ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 18話

優しくない女たち18話です

ドゥジンのシーン 1シーン ・・・・ えっ?
しかも 諦めようと努力する姿って・・・ ええっ?
三角関係は どうした?    えええっ?
今さら逆転もありそな 微妙な前ふり?・・・・ えええええっ?
15042401.jpg

優しくない女たち18話動画(DM)

優しくない女たち18話動画(中国サイト)

201504232208599610_1.jpg

チェ・シラがチャン・ミヒの秘密を覆った。

チャン・モラン(チャン・ミヒの役)に自身がキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)を汽車で押したと告白する話を聞いて嗚咽するキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

ヒョンスクは“どのように30年の間これを話さなかったのか”と問い質した。 これに対しモランは“あえてする必要がなかった”として“何日の間兄さんが落ちた付近を探したがなかった。 変だったが落ちる時たくさんケガしてはいないようで考えた”と打ち明けた。

ヒョンスクは“誰かがお父さんの服と財布を持っていって酒を飲んで事故に遭ったことだ”とチョルヒがビヤホールで火事が起こって死亡したことで誤解したことで話した。 これに対しモランは“私の人生にたったひとりだった。 私が愛した人”としながらチョルヒを言及した。

モランは“ヒョンスクさん家族が私を許さないが私もチョルヒ兄さんを許すことはできない”として自身の婚約他人に投書を送った人がチョルヒだったことを明らかにした。

ヒョンスクはモランにすべての事実を覆おうと話したがモランはパク・チョンム(イ・ミドの役)が手紙を見たとし“姉さんに話さなかったことは兄さんの自尊心にもかかった問題だと思った”と悩んだ。 これに対しヒョンスクは自身が時がくれば話すとして先ずは秘密にして家に降りて行きなさい話した。

201504232140365810_1.jpg

チョン・クミンに尾を振るパク・ウンシルの姿が描かれた。

パク・ウンシルはモラン(チャン・ミヒの役)と言い争った後安国洞(アングクトン)家を飛び出して号泣をしながら道を歩いてチョン・クミンと偶然にあったし酒一杯おごってほしいといった。

屋台に到着してパク・ウンシルはクミンに"汽車でお父さんを押してしまった強盗がモラン女史です"としてすべての事実を暴露した。 これに対しチャンクミンは"パク・ウンシルは酔っている"としてキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)を呼ぶと線を引いた。

パク・ウンシルは"この家で私を心より心配する方はクミン兄さん1人のようです"として酒に酔うように浮気心を働かせた。
パク・ウンシルは"家まで連れて行ってくれ"としてクミンのふところに抱かれた。

201504232219519610_1.jpg

イ・スンジェ汽車墜落事件すべての真実があらわれた。

カン・スンオク(キム・ヘジャの役)と共に寝ると立ち向かうキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の姿が描かれた。

チョルヒは寝ようとしていたスンオクの部屋に入って自身も共に寝ると我を張った。 嫌いだというスンオクにチョルヒは“恥ずかしがることは”と話したが、スンオクは“厚かましかったことか恥ずかしさを分からないのか”と話して背を向けた。 そのようなスンオクにチョルヒは枕が違えば寝られないのではないかと話した。 これに対しスンオクはチョルヒが記憶が戻ってきたのではないのか疑った。

チャン・モラン(チャン・ミヒの役)は自身が30年前汽車でもめごとを行ってチョルヒを押し退けて外に落ちて失踪したと打ち明けた。 事実は自殺するというモランを止めてチョルヒが汽車の外に落ちたことだったがモランは罪悪感に自身が押し退けたことで信じていた。

モランはチョルヒが自身の婚約者に手紙を送って婚約破棄をして悔しい心にそうしたと話したがスンオクは“30年の間家族で夫でお父さんを奪っていっておいてどのようにお前を許すのか”と対抗した。 記憶が戻ってきたのを隠しているチョルヒは戦々恐々とするといった。

チャン・モランはスンオクにチョルヒの求婚を断るとすぐにチョルヒが自身の婚約者に手紙を送って婚約破棄したし、自殺するという自身を止めて汽車の外に落ちたことであって押し退けたことでないと主張した。

スンオクはチョルヒに事実を確認しようと話したし、外でこれを聞いていたチョルヒは“モランである誤りがない。 私が滑って落ちたことだ”と叫んだ。 そんなにすべての真実があらわれたしカン・スンオク、チャン・モラン、キム・チョルヒ三人の三者対面がなされた。

201504232228119610_1.jpg

30年前キム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の汽車墜落事件真実を告白するチャン・モラン(チャン・ミヒの役)とすべての事実を知って嗚咽するカン・スンオク(キム・ヘジャの役)の姿が描かれた

モランは30年前チョルヒの求婚を一気に断ったし、チョルヒが自身の婚約者に手紙を送って婚約破棄に達することになったと打ち明けた。 今一度自身に求婚するチョルヒに汽車の外に落ちて自殺すると対抗するとすぐにこれを止めたチョルヒが滑って落ちた事実皆を告白した。 これに対し記憶が帰ってきた事実を隠していたチョルヒも“モランは悪くない”と対抗した。

突然にすべての真実を知るようになったスンオクは“モランをこのまま送れない。 明日の朝綱で縛って町内ひとまわりしなければならない”と話した。 するとモランは自身もチョルヒにそうしてはいけないかと話した。 この瞬間二人の災いは雪解けるように溶けた。

モランのために30年超えて夫と子供たちのお父さんを失って生きたスンオクはかえってモランを慰めた。 スンオクは手紙一通に婚約破棄を決めた婚約者に会うようになればよいだろう話したし、モランはそのようなスンオクに化粧品を渡して自身もたくさん申し訳なかったと謝った。

これと共にスンオクは過去を後悔して自ら叱責するチョルヒに“うちのお父さんがあなたなどの見合い写真持ってきた日一目惚れした。 及ぼしたことだった。 その時私が気が抜けたようにあなたもそうしたことだったよ”と話した。 そんなに30年沈殿物は少しずつ歳月が流れと共に消えていっていた。

スンオクは“手紙送った罰で青春をみな送ったよ。 妻子も知らずに見慣れないところで”として“明日の朝モrンが行くことだ。 許しを請うたのか何をしたのか一緒に住もうとぶらさがったのか好きなようにしろ。 私はあなたが死ぬ日までずきずきと踏むからそうしたと思え”と話して背を向けた。 チョルヒは“虐待受けてあなたのそばで生きる”と大声を張り上げた。

201504232238439610_1.jpg

チャン・モラン(チャン・ミヒの役)でないカン・スンオク(キム・ヘジャの役)を選んだキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の姿が描かれた。

モランはスンオクに30年前自身の婚約者に手紙を送って婚約破棄するようにさせたキム・チョルヒを恨んで汽車で自殺騒動を行ったし、これを止めてチョルヒが汽車から落ちて失踪したという事実を全部打ち明けた。 これに対しその間記憶が戻ってきた事実を隠していたチョルヒはすべての真実を明らかにしてモランは誤悪くないと対抗した。

スンオクは最後までチョルヒを困らせて生きるといったし、モランは許しを請うて離れた。 チョルヒは離れるスンオクに自身が人生を亡ぼしたこととし申し訳なくて話したし、モランは自身も家族に30年を奪ったことを申し訳なくて謝った。

そんなモランは心の荷物を下ろして背を向けた。 チョルヒは離れるモランの後ろ姿をとめどなく眺めたし二人は30年ぶりにすべての沈殿物を解いて別れを迎えた。 チョルヒはスンオクと家族がある家に残ることで決心した。
戻ったチョルヒにスンオクは30年前チョルヒがモランに与えようとしたダイヤ指輪を自身が交換したという事実を打ち明けた。

だが、ここで終わりではなかった。 死ぬ時までチョルヒを困らせるというスンオクの話は本物であった。 スンオクはチョルヒに各種家事をさせ始めたし許しを請うて生きるというチョルヒは“私は家政婦か?”とさからいながらもさせたことをすべてする笑わせても悲しい状況が演出された。

image_readtop_2015_390659_14297975771891009.jpg

マリ(イ・ハナの役)は研究教授の合格の便りに喜んだ。

マリはドゥジン(キム・ジソクの役)に合格祝いを受けたがまったくうれしいだけではなかった。

ドゥジンはマリとルオ(ソン・ジェリムの役)の関係を心より応援した。
彼は“短時間で解決される問題ではないようだ。 ルオとマリが静かに過ごして熱心に生きる姿見せればうまくいく消して”と慰めた。

ピアノ公演チケットをあげて“ルオとともに行ってこい”とした。 だが、ルオは“こんなもの眠たくて嫌いだ”として関心がながるとすぐにマリは失望感を感じた。


201504232247179610_1.jpg

デートを楽しむマリ(イ・ハナの役)ルオ(ソン・ジェリムの役)と考えをやめようと努力するドゥジン(キム・ジソクの役)の姿が描かれた。

マリが研究員に合格したという消息を聞いたイ・ルオは自身のことのように喜んでマリの頬に口を合わせた。 二人はお母さんの間の悪縁にもかかわらず、お互いに対する心を確認して恋愛を楽しんだ。

反面イ・ドゥジンはマリに対する考えをやめてかえってルオとともに行けとし音楽会チケットをプレゼントする姿を見せた。 だが、まだお母さんの間に沈殿物が残った状況. 果たしてキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)ナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)の悪縁がいつ頃解けるのか、腹違い兄弟であるイ・ルオ、ドゥジンとその間にあるマリの心が引き続きルオに向かうのか関心が集められた。

201504232304519610_1.jpg

キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)に劣等感を表わすパク・ウンシル(イ・ミドの役)の姿が描かれた。

ウンシルは遠慮なくヒョンスクの夫クミンに尾を振った。 酒を飲んでモランが自身に甲質をしたと偽りで言いつけるかと思えば酒に酔うようにわざわざクミンにスキンシップまで試みた。 これに対し気配を感じたアン・ジョンミの阻止でウンシルの色目は失敗に帰した。

だが、ウンシルの劣等感はここで終わりではなかった。 ウンシルはカン・スンオク(キム・ヘジャの役)に自身も料理クラスを進行できるといったがスンオクはまだ実力が足りないとし断った。 その間後に悪いことを日常行ったスンオクはまだスンオクが自身を認めないという事実に怒った。

ここにクミンが相変らずキム・ヒョンスクを愛しているという事実を知ることになったことはもちろんで自身より優れたキム・ヒョンスクの料理実力にウンシルは歯ぎしりした。 これに対しヒョンスクがアイディアを出したカラシソースを自身が作ったように整えてスンオクに差し出したし、ウンシルはソースはうまくいったというスンオクの評価に今一度頭を下げた。

これに対しウンシルはインターネットに安国洞(アングクトン)カン先生スンオクが良くない材料を有機農だとだまして売り付けていると文を載せたし、税務調査チームにスンオクを告発するに至った。 その間総務ことを引き受けて後にお金を引き出して税金申告をもれたウンシルは卑劣な方法でスンオクを押し倒してその場を自身が占めようとした。 ヒョンスクに向かったウンシルの劣等感と野望が今やかろうじて安定をさがしたスンオクの家族にどんな破局を呼び起こすのか気がかりなことがより増した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。