ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

また!オ・ヘヨン 13話

記事を見て、なんで最近こんなに少ないのかな?と思ったら・・
ちょっとしか話 進んでないからやなぁ~www(納得)

視聴率いいからって、2話延長せんでも テンポよく話進む方が いいのにね~

ってことで 13話です。

ジソク君の役が チャラすぎます。


また!オ・ヘヨン13話動画(DM)No.1

また!オ・ヘヨン13話動画(DM)No.2
201606132330001710_1.jpg

パク・ドヒョンはオ・ヘヨンを捕まえに走って行ったがオ・ヘヨンは“私の心が空くからともう来るのか。 私たちはタイミングが本当に合わない”と話した。 これに対しパク・ドギョンは“もう君に辛くふるまわない。 二度とこんなことはしない。 二度と君をほって置かないから”と愛を告白した

だが、オ・ヘヨンは“私も二度とこんなことはしない。 向こう側に行くことにした。”として冷たく話したし、パク・ドギョンが手を握ろうとするとすぐに“私がは喜ぶと思うか。 今後道で偶然にあえば知ったかぶりせずにそのまま行こう。 クールなようにうれしいようにするのをやめよう”と押し出した。

すぐオ・ヘヨンはすすり泣き始めたがパク・ドギョンに“これは涙ではなくて鼻水だ。 これは悲しいからではない。 誤解するな。 ありがとう。 私が振ったことで終わるようにして”として背を向けた


201606140617281710_1.jpg

パク・ドギョンは自分の死を見て自身が死ぬ直前までオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)を懐かしがるという事実を知ることになるとすぐにオ・ヘヨンに今一度訪ねて行って愛を告白したが凄惨に振られた。 引き続きパク・ドギョンの人生は自身が事前に見たまま流れて行き、バクドギョンは主治医バクスンテクに「変わらず、見てみても効果のない映像は、なぜ見えるのか」と尋ねた。

これに対しパク・スンテクは“私たちの人生は時間が終わった地点で振り返ってみているだけだ。 私たちの人生は構成された脚本のとおり終わったしただ私の魂の回想ならばかなり虚しいそうだけどその反対だ。 本当に受け入れれば楽になる。 今この状況で私の心が最も望むのが何か? 人生は心に対するシナリオだ。 状況を変えようと努めずにその時その時力抜いて君の心を覗いて見ろ。 君の心がどのようにしたいのか”と助言した。

パク・ドギョンはパク・スンテクの助言に死んだ父親の遺言まで想い出して“一度も気楽に心を解き放して見たことがない。 常に傷つかないために常に適当に。 基準は相手の反応だった。 今は死ぬのは怖くないのにもっと与えることができる愛をしったのにできあくて私のために苦しがる女がいるというのが一番ひっかかる”と打ち明けた。

引き続きパク・ドギョンの変化が始まった。パク・ドギョンはあらかじめ見たようにオ・ヘヨンに路上で偶然にあうとすぐに自身があらかじめみた映像の中“申し訳ない。 知ったかぶりして”という無愛想な言葉の代わり“靴を変えたのか. 足音が不便に聞こえる”と話しかけた。 続けてオ・ヘヨンはパク・ドギョンがあらかじめ見たハン・テジン(イ・ジェユンの役)と会ったが何か少しずつ外れ始めた。

パク・ドギョンが見たままならばオ・ヘヨンはハン・テジンと手を握って行かなければならなかったが現実のオ・ヘヨンはハン・テジンと手を握らないでカバンを固く握ったまま遠ざかった。 続けて病院でパク・ドギョンとオ・ヘヨンが再会して状況はさらに変わっていった。 パク・ドギョンがあらかじめ見たとおりならばパク・ドギョンは“痛くするな”と話してオ・ヘヨンはコップを投げなければならない状況.

だが、パク・ドギョンは“うれしい。 私だけ痛ければくやしくなるところしたが君も痛くてうれしい。 時間を再び回しても私は君の結婚を破るし隣室でまた会うことだ。 本当に申し訳ないが君の結婚破ったこと一つも申し訳なくない。 申し訳ないがこれが真心だ。 君を抱いてごろごろしたいこと我慢するのに病気になった”と真心を放ったしオ・ヘヨンはコップを固く握ってばかりいて走って出て行きパク・ドギョンにキスした。

パク・ドギョンの変化とともにオ・ヘヨンの反応が変わってパク・ドギョンがあらかじめみた未来やはり少しずつ変わり始めたこと。 そんな再会したパク・ドギョンとオ・ヘヨンの恋愛が期待感を加える中でパク・ドギョンの予告された死未来はやはり変われるか気がかりなことを集めた


201606140618071710_1.jpg

パク・スギョンはイ・ジンサンと泥酔一夜を送った後妊娠するとすぐにまた、”安心帰宅コンパニオン”に悩みの相談した。 パク・スギョンは“子供の父が自分だと知らない。 他の人だと思っている。 子供の父は強姦犯連続殺人犯お金になることならみな弁護するゴミ弁護士だ。 客観的には完全ゴミなのに主観的には良い。 寝たから”と話した。

その時ちょうどイ・ジンサンが友達らと酒を飲んでパク・スギョンに電話をかけてきた。イ・ジンサンはパク・スギョンの妊娠を知ってても泥酔一夜の記憶がないので自分の子であるとは想像も出来ずにいる状況. イ・ジンサンは友達にパク・スギョンの話を打ち明けて“姉、私が男6人に尋ねたが女が一夜で妊娠して訪ねてくれば無条件産まないでくれとするのだ。 私?私はその場から他国へ移住する。イングランドに行ってウィリアムと改名して生きることだ”として軽薄にふるまった。

引き続きイ・ジンサンは友達に再び“姉は子産むことだよ。 四十四だ。 最後の子かも知れない。 問題は男に話して産むか、話さずに産むかだ”として意見を救ったし、パク・スギョンに“子供たちに尋ねると2対4で知っているのがより良いそうだ。 私もそうだ。 家隈どこ爆弾があるのに知らずに生きられなくないのか。 一人で静かに育てるということに。 何. 直ちに話せ”と説得した。

これに対しパク・スギョンは“分かった。 話す。 必ず話す”と答えた。 パク・スギョンがイ・ジンサンの子供を産むことに決心したことがあらわれて二人の未来に気がかりなことを加えた

Comment

やっぱり女心をグッと掴む役をやってもらいたいなぁ!!

オファーがないのか断ってるのか(´-`).。oO

どこぞの誰とは言いませんが、女心を掴んだって話しか出てきませんよ〜、ジソクさん!!
  • 2016/06/20 12:55
  • feleza
  • URL
  • Edit
”女心を掴む”って 韓国表現あるある~www

かっこいい役でも可愛い役でもいいから
ジソク君見う もう一回 ”キュン”ってなりたいよぉ~(笑)


  • 2016/06/22 22:26
  • あっち
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。