ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

また!オ・ヘヨン 3話

また!オ・ヘヨン3話です。

見ました。見ましたが・・・

なんでしょう・・・?
面白くない訳じゃないんだけど、めっちゃ面白い訳でもない。
何かが物足りない。このドラマ・・

ふむ・・


また!オ・ヘヨン3話動画(DM)No.1

また!オ・ヘヨン3話動画(DM)No.2

また!オ・ヘオン3話動画(joovideo)

201605092329001710_1.jpg

パク・フン(ホ・ジョンミンの役)はオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)に毒舌を吐き出した。

オ・ヘヨンはパク・ドギョン(エリックの役)に電話をかけたし、パク・フンはオ・ヘヨンという名前だけ聞いて兄パク・ドギョンの前婚約者オ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)だと誤解した。
怒ったパク・フンはオ・ヘヨンに“俺、パク・フンだ。 おまえ また兄に電話すればただじゃおかない”と毒舌を吐き出した。

オ・ヘヨンはパク・フンの毒舌がくやしくて“訳を知りたい。 いったいなぜこうしているのか”として怒ったし、パク・ドギョンは一歩遅れて弟パク・フンの失敗を知って“おまえ、今日ちょっと死ななければならない”と怒った


201605092334591710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)はオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)との過去を回想した。

パク・ドギョンはオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)とずっとからまった縁であるオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)が同名異人の同窓生に対して話した記憶を回想した。
オ・ヘヨンは高校図書部で送った手紙を見て“私、図書部に入ったことないんだけど? あ、その子のようだ。 以前に私と名前が同じ友達がいた”と話した。

パク・ドギョンが“どんな友達だったのか”と尋ねるとすぐにオ・ヘヨンは“図書部、どのように活動をしても自分の同じ物を聞いたのだろうか。 自分の色がないといおうか。 ちょっとうすのろだったり。 人生がちょっと残念だと思ったりもしたそのような子いるじゃない。 まさにそうだった”と答えた。


201605092348201710_1.jpg

ファンドク(キム・ミギョンの役)は娘オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)の家に行った後涙を流した。

ファンドクは結婚前日婚約破棄宣言した娘オ・ヘヨンが町内で恥ずかしいことだけ日常行うとすぐに耐えることができなくて追い出してしまった。
だが、娘オ・ヘヨンが引越しした家をこっそりと探したファンドクは心が痛くてどうしていいか分からなかった。

ファンドクはふとんをかぶって涙流したし夫オ・ギョンス(イ・ハンウィの役)に“行って私たちのヘヨンを連れてこよう。 私はヘヨンなしで住めないようだ”と話した。


201605092358491710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)はオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)の危機状況を見た。

パク・ドギョンはオ・ヘヨンに“なぜこんなに遅く帰るのか? 待っていて死ぬかと思ったよ”と話す姿を予知力であらかじめしったが、わざわざ家に行かなかった。
だが、パク・ドギョンはまた、予知力でオ・ヘヨンの後を暴漢が追いかけて行く姿を見た。

これに対しパク・ドギョンは結局オ・ヘヨンを訪ねて行ったし“おい何だよ”とオ・ヘヨンを呼んだ。
オ・ヘヨンが振り返ると同時に暴漢は逃げたし、オ・ヘヨンはパク・ドギョンの予知力の中のように“なぜこんなに遅く帰るのか? 待っていて死ぬかと思ったよ”と話した。


201605100005191710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)はオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)に婚約破棄を告白した。

オ・ヘヨンは“わたしは本来話をそんなに強くするタイプではない。 天気が良くてさらにおかしくなりそうだ。 どうにか頑張って生きようとするのに今は疲れる。 誰かが私に話を少ししてくれたら良いだろう。 それは何でもないと。 結婚前日振られたこと、何でもないと”と話した。

だが、パク・ドギョンは“それがどうして何でもないのか。 世の中で死亡宣告受けた気持ち. 私も結婚式当日に振られた。 一度合って倒れた。 そのままちょっと倒れて起きれば良い”と自分の経験を告白した。

パク・ドギョンの婚約破棄告白にオ・ヘヨンは“良い。 申し訳ありません。 ありがとう”として涙流した。
オ・ヘヨンは‘大丈夫だという言葉より私と同じような傷を持つ人がいるというのが百倍千倍なぐさめとなる’で本音した。


201605100021421710_1.jpg

パク・ドギョン(エリックの役)とオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)は仲が良い隣同士になった。

パク・ドギョンとオ・ヘヨンは不便なお隣さんをしている間お互いの痛みを共有して親しくなった。
オ・ヘヨンは結婚式前日婚約破棄された悲しみをパク・ドギョンに打ち明けたし、パク・ドギョンは自分も結婚式当日婚約破棄されたという傷を打ち明けてオ・ヘヨンを慰めた。

オ・ヘヨンはパク・ドギョンのなぐさめに再び立ち上がる力を得た。
オ・ヘヨンはジャージャー麺を注文したし、オ・ヘヨン一人で暮らしているという事実を感づいた配達人が“小銭を置いてきた。 すぐ持ってくる”として出てきて社長に電話をかけて“社長、あのすぐに退勤しますね”と話した。 その姿をパク・ドギョンが皆目撃した。

パク・ドギョンはオ・ヘヨンの危機を無視できなくて防いでおいたドアを開けて入って“ジャージャー麺きたか? 話をしなくちゃ”として平気でジャージャー麺を食べたし、パク・ドギョンを見た配達人はそのまま戻った。
オ・ヘヨンは慌てるとすぐにパク・ドギョンは“一人で暮らすと広告を出すのか。 あいつ小銭はあった”として自分の靴を持ってきてオ・ヘヨンの前に置いた。

ここにパク・ドギョンは“そのままここに住め。 私もここに住むことだ”と話したし、オ・ヘヨンは“向こう見ずにむやみに感動主だね。 どうするの?”という独り言でパク・ドギョンに向かった好感を表わした。

パク・ドギョとオ・ヘヨンがますます近づいている間美しいオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)が帰ってきた。

オ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)は路上でマラソンをするオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)を見たし、パク・ドギョンは予知力でオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)が“あいつが現れた。 美しいオ・ヘヨン”と話す姿を見て葛藤を予告した。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。