ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 20話

優しくない女たち20話です

いつ出るかわからんわ、出番少ないわで・・・・ある意味 見逃せません( ̄▽ ̄;)
15050101.jpg
15050102.jpg
ただただ・・・いい人 イ・ドゥジン^^;
いいのか?これで・・・・
15050103.jpg


優しくない女たち20話動画(DM)

優しくない女たち20話動画(中国サイト)

201504302209179610_1.jpg

食材料と道具押し売りデマによって放送局取材陣が押しかけて慌てるカン・スンオク(キム・ヘジャの役)と娘キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

ヒョンスクは放送局の人々にインターネットに上がってきた文は全部偽りだと解明して物を投げた。
これに対し取材陣は激しい反応を見せる理由が何かとヒョンスクが暴力を振り回したように報道した。

サイバー捜査隊に申告しようというアン・ジョンミ(キム・ヘウンの役)の話に犯人であるパク・ウンシルイ・ミドの役)は申告する価値もないこととしながら言い逃れた。
ウンシルはナ・ヒョンエ(イ・ミスクの役)を呼び出してこの日の事件を伝達した。 ますます共犯になりつつあること。

ナ・ヒョンエはカメラにキム・ヒョンスクの顔が出てくるならば過去新聞に載ったことがあって退学された事実まであらわれることで言及した。
ウンシルは放送局にヒョンスクの過去を情報提供するに至った。 これらすべてのものはヒョンスクに向かったウンシルの劣等感のためだった。

201504302226359610_1.jpg

パク・ウンシル(イ・ミドの役)が広めた食材料、料理道具押し売りデマによって三流放送局に不公正報道まで出て行って苦痛受けるカン・スンオク(キム・ヘジャの役)とキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

安国洞(アングクトン)スンオクの家は三流放送会社の不公正報道によって食材料、道具押し売りが真実のように見なされて受講生の予約取り消しが降り注いでいた。
ウンシルの悪行を全く分からないヒョンスクは自身が過去退学されたという事実がお母さんスンオクに傷になったとのことに悲しんだ。 "変わるものはない"として気を引き締めたヒョンスクはスンオクの料理教室を守ると念を押した。

ドゥジン(キム・ジソクの役)とチョン・クミン(パク・ヒョングォンの役),イ・ムハク(ソン・チャンミンの役)等の助けでヒョンスクは放送に出て行って解明する機会を得た。
ヒョンスクはカメラの前で娘マリ(イ・ハナの役)が書いた文を読み始めた。
材料押し売りは絶対無かったと解明したヒョンスクは、すぐ紙を台なしにしてしまって自身の心情を率直に打ち明けた。

ヒョンスクは前日他の放送で報道されたように自身はかんばしくなく新聞に載って停学も当てられたし高等学校も終えられなかったし最近貯蓄銀行に投資してお金を失って賭博で挽回しようとする愚かな試みまでしたと全部告白した。

ヒョンスクは"30年の間二人の娘を連れて生計を立てた母の台所に攻め込んで無礼にふるまう人をこれ以上今後を見られなかった"として"誰が偽り文を載せてから明らかになることで放送会社は謝らなければならないだろう。 そしてなぜ私の昔写真まで捜し出して人身攻撃をするのか。 私は絶望感に判断力を喪失した。 母が一生集めたお金をみな飛ばした。 力ない小市民であり蟻である私のような人が当てられたことだ。 二度とこうしたことなかったら良いだろう"と話した。

201504302230019610_1.jpg

本格的な婚家暮らしに出たナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)とこれに対抗するキム・ヒョンジョン(ト・ジウォンの役)の姿が描かれた。

ナ・ヒョンエは外国にいる婚家の大人たちへの結婚用品を担当しなさい話しヒョンジョンを高級韓服集に連れていった。 韓服撮影は考えなかったヒョンジョンは突然状況に慌てた。
韓服姿にナ・ヒョンエはヒョンジョンに'年取るとみられる' '史劇に出てくる巫女のようだ'という話で性質をかいた。

これだけではなかった。 ナ・ヒョンエは高級ブランドショップにヒョンジョンを連れていって1,200万ウォンの毛皮コートを選んだ。 価格が少し高いという言葉にナ・ヒョンエは"おとなの愛をたっぷり受けているといっても礼儀は守らなければならないですね。 ただで食べるつもりをしてはいけません"として"イ・ムナク代表のような花婿候補なら最下2億以上の結婚用品が必要ということご存知ないですか?"と皮肉った。

かっと怒ったヒョンジョンは毛皮コートを買うとして代わりに外にそのっま着ていけと話した。 その話にナ・ヒョンエは分かったと対抗したし、結局ヒョンジョンは 母 スンオク(キム・ヘジャの役)にも買ったことない高い毛皮コートを・ヒョンエに買わなければならなかった。

駐車していた車のために車両を利用できなくなるとすぐにヒョンジョンとヒョンエはしかたなくカフェへ向かったし、ヒョンジョンは毛皮コートを脱がないようにして暖かい飲み物を飲みなさいと強要までした。 結局ヒョンエはヒョンジョンが電話を受ける間に逃げてしまった。 これと共に家へ帰った道にヒョンジョンは 母にも買ったことない毛皮をヒョンエに買ったという考えに涙流した。

201504302243349610_1.jpg

カン・スンオク(キム・ヘジャの役)のレシピを引き出そうとするパク・ウンシル(イ・ミドの役)の姿が描かれた。

パク・ウンシルは自身をスカウトするというレストラン側でスンオクのレシピ原本を要求して年俸二倍を呼ぶとすぐに心配しながらもそのようにすると答えた。
12年の間スンオクの下で仕事をして後にお金とレシピをたまに引き出してきたウンシル. ヒョンスクに対する劣等感から始まったウンシルの悪行は終わりがなかった。

ウンシルは安国洞(アングクトン)でスンオクのレシピをこっそりと盗もうとしたし、その瞬間チョン・クミン(パウ・ヒョングォンの役)とアン・ジョンミ(キム・ヘウンの役)が入ってきた。 何かと尋ねるとすぐにウンシルはゴミだと言い逃れた。 だが、匿名で書いた文もIP追跡が可能という話にウンシルはますます心配になり始めた。

キム・ヒョンスク(チェ・シラの役)が入ってくるとすぐにウンシルは自身が作った食べ物の味見をお願いしたし、ヒョンスクは事情がこうした状況なのに食べ物を作る精神があるのか?授業引き受けたい心は分かるがこれは違うと話した。 するとウンシルは爆発して"私は先生が好きで料理が良くてここにきて食客で12年を生きたがキム・ヒョンスクと相性が悪い"と嗚咽した。

スンオクは自身が気に障るようにしたことがあるかと尋ねたし、ウンシルは涙を流して背を向けた。
ウンシルはスンオクのレシピをレストランに渡したし、レシピが消えたのを知ったヒョンスクとジョンミはウンシルを疑った。

これだけではなかった。 クミンは領収書を整理してウンシルが虚偽領収書に後に引き出したのを知るようになった。 ここにネットカフェCCTVにつけられたウンシルの姿を見たスンオクはそうでもないようだとしウンシルをかばった。

スンオクはそのようなウンシルに"フキ トゥルケチムおいしい。 合格. すぐにこの味は"という文字を送ったし,続いて"ウンシル、料理ノートは私が与えるプレゼントだ。 熱心に勉強して良い料理作るようにして。 新しいメニューが準備されればいつでも帰ってきて。 あなたはとても立派な弟子であった"と音声メッセージを残した。 これに対しウンシルは自身をかばったスンオクの姿に嗚咽した。

201504302303549610_1.jpg

再び気力の戦いをするナ・ヒョンエ(ソ・イスクの役)とキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

ボランティアセンターでヒョンスクに会ったヒョンエはまた再び是非を論じて皮肉った。
ボランティアメンバーも高卒以上はならなければならないこと違うかというヒョンエの話にヒョンスクは"まもなく高卒になるし面接の時真心を見るボランティアメンバーで選んで下さった"として"昔の私のような子供がいれば助けようとする"と話した。

ヒョンスクはボランティアセンターに自身が記者たちの前でショーをしたことを全部話したとし"先生にもう一度機会を差し上げた。 私が純真に"と対抗した。 二人の師弟の間ストーリーを取材しに来た記者の前でヒョンスクは"マスコミが好きでないので"と断った。

お願いする記者にヒョンスクは以前高等学校理事長の娘と同じ学年だったその友達を探してほしいと話した。
過去ヒョンスクは理事長の娘のために泥棒扱いで退学までさせられた状況. 言い逃れるヒョンエの話を後にしてヒョンスクは理事長の娘を探せば恩師の日特集に出演すると出た。

記者が戻った後 ヒョンエはヒョンスクに"理事長の娘を探せばその子が盗みしたと事実通り話すとおもうか"と話したが、ヒョンスクは自身のために傷を受けた人がいるところに無視した人がずっと生きていると言えば分かれば恐れないかと理由を明らかにした。 ヒョンスクは"その時は記者たちにまともに話をすることだ。 先生はメントも師匠上も資格がない方だといって"と脅した。

それと共にヒョンスクは1万ウォンの商品券を渡して"教えてくれてありがとうございます"として背を向けた。 ヒョンエはヒョンスクを追いかけて行って"あなたはいつまで私にこうするの? あなたがどんな子ということを婚家の人たちに知らせてあなたの姉の結婚をこわれるようにしたいのか"と脅迫した。 ヒョンスクは"我が家が再び大声を上げることができるようにさせることだ"と話した。

だが、解明記事にもスンオクに対する良くないうわさはたやすく消えなかった。 ヒョンスクは直接台所を守ることに決心して"安国洞(アングクトン)カン先生台所は私が再び生かす"として新しい出発を暗示した。

Comment

素敵なんだけどな~
やっぱりもう少し出番が欲しいです(>_<)
  • 2015/05/03 13:56
  • feleza
  • URL
ホントに出番少ないよね~
もう少しあってもよさそうなものだが・・・
ジソギもそうだけど、ジェリム君も少なくて・・・ちょっと かわいそう^^;
  • 2015/05/06 20:18
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。