身を殴って負傷させた過去高等学校担任先生ナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)を警察に暴行罪で告訴した。
ナ・ヒョンエは合意金500万ウォンを提示したがヒョンスクはかえって過去懸崖が自身にしたように反省文を書けといった。 これに対しナ懸崖は佗びしいということに涙を流した。

これだけではなかった。 青少年メントボランティアメンバー名簿にナ・ヒョンエがいるのを見たキム・ヒョンスクはヒョンエに対する評価が千編一律的に良いのを発見した。
キム・ヒョンスクは疑いを抱いたし結局ナ・ヒョンエが授業はしなくて子供たちにチキンやピザをさせてあげた後良い点数を受け取ったのを明らかにした。

結局良い師匠賞まで受けたナ・ヒョンエの不正が言論に知らされたし記者たちが駆せ参じた。 ナ・ヒョンエは表面では申し訳ないようにしなかっかった後では“私が何を間違ったか”と不満を吐露した。 ヒョンスクはナ・ヒョンエが実家で最もうまくいった人とし頼む姿を目撃して心が揺れた。

ヒョンスクは記者たちに苦しめられるナ・ヒョンエの前で子供たちに疎通と和合のためにピザ値を後援したのが何の誤りかと擁護した。
キム・ヒョンスクはナ・ヒョンエに自身が気に入る時まで反省文を書けと要求したし、ナ・ヒョンエは記者たちの前だと止む得なくヒョンスクの要求を受け入れた。
同じように恥さらしを与えて壊れるようにさせること代わりにナ・ヒョンエを後から握り揺さぶることになったヒョンスクの賢明な復讐であった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。