ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 21話

優しくない女たち 21話です。

15050701.jpg
残り3話なのに、今頃 ハナに告白するドゥジンなのでした。・・・ えっ?


優しくない女たち21話動画(DM)

優しくない女たち21話動画(中国サイト)

201505062217242510_1.jpg

スンオク(キム・ヘジャの役)の料理教室を正常化させるために孤軍奮闘するヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

12年間弟子であったパク・チョンム(イ・ミドの役)がスンオクを裏切って料理ノートまで盗み出してスンオクの料理教室が危機に処した状況.

一歩遅れて自身が料理に才能あるという事実を知ることになったヒョンスクはスンオクの娘として料理教室を正常化させるためにチャン・モラン(チャン・ミヒの役)と手を握ってあちこち飛び回った。
たとえ世間知らずで不足したことばかりだが、ヒョンスクは力を加えようとスンオクの代わりに買い物をして料理練習も開始、家族を驚かせた。

20150506_1430919466_75488200_1.jpg

悪女パク・チョンム(イ・ミドの役)を捉えるために上京するモラン(チャン・ミヒ)の姿が描かれた。

家の前でモランとぶつかったパク・チョンムはカバンまで流して高飛びした。
モランはパクコンムのカバンがブランド品である点を注目、彼女がスンオク(キム・ヘジャ)のレシピを売ったことだと確信した。

ヒョンスク(チェ・シラ)に無条件パクチョンムを捉えてくるべきで“そんなに生きないでくれとしなくちゃ。 ノートも受けて”と強く話した。 これに対しヒョンスクが“パクチョンムは鋭敏で臆病な子だから今頃荷物を丸めてどこへ跳ねたでしょう”と話すとすぐにモランはスンオクを導いて彼女の故郷家へ向かう行動力を発揮した。

しかし現在のモランは病状悪化が疑われる状況. スンオクの前で悪化したからだ状態を隠すモランの姿が遺憾をかもし出した。

201505062248052510_1.jpg

結婚用品問題で安国洞(アングクトン)に来て帰ってデート中であるマリ(イ・ハナの役)とルオ(ソン・ジェリムの役)を見ることになるマルニョン(ソ・イスクの役)の姿が描かれた。

ルオが家事をする姿を見て怒ったマルニョンはマリに向かって"私の息子二人とも連れて遊ぶの?"と毒舌を飛ばした。 マルニョンは"ルオが好きだ"というマリの解明にも"ドゥジン(キム・ジソクの役)と会って私と一緒にソルロンタン飲んだこと思い出せない? 君も嫌いなのではないじゃない。 バカでもなくてあなたに関心があるということどのように表情をけられない? 本当に笑わせる子だね"として暴れまわった。

ついにマルニョンは自身の方を勝てないからとマリにむやみにするなというヒョンスク(チェ・シラの役)に小麦粉爆弾を飛ばした。 マルニョンはマリにも小麦粉洗礼をプレゼントした後"あなたも全く同じだ。 二また悪いX"とののしった。

これを見たルオは驚き、"お母さんが私の母であること本当に恥ずかしいよ。 これが常識がある人々がすることか。 直ぐに謝って出て行きなさい"と大声を張り上げた。 これに対し怒ったマルニョンはルオのほおを殴った後"あなたは今日から私の息子ではない"と宣言、緊張感を高めた。

2015050623560848_1_rstarker.jpg

イ・ドゥジン(キム・ジソクの役)とイ・ルオ(ソン・ジェリムの役)がチョン・マリ(イ・ハナの役)を置いて神経戦を広げる姿が描かれた。

イ・ルオはドゥジンに母であるナ・マルニョン(ソ・イスクの役)がマリとマリのお母さんであるキム・ヒョンスク(チェ・シラ)に小麦粉をかけた話を伝えたし、これを聞いたドゥジンは怒ってルオに神経質を出した。

イ・ルオは"勇気もなくて主体性もなくてマリさんが好きなら初めから好きだと話せば良くなかったのか"と大声を張り上げたしドゥジンは"今でも好きだ。 良い人だ。 ところでそこまでだ"として頭が痛いように誤解を解けて努力した。

イ・ルオは“言うべきこともしなくて耐えて過ごして..”としてドゥジンを触ったし、ドゥジンは“おまえに譲歩して生きるのが体質になったようだよ”として“おまえにより多くやってそれでこそ新しい母がよくしたから”として過去の歴史を打ち明けた。

これを聞いたイ・ルオは"本当は私が憎かっただろう”として“優しい息子と見えたくて参考隠す君が哀れだ”と大声を張り上げた。 イ・ルオの話に刺激されたドゥジンは結局"おまえはマリに会うな。 私がその人をすごく好きで。おまえよりずっと先に会ったし先に好きだった"とマリに向かった率直な心を打ち明けた


2015050623565090_1_rstarker.jpg

ドゥジンはキム・ヒョンスク家を訪ねて行ってナ・マルニョンのことを謝ってひざまずいた。
この姿にキム・ヒョンスクは"いっそドゥジンに会え"とマリに怒ったし、ドゥジンはマリに"今日からルオを忘れなさい。 私が先にマリさんを好きになったと話せなかったこと後悔しているから"と突発告白をした。

201505062257002510_1.jpg

息子ルオ(ソン・ジェリムの役)のために心痛がるマルニョン(ソ・イスクの役)の姿が描かれた。

マルニョンは安国洞(アングクトン)を尋ねてルオが恋人マリ(イ・ハナの役)とヒョンスク(チェ・シラの役)の肩を持つとすぐに激怒、横っ面(ほお)を殴って"もう私の息子ではない"という宣言まである状況.

以後マルニョンはしばらく嗚咽して青白い顔で昔の恋愛ハン・チュンギル(チェ・ジョンウの役)を訪ねて行って"親父である振りをしてほしい"とお願いした。 慌てたハンチュンギルは"すぐにバレるような嘘を何故しろといっているのか"と尋ねたし、マルニョンは"あまりにも荷が重くて死にたい"と心境を吐露した。

ハンチュンギルは"どこか旅行でもして休め"と提案したがマルニョンは何か決心したように"ルオを留学させてしまわなければならない"と話して今後展開に対する気がかりなことを高めた。

5ca187a533b340d1b8bdab9229793734.jpg

イ・ムハク(ソン・チャンミン)がキム・ヒョンジョン(ト・ジウォン)の気持ちを解くために彼と旅行に出発した姿が描かれた。

鎮安(チナン)に到着した二人は共に散歩に出たし、イ・ムハクはずっと彼女を笑わせるために努力した。 太陽が沈んで直接夕方を準備したイ・ムハクはキム・ヒョンジョンにあらかじめ準備した指輪をはめて“もう私の彼女でなく私の妻だったら良いです”として正式に求婚した。

彼は“長女としての荷物を一緒に分けよう”として真心に充ちた心を伝えた。 ムハクの求婚にキム・ヒョンジョンは涙を流して幸せになった。


201505062306462510_1.jpg

30年ぶりに婚約男ハン・キヨン(イ・ドクファの役)に会ったモラン(チャン・ミヒの役)の姿が描かれた。

モランはスンオク(キム・ヘジャの役)と共にホテルで食事をして偶然にハン・キヨンを見て大きい衝撃を受けた。
モランは愛した男ハン・キヨンの婚約破棄宣言に対する傷を一生抱いて生きた人物.

モランはスンオクに自身の婚約男に会えば足で蹴飛ばすと言った約束を覚えているかと尋ねた。
モランは"その人たった今30年ぶりに見た。 今ここに朝食会集いに来ている。 約束を守ってほしい"とスンオクを当惑させた。

スンオクは緊張したが靴を脱いだ後"ハン・キヨンさん"と呼んで力強く走って行った。 この姿を最後にこの日放送が仕上げされてスンオクの足で蹴るのが成功したかも次の刺身に対する気がかりなことを高めた。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。