ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

また!オ・ヘヨン 2話

GW終わりましたね。
皆さん お疲れ様でしたw
あ~ GWの疲れをとる休みが欲しい~!

ということで、
通常営業に戻った今日(笑) やっとこ2話見ました。

1話に比べて テンポも良くなったきたのか 見やすくなったような気がします。
女優陣のはっちゃけ演技がいいですね。www

が、やはり 思ってたよりは コメディ色が少ないのが残念。
たぶん・・・ジソク君が 今後のコメディ色担当ってことかな?
がんばれよ~w

ということで 以下 2話の動画と記事です。

またオ・ヘヨン2話動画(DM)No.1

またオ・ヘヨン2話動画(DM)No.2


またオ・ヘヨン2話動画(joovideo)

201605032334111710_1.jpg

オ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)との過去の歴史を打ち明けた。

オ・ヘヨンは職場同僚に“同窓会があって名前が同じで美しい小娘がいて行くかやめるか苦悩中だ。 美しい本当にイ・ヨンエ様と無作法で食べたヨンエさんが1クラスに一緒にいたといえば わかりやすいだろうか?”と往事を言及した。

そして、オ・ヘヨンは“学校通う時オ・ヘヨンと呼ばれて振り返ってみるとほとんど私を呼んではなかった。 1クラスにオ・ヘヨンが二人だからその子は”美しいオ・ヘヨン”、私は”そのままオ・ヘヨン”だった”として美しいオ・ヘヨンにしょげて生きてきた時間を回想した。

さらにオ・ヘヨンは美しいオ・ヘヨンとの徒競争の時わざわざ手をまわしてまで“皆オ・ヘヨンを呼ぶのに私を呼ぶのではないことが分かるとわざと負けた。 そうすべきであることのようで”と話した。



201605032346081710_1.jpg

パク・ドキョン(エリックの役)はオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)との婚約破棄当時を思い出させた。

パク・トギョンはオ・ヘヨンと推定される発信者番号の電話を受けなかったし,続いてオ・ヘヨンとの結婚式日を思い出させた。
オ・ヘヨンはパク・トギョンとの結婚式日式場に現れないで潜伏した。

パク・トギョンはもしかして交通事故でも遭ったかと思ってオ・ヘヨンを探し回ったが探せなかった。
そうするうちにパク・トギョンはオ・ヘヨンのSNSに他の男と取った写真と“もう幸せなことだけあることを”という文が載ってきたのを報告涙流した。


201605032357111710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)はハン・テジン(イ・ジェユンの役)との過去の歴史を回想した。

チャン会長(カン・ナムギルの役)はパク・デギョンに会って“ハン・テジンがいったいだれから投資金を回収してもらったのか。 その人は拘束されたと?”と尋ねた。
パク・ドギョンはハン・テジンを滅びるようにした過去を回想した。


201605040003121710_1.jpg

ファンドク(キム・ミギョンの役)オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)母娘は狂乱の踊りを行った。

オ・ヘヨンは深夜静かに横になって婚約破棄通知を受けた当時記憶に浸ってむくっと起きて踊り始めた。
その姿を目撃したファンドクは自暴自棄娘と共に踊った。
だが、疲れたファンドクは踊りを止めて娘オ・ヘヨンを眺めるだけだった。

ファンドクは“どこへ行って何をちょっと見なければならないだろう。 あの子何があるようだ。 あのように気違い女花束になれない。 そんなに誇らしい娘ではなかったがこのように恥ずかしい娘でもなかった。 私この頃路上であの子見れば逃げる。 恥ずかしくて”と嘆いた。


201605040011311710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)はオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)の電話を受けた。

パク・ドギョンは前フィアンセ オ・ヘヨンと疑われる発信者制限番号を無視して結局こらえることができなくて電話を受けた。
パク・ドギョンは“おまえオ・ヘヨンだろう?”とすぐ尋ねた。

パク・ドギョンと結婚式日潜伏したオ・ヘヨンは“探してくれてありがとう”としてノコノコと答えたし,続いてオ・ヘヨンは“会いたい”と話すとすぐにパク・ドギョンンは“狂っている!”としながら怒り爆発した。


201605040019261710_1.jpg

オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)はパク・ドギョン(エリックの役)に婚約破棄理由を打ち明けた。

オ・ヘヨンは前婚約者ハン・テジン(イ・ジェユンの役)が良く過ごしているという話を聞いて酒に酔っ払って涙流したし、ちょうど前婚約者オ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)に会いたいという電話を受けて怒ったパク・ドギョンと同じ酒場であった。

パク・ドギョンは自身のために婚約破棄されたオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)の涙を無視できなくて“なぜ泣くのですか? 誰かが殴りましたか?”と尋ねたしオ・ヘヨンはそのようなパク・ドギョンに内心を打ち明けた。

オ・ヘヨンは“世の中で一番不幸だと考えてはいけない。 私が一番不幸だと。 私たちお互い語って完全に忘れよう。 前結婚前日振られました。 初めて話してみる。 私を一生愛する自信がなくなったそうだよ。 そして私がご飯食べる格好を見たくなくなったそうだよ。 どのように話をそのようにするのか”と話した。

オ・ヘヨンは“ところでその時私が何といったのかわかりますか?。 分かった。 結婚するのをやめよう。 代わりに結婚は私がひっくり返した事としてほしい。 誰kに一度は言いたかった。 2度と会うことのない人に、そして私ぐらい不幸な人に”と告白した


201605040030371710_1.jpg

オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)は家から追い出された。

オ・ヘヨンはハン・テジン(イ・ジェユンの役)に結婚式前日婚約破棄されて深い傷を負ったが周囲には自身が婚約破棄したことと作り出して何もないふりをするのに内心腐った。
ここにオ・ヘヨンは深夜狂ったように踊って下着を表わしたまま道を闊歩して両親の心も腐らせた。

こらえられないオ・ギョンス(イ・ハンウィの役)ファンドク(キム・ミギョンの役)は娘オ・ヘヨンを追い出すことに決めた。
二人はオ・ヘヨンの荷物をみな庭に出したし、オ・ヘヨンはさらに絶望した。
そのようなオ・ヘヨンにハン・テジンが良く過ごしているという偽りの便りはもっと大きい衝撃を抱かれた。

オ・ヘヨンは酒に酔って涙流したし、そのようなオ・ヘヨンを目撃したパク・ドギョン(エリックの役)はオ・ヘヨンの婚約破棄理由告白を聞いた後“申し訳ない”と根も葉もなく謝った。
パク・ドギョンはオ・ヘヨンを家まで送ってあげた後“どうにか生きろ”と頼んだ。

パク・トギョンの話に勇気を得たようにオ・ヘヨンは引っ越しを敢行した。
後に荷物を解いたオ・ヘヨンは壁があけられるとすぐに“何なの? 木なの? 何このような部屋がある?”として隣の部屋へ渡った。 そこでパク・ドギョンがシャワーを終えてボロを着たまま登場した。

パク・ドギョンは先立って自身が見た予知夢のように登場したオ・ヘヨンの姿に驚いたし、その状況が不思議なオ・ヘヨンは“ウワー。 ウワー”という声と共に微笑を見せて二人の続く縁を予告した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。