ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

また!オ・ヘヨン 12話

12話です。

視聴率いいみたいですね。

面白い・・・・ですか?

歴代の 視聴率よいドラマって やっぱ どれも面白いんだけど、
私は このドラマの面白さがわからない。
日本語字幕てみれば 面白くおもうのかな?

ふむ・・・

とりあえず 12話です。

11話・12話と、話の展開 遅い!!



オ・ヘヨン12話動画(DM)No.1

オ・ヘヨン12話動画(DM)No.2

201606072330041710_1.jpg

オ・ヘヨンはパク・ドギョン(エリックの方)とオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)のために気に障ったあげく酔っ払ってラジオに電話をかけたし匿名にしてくれとしながら婚約破棄理由を打ち明けた。 オ・ヘヨンは同名異人であるせいでくやしい婚約破棄にあったとし鬱憤を吐き出した。

そうしている間“考えようにはその人もオ・ヘヨンもみな殺してしまいたい”と話して自分の名前をいってしまった。
DJキム・シンは慌てて“匿名といわなかったのか”と反問するとすぐに“その子の名前を話したところで、私の名前を話したか?”と大声を張り上げた。

DJキム・シンは今一度“同名異人といわなかったのか”とつねるとすぐにヘヨンはその時始めて驚いて電話を切ったし、そのようなヘヨンの音声が国民的人気を享受して知人たちがヘヨンの理由を知った。 ヘヨンは公開的な実演主人公であり冗談の種で大恥さらしにあった


201606080008471710_1.jpg

チャン会長とホ・ジヤ(パク・ドギョンの母)の結婚式日パク・ドギョンはホ・ジヤを無視するチャン会長娘と喧嘩した。
怒ったチャン会長はハン・テジンとからまった過去の歴史を回想した

過去チャン会長はハン・テジンにお金を投資して“ハン・テジン代表が海外事業拡張する間その同業者がいたずらをちょっと打つようだ”という報告を受けてハン・テジンから投資金を回収する決意した。

そのようなチャン会長におりしもパク・ドギョンが投資金回収をお願いしてくるとすぐにチャン会長は“君の要請なのに当然聞き入れなくちゃ。 心配するな。 抜くから。 私こうするとみられても義理掘る”と答えた。

だが、再び現在のチャン会長は“私はそれしきのことが何か。 もちろん私の一言で数百億を動かせる。 ハン・テジンが何をするのか調べてみろ。 この取り替えているはずなのに腹いせするようにしなくちゃ”と話した


201606080020241710_1.jpg

オ・ヘヨンはパク・ドギョンが自身をオ・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)と誤解して婚約破棄させた張本人という事実を知って匿名ラジオ相談をしてミスでオ・ヘヨンという名前を言って公開的な恥をかいた。
知人たちが皆ヘヨンの婚約破棄理由を知って冗談の種にした。

ヘヨンはさらに苦しがって自身が生きたパク・ドギョンの隣室に訪ねて行ったしちょうどパク・ドギョンは宅配を受け取っておいていた。 オ・ヘヨンはパク・ドギョンに“大丈夫かと尋ねないのか。 目を開いているが嫌いだが眠れない。 腹が立って眠れないが見たくて眠れない”として愛を表わした。

これに対しパク・ドギョンはヘヨンを抱きしめて“もう私をののしって生きて。 困らせてもかまわない。 したい通りにして”と話したし、ヘヨンは“私の心すっかりなくなる時まで一緒に行ってはいけないのか。 ここで終わらせるのが合うのにいたたまれないようだ。 誰にも分からないように少しだけつきあって別れよう”と涙で哀願した。

だが、パク・ドギョンは“すまない。 私一人が悪い奴でいる時に終わらせるのが合う”として断った。 引き続きパク・ドギョンはヘヨンを家まで連れていこうとしたが拒否した。 次の日ソ・ヘヨンはパク・ドギョン隣室から荷物を全部抜いた。

パク・ドギョンはヘヨンに保証金を戻すという文字を送ったしヘヨンは電話をかけて“本当に気軽だ。 私は君が不幸だったら良いだろう。 私だけ考えれば悲嘆に暮れたら良いだろう。 私はこのままお前を考えて死んでしまったら良いだろう。 それで君が一生罪悪感に苦しめられたら良いだろう”として涙流した。

そんなにパク・ドギョンとヘヨンの関係が終わるように見えたが次の日パウ・ドギョンが音を取りに行って今一度自分の死を見て状況が急変した。 パク・ドギョンは自身がヘヨンにすまないと思って死ぬという事実を知って主治医に電話をかけて“兄さん、,は私死も関係なくて。 ところで絶対に後悔して死にはしない。 私の心最後まで行ってみる”と話した。

エンディングはパク・ドギョンが今一度ヘヨンに向かった愛を決心して荒々しく車を運転する姿. その間チャン会長(カン・ナムギルの役)は私の娘と喧嘩したパク・ドギョンを懲らしめるためにハン・テジン(イ・ジェユンの役)を利用する決意して危機感を加えた。


201606080607461710_1.jpg

パク・スギョンは早朝から三回目結婚の便りを知らせに来た母親ホ・ジヤの訪問に機嫌を損ねたし,続いてイ・ジンサンと共に乗った出勤途中バスでは一番後ろの席からバス運転手の前まで転がることに疾走して大恥さらしにあった。
イ・ジンサンはそのようなパク・スギョンを配慮しようとするということにバスからおりたがパク・スギョンはすぐ失神した。


イ・ジンサンはパク・スギョンを病院に移したし“頭の写真を取ってみざるをえないのではないか”として心配したが医師は“妊娠だ。 妊娠性初期貧血だ。 おめでとう”として意外な妊娠事実を知らせた。 偶然にも パク・スギョンの妊娠を一番最初に知るようになったイ・ジンサンは“ひとまずおめでとう。 祝わなければならないことだね。 そうだろう?”としながらへらへら笑い始めた。

引き続きイ・ジンサンは“その男だろう? その人移民に行く前に最後に会った時。 最後だと安全対策もなしでとても燃やしたこと違うの? その人ブラジル行ったか?”としてパク・スギョンの過去の男を子供のパパで確信した。

ついにイ・ジンサンは“私は毎晩他の女たちとそれでもこのような事態絶対作らない。 それは100%その男の誤りだ。 男になったら常にからだに付着して通うべきで。 これがすぐに男の責任感ということだ”としてからだあちこちに持って通う避妊器具を自慢までした。 そのようなイ・ジンサンの前でパク・スギョンはとてもイ・ジンサンが記憶してない泥酔一夜に対して話すことができなかった。

先立ってパク・スギョンは昔の恋愛と再会後記憶とは違った彼を全部忘れたしイ・ジンサンと泥酔一夜を送ってイ・ジンサンに反した。 “寝て起きれば良くなる”ということがパク・スギョンの独特の指向. しかしとても弟の友達であり道楽者であるイ・ジンサンに胸の内を表わすことができなかったパク・スギョンが妊娠で新しい選択の岐路に置かれた。

毎晩孤独だということに酔っ払ったパク・スギョンや1人の女性に定着できなくて毎日女を変えたイ・ジンサンが婚前妊娠による変化を予告する状況. そのような二人の婚前妊娠ロマンス開始からバスの前転がることで避妊器具自慢まで、笑わせて派手でけばけばしく描かれて続く展開に期待感を集めた。


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。