ジソク君へのメッセージはこちらから To Kim Jisuk♡

また!オ・ヘヨン 16話

視聴率もいい感じのまま 最終回に近づいてきましたね。
私は、一応 毎回 見てるんですが、正直・・・どこが面白いのか さっぱりわかりません(小声)

自分が 恋愛にときめかなくなったお年頃なのかと・・心配になるほどです。オットケー

字幕で見ると また 違うんだろうけど・・・^^;
がんばれ 私の女性ホルモンwww

ってことで 以下 動画と記事です。

ジソク君カップルの行方はいかに・・・?
ヌナが いい人~♡ 好き


また!オ・ヘヨン16話動画(DM)No.1

また!オ・ヘヨン16話動画(DM)No.2
201606212356161710_1.jpg

ホジヤはハン・テジン(イ・ジェユンの役)が自分の借金を買って息子パク・ドギョン(エリックの役)を滅びさせているという事実を知ってチョン・ヘヨン(チョン・ヘビンの役)を訪ねて行って“この狂った奴。 あなたが今笑って通う時なの? 他人の息子の人生を台無しにしてしまって? あなたが結婚しようとしていた男が私の息子を滅びるようにすること分からない?”として頭を殴った。

チョン・ヘヨンはちょうど一緒にいたオ・ヘヨン(ソ・ヒョンジンの役)に“そのまま行け”と話したがヘヨンは“それはこの子ではない。 私だ”と出たし,続いてヘヨンはホ・ジヤにすべての過ぎたことを打ち明けた。

これに対しホ・ジヤは“どうやって行くほど女を見る目が落ちるのか”としてヘヨンを遠慮なく無視したし“結婚しようとしていた男にまた行け。 それで状況はすっきりと整理されることだ。 その男に電話してト・ギョンイから落ちたと話せ”として別れを勧めた


201606220005051710_1.jpg

パク・スギョンは妊娠を知って葛藤するイ・ジンサンに“あなたの考えと関係なく私の考えをいう。 世の中に一度もキスしない男女はいても一度だけキスした男女はない。 もうそろそろ家に行け。 起きろ”と話した。

そして、パク・スギョンはイ・ジンサンを追い出して“あなたがタバコを吸う所を二回見た。 令状出た時、昨日。 この状況はあなたが男だからと無理に耐えなければならない状況でない。 こっそりと育てるつもりであったのになぜか あなたが知るようになったことだ。 負担は必要ない”と強調した。

パク・スギョンが“家族のように暮らしてきた私たちが一夜のミスで男女になるのは不可能なことだった。 この時間後に私はあなたを責任感と義務から解放させる。 だからそのまま行け。 やるだけやった。 このくらいすれば良かった”として背中を強く押すとすぐにイ・ジンサンは“姉ごめんね”として離れた。

少し離れたイ・ジンサンは路上に座り込んで嵐嗚咽したし、イ・ジンサンを送ったパク・スギョンは及ぼしたように踊った


201606220020591710_1.jpg

パク・ドギョンとオ・ヘヨンはハン・テジンの怒りにもかかわらず、あつあつの恋愛を継続した。 オ・ヘヨンはハン・テジンがパク・ドギョンを暴行した事実を知って心痛がったがふりをしないでパク・ドギョンとの幸福をあきらめなかった。 その頃ハン・テジンはチャン会長(カン・ナムギルの役)からパク・ドギョンをさらに滅びるようにしろとの注文を受けて苦しんだ。 チャン会長は迷うハン・テジンをそそのかしてさらに復讐しろとそそのかした

その間パク・ドギョンの母親ホ・ジヤがハン・テジンの存在を知った。 ホジヤはハン・テジンが自分の借金を買ってパク・ドギョンを滅びさせていることを知ったし、その理由がオ・ヘヨンのためという事実も知った。 ホジヤは美しいオ・ヘヨンを訪ねて行ってそのままオ・ヘヨンに会ったしオ・ヘヨンにパク・ドギョンを離れてハン・テジンに戻れと勧めた。

これに対し茫然自失したオ・ヘヨンはパク・ドギョンに夜勤の言い訳してハン・テジンを訪ねて行った。 オ・ヘヨンは“結婚前日そんなに離れたのが日大切にしたものと? 何の愛が負担与えたくないという理由で損傷を与えるのか。 そんなに振られて死にたかった。 その人のために持ちこたえた。 私が先に好きだったし、テジンさん滅びるようにしたことその人ということを分かっても大丈夫だといったのは私だ”と話した。

ハン・テジンは“作った罪があってお前を取りまとめたことだ”として“及ぼしたんだな”とオ・ヘヨンの話にさらに衝撃受けた。 そのようなハン・テジンにオ・ヘヨンは“滅びるようにしてもかまわない。 乞食作ってもかまわない。 殴らないで。 心が痛くて住めない”と要請を加えた。 そんなオ・ヘヨンが離れるとすぐにハン・テジンは“君は今日ここにくるべきでなかった”と意味深長な独り言した。

引き続き帰宅しようとするオ・ヘヨンにパク・ドギョンが会社の前で待っているとし文字を送った。 オ・ヘヨンは会社裏口に入って正門に出てきてパク・ドギョンと会ったし、パク・ドギョンが傘を二つ持ってきたのに機嫌を損なった。 パク・ドギョンは傘一つを老人に譲歩したし、オ・ヘヨンと一つの傘を一緒に使った後“愛している”と告白した。


Comment

何か面白いってあっちさんのコメントさ。 私も最近思ってることだけに・・・・。
  • 2016/07/18 17:52
  • くり
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。