ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

優しくない女たち 22話

優しくない女たち 22話です。

15050801.jpg
残り2話(?)
今になって アタック開始のドゥジンです。
何気に 出番増です。
しかし どう見ても 時すでに遅いっす。

だけど・・・
ドゥジン いい奴なんです。
ハナ~ 冷静に考えてみて~
「ドゥジンの方が いいんじゃね?」と
・・・・おばちゃん 思う訳です。。。。

優しくない女たち22話動画(DM)

優しくない女たち22話動画(中国サイト)

201505072210249610_1.jpg

チャン・モラン(チャン・ミヒの役)の過去婚約破棄男ハン・キヨン(イ・ドクファの役)に怒りの足で蹴ることに報復を試みるカン・スンオク(キム・ヘジャの役)の姿が描かれた。

チャン・モランはホテル ロビーで偶然に自身の以前婚約男キム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の手紙を受けて婚約破棄を宣言して傷を負わせた機影に会った。
カン・スンオクは婚約破棄男に会えば足で蹴って懲らしめるという言葉を思い出してモランに待っていなさいと話した。

だが、カン・スンオクが走って行く瞬間、キヨンは誰かが呼ぶ声に席をはずしたしスンオクはそのまま走り抜けてしまった。 怒りの足で蹴ることは失敗したがモランは笑いを吐き出した。

スンオクは"私たち2人だけの秘密だ。 本当に約束守って"と話したし、モランはそのようにするとして"姉さん、私に約束守る人は姉さんしかないようだ。 うちの母さんも私のそばにずっといるといっておいて早く離れた"と打ち明けた。
スンオクは"私たちも約束しよう。 元気でなければならない。 30年をバカのように生きたからもう良い暮らしをしなくちゃ"として健康が悪化したモランを心配した。

モランが車を持ちに行った間キヨンが再び来てさっき私を呼んだ人ではないかと"妻を連れに行って尋ねたことがある。 安国洞(アングクトン)カン先生でしょう? 記憶力が良いですね。 私を皆知ってみて"と話した。 少し離れた場所でキヨンが結婚したという事実を知ったモランはキヨンの妻の名前を記憶するとスンオクにどんな女かと問い質した。 スンオクは"熊と同じだった。 欲も多くなって腹も出てきた。 一生その男はモランだけ懐かしがって生きたことだ"と話したし、モランは"いい気味だ"と言って笑った。

201505072217189610_1.jpg

母 カン・スンオク(キム・ヘジャの役)の料理教室を生かすために孤軍奮闘するキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)の姿が描かれた。

キム・ヒョンスクは'安国洞(アングクトン)カン先生'ホームページに子供たちの後期が上がってきたのを報告感激した。
'キム・ヒョンスク先生'という言葉にヒョンスクは驚きを隠すことができなかった。 高等学校も出てくることが出来なかったヒョンスクに先生という話は感動それ自体であった。

ヒョンスクはボランティア中のメンターに選ばれて料理のためのヒーリング授業を配分受けた。
ヒョンスクは涙を浮かべて熱心にすると話した。 高等学校担任先生ナマルニョン(ソ・イスクの役)に蔑視受けたヒョンスクが先生になった瞬間だった。

反面パク・ウンシル(イ・ミドの役)は逃避生活中自身がレシピを渡したレストランに面接に見た。
安国洞(アングクトン)カン先生弟子をスシェフで迎え入れたと広報してもかまわないかという話にウンシルは"それはちょっと困る。 最初からノートまで盗んだと広告を出したらどうなのか"と話して背を向けた。

宿舎に戻ったウンシルは"ヒョンスク姉さん、家でそのようにしてみても結局私が勝ったではないか。 私が最後まで勝って先生に認められることだ"と復讐心を燃やした。 ヒョンスクに向かった劣等感が作った外れた心だった。

201505072223479610_1.jpg

カン・スンオク(キム・ヘジャの役)の名誉回復のためにマネジャーを自ら要望したチャン・モラン(チャン・ミヒの役)の姿が描かれた。

チャン・モランは自身のお金でスンオクの料理教室に投資して税金爆弾を防いでホームページにパク・ウンシル(イ・ミドの役)の悪行を知らせることに決心した。 これに対しキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)コン・クミン(パク・ヒョングォンの役)アン・ジョンミ(キム・ヘウンの役)キム・ヒョンジョン(ト・ジウォンの役)は腕まくりをしてとりかかった

自身の母スンオクのために努力するモランの姿が艶がなかったヒョンジョンの心を開くことになった瞬間だった。
ヒョン・ジョンウンはモランに紅参をプレゼントしてその間空しくしたものなどを解きほぐした。 これと共にスンオクとキム・チョルヒ(イ・スンジェの役)は30年前と違い親しい夫婦になった。

ヒョンスクは'料理教室に仕事をしたウンシルがお金を引き出して料理レシピを引き出した。 私たちに痛みを与えたウンシルには料理対決を申し込む'という文を掲載した。 スンオクの料理を文に持つウンシルに直接料理対決を申し込むヒョンスクだった。 反面ウンシルはレストランで仕事をしてスンオクのノートにはないヒョンスクのレシピを自身のことのようにリリースして優秀なfりをしていた。

201505072228259610_1.jpg

パク・ウンシル(イ・ミドの役)が仕事をするレストランを訪ねて行ったチャン・モラン(チャン・ミヒの役)の姿が描かれた。

市場でウンシルが仕事をするレストランを知るようになったモランは直ちにウンシルを訪ねて行ってすべてのメニューを注文した。
ウンシルが作った料理を指摘してモランはウンシルを呼び出した。モランを見たウンシルは堂々とした姿で対抗したがモランはそのようなウンシルを無視した

モランは"本人がウサギを捕まえたと考えるのか。 安国洞(アングクトン)カン先生ホームページに行けばパクチョンムに残したメッセージがある。 応じるべきで泥棒なのに。 きて恥をかくのか勝つのか選択して。 こなければその手に手錠をかけなければならないのだ"と警告した。

ウンシルは夫を奪ったのが申し訳なくてこうすることかと尋ねたがモランは"それがパク・ウンシルの水準なのよ。 自らさらにみじめにさせないでよ"としてヒョンスクのレシピで作った料理は味が大丈夫だと怒らせた。 だが、レストランを出たモランが痛みにおどおどする姿が描かれて不吉な未来を暗示した。

201505072238409610_1.jpg

チョン・マリ(イ・ハナの役)と会うという理由で母ナ・マルニョン(ソ・イスクの役)と背を向けたイ・ルオ(ソン・ジェリムの役)の姿が描かれた。

ルオは自身の家パスワードを変えて家を乱闘場で作っておいた母マルニョンに怒った。
ちょうど寝込んでいるマrニョンを訪ねてきたハン・チュンキル(チェ・ジョンウの役)はわめくルオを止めたが容易ではなかった。
マリに会ったルオは今日は家に行かないとし捕まえたところでマリは安静をとるとし背を向けた。

反面マルニョンは息子問題で頭が複雑な中でチュンギルの暖かい配慮に心が揺れた。
マルニョンは"その時や今も変わっていない。 幸せでない"ときつい言葉を吐きだしたがチュンギルは"私はその時や今も幸せだけど?"として微笑を浮かべた。

戻るチュンギルにマルニョンはルオが気を引き締められるように助けてくれとお願いしたが、チュンギルは"それではキム・ヒョンスク(チェ・シラの役)に謝れ"と話した。 マルニョンは自身の味方でないと空しがったがチュンギルは"私側ではないが24時間待機するか? 大変ならばいつでも連絡しろ"と話して氷の塊のようだったマルニョンの心を揺るがした。

201505072243519610_1.jpg

チョン・マリ(イ・ハナの役)に愛する心を表わすイ・ドゥジン(キム・ジソクの役)の姿が描かれた。

ドゥジンは異母兄弟ルオ(ソン・ジェリムの役)に電話をかけてマリにデート申請をすると宣言した。
その間新しい母 ナ・マルニョン(ソ・イウクの役)によく見えるために弟ルオに多くのことを譲歩したドゥジンは今までと違いマリに猪突的に心を表わし始めた。

ドゥジンはマリに自身がさらに似合う男とし"今後お母さんがマリ氏の家家を訪ねて行って不条理働かせること無いようにする"と宣言した。 その間ルオのためにマリに対する心を隠したドゥジンはマルニョンの不条理に自身が直接出ることに決心した。

ドゥジンはマリに会って週末に一緒に公演見に行こうと話した。 "私がなぜそうすべきなのか"というマリにドゥジンは"私がマリさんが好きだと。 マリさんも私が嫌いじゃないでしょ?"と遠慮なくデート申請をした。 これに対し果たしてマリを囲んだドxジンとルオーの三角関係がどのように展開するのか気がかりなことを加えた。

201505072253559610_1.jpg

父キム・チョルヒ(イ・スンジェの役)の真心を知るようになったキム・ヒョンジョン(ト・ジウォンの役)の姿が描かれた。

ウェディングドレス フィッティングを終えたキム・ヒョンジョンに電話がかかってきたし、ヒョン・ジョンウは'おじいさんが公園ベンチで起きないのでもしやと思って携帯電話1番を押してみた'という声が流れ出た。 ヒョン・ジョンウンとムハクと共にあわてて父キム・チョルヒ(イ・スンジェの役)を訪ねて行った。

ムハクは寝ついたチョルヒのポケットからアルバイトをして受けた領収書を発見した。
ヒョンジョンは、チョルヒのポケットをくまなく探したし、そこで'ヒョンジョンの結婚'と書かれた金の封筒を発見した。
結婚式場にお父さんの手を握って入場する代わりにムハクと同伴の立場をするといったヒョンジョンは、チョルヒの電話番号ショートカットキー1番が自身なのに加え結婚のためにひっそりとアルバイトまでしたお父さんの真心を知って涙流した。

チョルヒはヒョンジョンを引き込んで"私も君と立場しなくて"と話したし、ヒョンジョンは"誰が何て? 私もしなくて"と涙流した。 30年の間お父さんを恨んで'お父さん資格がない'で話してきたヒョンジョンが、チョルヒと真心を分けた瞬間だった。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。